2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

カテゴリー「KO君のこと(4歳から幼稚園まで)」の42件の記事

2013年1月17日 (木)

4歳の頃なりたかったもの

今日は、KO君は風邪をひいて学校をお休みです。
咳がひどくて、おまけに鼻水まで。。。
熱は、微熱なので、とりあえず のんびり~なKO君です。

TO君は、ちゃんと学校に行って、帰って
帰宅後すぐある楽しみにしているアニメのために
いつもは、ぐだぐたモードなのに
ものの5分で、宿題や宅習に使う勉強道具をランドセルから出して
明日の時間割まで終わらせて、TVの前にすっとんで行きました(笑)
いつも こうならいいのになぁ。

□□□□□

この前、家族で、
幼稚園に行く前に行っていた保育所(一時保育)の卒園式の話になって

その卒園式では、卒園証書を受け取った後に、
大きくなったら なりたいものを言うことになっていて、
TO君のなりたかったものは、私も たけ父さんもすぐに思い出せたのに、
KO君のなりたかったものは、思い出せませんでした。
「あれれ。。。」って、ちょっとばかり焦りながら、
ずっとつけていた育児日記を探してみると…


あった、あった。
2006年3月 保育所 卒園式。
大きくなったら…

KO君 アンパンマンになります!

TO君 TO君のバズになって
    ロケットをとばして やっつけて
    TO君になります。

※ バズ…トイ・ストーリーのバズ・ライトイヤーのこと。


保育所の卒園式の時、
TO君は、みんなの前で「大きくなったら…」は言えませんでした。
小さな声で、やっと「バス…。」とつぶやいただけでした。
卒園式で言えなかったことを、帰宅後、聞いたと書いてありました。

今は、大丈夫だけど、この当時は、TO君は いつもと違うことが大の苦手。
いつもと違って たくさんの人がいる会場で、怖がって固まってフリーズしました。
TO君にとっても、私達にとっても初めてのことでした。

KO君のことで覚えていたのは…
フリーズして、今にも崩れ落ちそうなTO君を、私とKO君で支えていたことと
誰よりも大きな声でハッキリと名前を言って「大きくなったら…」を発表したこと
「こんなにしっかりしてたんだ。」って思ったことでした。

…で、せっかく育児日記に書いてあったので、KO君に

「保育所の卒園式の大きくなったらなりたいものが わかったよー。KO君、アンパンマンだったよ。」

って言ったら、

「そんなの見つけなくてよかったのにぃ~。」と怒られました(笑)

「うわ~~、アンパンマンかよ~~。」って恥ずかしがっていました。

でも、たぶん、このくらいの頃って、みんなアンパンマン大好きなんですよね。
私からしてみたら、5年生のちょっと生意気になったKO君もいいけど
この頃のかわいいKO君も、可愛くていいんだけどな。


TO君は、KO君のなりたいものが、アンパンマンだったと知って
「弱みを握った!」みたいなことを言うので、
「だめだよ。この頃はみんなアンパンマン大好きなんだから。」って言ったら
「そうかー。」って、なんだ~って感じでした。まったく、もう。



KO君とTO君が生まれる前からつけていた育児日記をつけなくなって
もう2年か3年が経ちます。
日記をつけなくなってからは、このブログが育児日記のかわりでした。
このところ、ちゃんと更新出来てなくて、
もしかしたら、こんな風に、日記に書いておいたら思い出せたのにってことが
あるかもしれない。
今年は、もっとちゃんと更新して、KO君とTO君のことを日記に書こうって
改めて思いました。


…ということで、昨年のクリスマスのこととか今年のお正月のこととか
ここに書いておこうと思います。
次は、クリスマスとお正月のことを書きます♪

2008年4月29日 (火)

ふたつの別れ

3月は別れの季節…

もう4月ですが、二人とも小学校に入学していますが…
3月のお話です。

3月の初めに、引っ越す前に通っていたT幼稚園に遊びに行きました。
転園してからも、夏休みに遊びに行ったり、一緒に植えたお芋を収穫した時には、お芋が送られてきたり、年賀状を送ったりと交流を続けてきました。

でも、それは、一緒に遊んだ年長組のお友達がいる間のこと。
年長組のお友達が卒園する前に、みんなに会いに行きました。

担任だった先生に連絡を取って行ってみると…
お友達が、こちらまで走って来てお出迎えです。
嬉しいけど、照れくさくてモジモジする こぼちゃんと とっちゃん。
みんなに「こっちで遊ぼ~!」と誘われて嬉しそうでした。
おやつも一緒に食べさせてもらって、仲良く遊んでいました。特に、転園まで、ずっと一緒に遊んでいたお友達は、今日もずっと一緒に楽しそうに遊んでいました。

そして、お別れの時間が来て
こぼちゃんと とっちゃんが帰る時、ずっと一緒に遊んでいたお友達が
「また遊びに来る?」「遊びに来てね。」と名残惜しそうに見送ってくれました。
その時は「また遊びに来られたらね~。」って返事して帰ったけど、本当は、今日でお別れでした。
家に帰ってから、こぼちゃんもとっちゃんも、「ねぇ、今度はいつ行ける?」って聞いてきたけど、「もう、みんなも卒園しちゃうから、今日で最後だよ。」って言うと

二人とも涙目…。
「また、どこかで会えるよ。」の言葉でなんとか納得…(?)

T幼稚園の先生、転園してからも快く遊びに行かせて頂き、ありがこうございました。
お陰様で、良い想い出ができました。
T幼稚園のお友達、仲良く遊んでくれて、ありがとう。たくさんの想い出をありがとう。

いつか、またどこかで、会えるといいね。


そして、もうひとつの別れ。
それは、3歳10ヶ月のころから通っていた「ことばの教室」の卒業。
とっちゃんは、「ことばの教室」が大好きで、「お休みしたい。」と言うこともなく、通ってくれました。
近くに療育するところが「ことばの教室」しかなかったので、月に2回予定を入れてもらったり、引っ越しをしてからは、こぼちゃんも一緒で、こぼちゃんとの遊びも入れてもらったり、随分お世話になりました。
言語からの観点で、とっちゃんの状態を教えて頂けて、すごく助かりました。
「3つの指示が通るようになりましたよ。」とか「今、4つの指示に挑戦してます。」って教えてもらえたので、「家ではどうしようかな?どうしたら指示が通るのかな?」って考えることが出来ました。
先生に「うちは長い方だったでしょう?」と聞くと
なんと「そうね。とっちゃんが一番長かったかな~?」って…

先生、本当に長い間お世話になりました。
ありがとうございました。これからも、とっちゃんと頑張っていきます。
また、いつかお会いして、大きくなったとっちゃんを見てもらいたいです。

お別れの季節が過ぎて、今度は4月。
出会いの季節です。

次は、小学校入学のお話です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年4月15日 (火)

卒園式

3月22日 土曜日 お天気は、晴れ

とっちゃんと こぼちゃんの卒園式の日


幼稚園に親子一緒に登園して
子供達は教室へ、私たちは卒園式の会場へ

けれど、卒園式のスケジュールを
とっちゃんが置き忘れ、私が持ってきていたのを思い出して
とっちゃんの教室へ…

私の差し出したスケジュールを受け取ると、みんなの輪のなかに入って

話をしながらスケジュールを見ているとっちゃん

周りのお友達も み~んな不思議がることもなく

そのまま一緒にいる

その姿に、こんなふうに普通に出来るっていいなぁ…って思う

メガネがないと よく見えない人にはメガネがあるように

不安が強いとっちゃんには安心するためのスケジュール

それが当たり前になるといい


そして卒園式

卒園児入場…

緊張しながらも とっちゃん、こぼちゃん入場 じ~ん…

担任の先生が、涙声で名前を呼び始める じ~ん…

普段 泣けない私も 今日ばかりは 涙が…

いよいよ卒園証書授与

こぼちゃん

緊張しながら、しっかりと受け取って 礼

すぐ次が とっちゃん

ハラハラしながら見てたけど 立派に受け取って 礼

ホッ…としたり 涙が滲んだり忙しい

そして最後、「卒園児 お別れのことば お別れのうた」
ピアノの伴奏にあわせて みんなで お別れのうたをうたって

「今日は 私たちの卒園式の日です」

「楽しかった幼稚園で たくさんの想い出が出来ました」


…と卒園児全員でのお別れのことばが始まりました

一列ごとに大きな声で順番に たくさんの想い出のお別れのことばを言って
座っていく子供達


そして…

「いろいろな想い出を胸に 僕たち 私たちは卒園します」

…で、いったん座った子供達全員が 一斉に立って保護者席に振り返り…


「お父さん、お母さん、こんなに大きくなりました

ありがとう !

もうすぐ1年生です 幼稚園 先生 みなさん さようなら」

もう…涙が止まらない ハンカチで 涙をおさえ

とっちゃんとこぼちゃんの姿を見ては 涙…涙…


本当に こんなに 元気に 大きくなってくれて ありがとう

とっちゃん、こぼちゃん

君たちは お父さん、お母さんの大切な大切な子供達です

なにがあっても、あなたたちの味方だからね

幼稚園 卒園おめでとう


この日

とっちゃんと こぼちゃんは無事 幼稚園を卒園しました


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年2月15日 (金)

悔しくて…

幼稚園から 出てきた こぼちゃんは

くちを真一文字にむすんで うつむいていた。

私が差し出した手を いつもなら必要ないって

にこにこ ひとりで歩いて帰るのに

ぎゅっと 家に帰るまで 握っていた。


家に帰ってきたら きゅっとむすんだくちが

泣きべそのくちになって 目は涙目

抱きつく こぼちゃん。

……
あのね 英語遊びの時 ゲームがあって
ぼく 負けちゃった…

ぼくが負けちゃった時 友達が笑ったんだ…


その後の友達が言った からかうようなコトバに

悔しい気持ちが あふれて 涙になった。

悔しいよ… 悔しいよ…

コトバにならない こぼちゃんの気持ち。

誰もが通る道。

たぶん よくあること。

でも 今の彼にとって このことは一大事。

負けるな!こぼちゃん。

☆追記:嫌なことがあると、幼稚園お休みモードになるこぼちゃんですが…
    翌朝、ちゃんと幼稚園に行けました^^


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年1月16日 (水)

発表会&発表会総練習

昨年の12月、幼稚園の発表会がありました。
まずは、発表会の総練習のお話。

発表会の総練習の日、とっちゃんのスケジュール製作のためと、こぼちゃんととっちゃんの様子を見に、幼稚園に行きました。
衣装に着替えるのを手伝っていると、冬だというのに袖無しの衣装に、ちょっとビックリ。
寒がりのとっちゃんに袖無しはキツイだろうと
「とっちゃん、袖無しだよ。大丈夫?」と聞くと
「大丈夫っ!!みんなと一緒じゃないと笑われるもん!!」と、とっちゃん。
(おぉ~、周りの目も気にするようになったのね。)
寒さに感覚過敏があるのに、すごいなぁと関心しました。

とっちゃんとこぼちゃんは、同じリズム(踊り)のグループで、嵐の曲「Happiness」で踊ります。
なんだか、ミニ・ジャニーズJrみたいで、超・ラブリー♪ ←超・親バカ
しかも、こぼちゃんの踊りの立ち位置は、センター。
とっちゃんは、その横という『いい位置』
とっちゃんもこぼちゃんも、みんなと振りをあわせて、まとまってていい感じでした。

前回、運動会の総練習の時は、デジカメを持って行かなくて、スケッチしてスケジュールを絵で作りました。
でも、それは、とんでもなく大変だったので、今回は、デジカメを持参。
それぞれのプログラムごとに、引いて後ろ姿の写真で、内容が分かるような写真を撮りました。
写真を撮っていると、とっちゃんが私に「写真撮った?」と毎回プログラムが終わるごとに、外にいる私に向かって、中から大声で言うのです。「?????」になりながら、
ともかく「座って、シーするよ。」とジャスチャーで伝え、分かったのか、その時は座るものの、次のプログラムでは、また立って「写真撮った?」
総練習が終わるまで、同じことをやっていました。

帰ってから、とっちゃんに「運動会の時のように、発表会もスケジュール作ってあげるね。」と言うと、
「うん!あのね、」

「ぼくもね。言おうとおもっちょったとよ。」

「スケジュール作ってって!」

「だからね、写真撮ってって言ったとよ。」

納得。そうでしたか…。写真を入れてくれたら、分かるって思ったのでしょうね。
すごいなぁ。わかってるなぁ…とっちゃん。

そして、発表会当日。
いつもと違う行事の日は、不安でいっぱいなのに、スケジュールをポケットに入れて、元気に幼稚園に。年少さんから順番に発表会です。会場も入れ替え制なので、親は一旦帰って、着替えが始まるくらいに、着替えを手伝いに行きました。

すると、着替えの部屋に行くと、もう着替えが始まっていました。こぼちゃんは、すでに制服を脱いでいました。しかし、とっちゃんの姿がありません。
「あれ?とっちゃんは?」と、こぼちゃんに聞くと「さぁ~、僕たち、ハピネスの人はお着替えです。って言われたから、ここに来たけど。」
「まだ、テレビで発表会、見てるんじゃない?」
(発表会の会場が狭いので、子供達は本番の発表会は、教室のテレビで、見ていることになっている。)

もしかして、とっちゃん置いてけぼり?

私は、こぼちゃんの着替えを手伝って、たけ父さんが、テレビを見ている教室に行ってみると、とっちゃん、のっほほ~んと発表会を見ていたらしい。
とっちゃんが来た時には、こぼちゃんの着替えが終わっていたので、とっちゃんの着替えをお手伝い。
それにしても…。とっちゃんが、全体の指示だけでは、指示が通らないことがあるって言ってあるんだけどなぁ…。ふだんは、みんなで行動することが多いから、グループ単位の行動に慣れていないんだろうな。いつもは、みんなの行動を見て、付いて行っていたとっちゃんも、グループ単位の行動は、付いていけなかったみたい…。
なんだか、ちいさな事だけど、指示が通らないことを伝えるだけでも、なかなか分かってもらえないのね。

それでも、本番は、とっちゃんもしっかり、みんなと一緒に踊りました。
こぼちゃんは、めちゃくちゃ、真面目な顔をして、しっかり踊ってました。
最後に、上着を一枚脱いだ背中には「オ・レ・た・ち・ど・ー・よ」の文字が…(笑)
そのまま振り返って、ポーズを決めて、終わり。
グループ全体の踊りも、まとまってて、いい発表でした。
なんたって、こぼちゃん、とっちゃん、二人とも超・ラブリーだったし…^^← またまた超・親バカ

子供達はみんな頑張ってて、良かったけど、発表会自体は、リズム(踊り)の発表が主で、ふだんの保育の発表じゃないの?って、つっこみを入れたくなりました。
ピアニカも買って、保育でやっているはずなのに、せめて、合奏くらいあったらいいのにって思ってしまいました。いったいふだんはどんな保育してるの?って思ってしまう。
こんなこと思うのは、違う幼稚園を経験しているからかなぁ…どうなんだろう…。

なには、ともあれ、行事が苦手だったとっちゃんが、混乱を起こすことなく、みんなと一緒に出来たことは、すごく良かったです。
私もたけ父さんも、ほっとひと安心。嬉しかったです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2008年1月12日 (土)

泣き出したら止まらない

今朝、雨が降っていたので、こぼちゃんに、長靴を履くように言うと、「イヤだ。」
「どうして? 今日は天気予報で、一日中雨だって。」と言っても「イヤ。」
履かせてみると「小さくて足が痛い。」
足が大きくなってたみたい…。それでも、濡れるよりは…と長靴を履かせると
泣きが始まった。とっちゃんは、というと長靴が大好きなので、ルンルンでした。
なんだか、こっちも意地になって「濡れるよりは、長靴がいいよ。」なんて言いながら、幼稚園に連れて行くと…
こぼちゃんが、泣きが止まらなくなって、幼稚園に入れなくなってしまいました。

いつもは、幼稚園に入れなくなることはないので、安心していたら
どうも、よっぽどイヤだったらしいです…。
泣いてすがるような瞳で訴えるこぼちゃん。
「今日は雨だから、お外では遊べないから、お迎えの時に靴を持ってくるよ。」と言っても、泣き、「泣きやむまで側にいて。」と訴える。
逆を狙って「幼稚園お休みして帰る?」と聞くと「イヤ。」
(よしよし、幼稚園は行かないとね。)
先に教室に行ったとっちゃんも心配してやって来て、長靴を持って行ってくれました。
担任の先生も来てくれて、なだめてくれるけど、泣きが治まらないこぼちゃん。
普通なら、先生にお願いしますって、母親が行ってしまった方がいいのかもしれないけど、うちは、とっちゃんがストライキを起こすときには、教室までついて行ってあげたりするものだから、いつ、手を離して良いものやら…。

一応、「教室まで付いて行こうか?」と聞いてみたら、逆効果で泣きがひどくなってしまいました。
「イヤだっ!!」こぼちゃん断固拒否。
こぼちゃんは、負けず嫌いのところがあるので、お友達に泣いてるところを見られるなんて、もってのほからしい。
しばらくして、仲のいい同じクラスのお友達が登園して来ました。
すると、こぼちゃん「幼稚園お休みする!」
泣き顔を見られて恥ずかしくて、帰ると言い出す始末。
「幼稚園お休みして帰る?」…と言ったものの、せっかく幼稚園まで来て、体調も悪くないのに帰るのは、やっぱり良くないので、先生と私でなだめすかして、最後は先生と仲の良いお友達に付き添われて、教室に行きました。

ごめんよ、こぼちゃん。
お母さん、そんなにイヤだったとは、思わなかったよ。

お迎えで幼稚園に行くと、「あの後、教室に入ったら大丈夫でしたよ。」と担任の先生が教えてくれました。良かった~。
教室から出てきた こぼちゃんは、「ほんとに、この長靴小さくて、足が痛いんだ。」
いつものこぼちゃんに戻ってました。
一応、いつもの靴は持っていったものの、外は、雨。
「お母さんも濡れちゃったよ。雨がまだ降ってるから、長靴履こうか?」と言うと
意外とすんなり「わかった。」

幼稚園を出ると、「あのね、今度はポケモンの長靴買って~。」と、こぼちゃん。
「ポケモンの長靴があったらね~。無かったらどうする?」
「無かったら、緑の長靴がいい!」
こぼちゃんが、今履いている長靴は、黄色。
小さい時、大好きだった色。
大きくなって、好きな色も変わったこぼちゃん。
「もしかして、長靴の色が黄色なのもイヤだった?」
「うん!そう!」
そっか~、子供には子供なりのいろんな理由があるんだね。
今度の週末に、こぼちゃんの気に入る長靴を買いに行こう。
もちろん、とっちゃんも、サイズが小さくなってくるから、とっちゃんのも買おう。
二人が気に入るのがあるといいな。
今度の週末は、長靴さがしです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月15日 (木)

サッカーの試合

幼稚園のサッカークラブに入っている双子達。

先日、そのサッカーの試合がありました。
しかし、残念ながら、とっちゃんは風邪による発熱のため、お休みしなければならず、パニック泣き…。かわいそうだけど、37.6℃もあっちゃぁサッカーをさせるわけには、行きません。

会場への行き方が分からないのと、ビデオ撮影のため、たけ父さんも2試合の内1試合限定で、見に行くことにして、とっちゃんはおばあちゃんに頼みました。
(ありがとうぉ!おばあちゃん。私達が出掛けた後、とっちゃんは、泣き疲れて?風邪のため?寝てしまったそう。)

会場に到着して、開会式を経て第1試合が、こぼちゃんたちのチームの試合です。
こぼちゃんのポジションはデフェンダー。こぼちゃんに「キーパーとみんなの間にいて、ボールがきたら蹴って守るんだよ。」と言うと「うん!わかった!」とこぼちゃん。
ちゃんとその通りにやってました。
ボールもそこそこ来て、何回かクリアーしていい感じです。
試合は、両チーム点が取れず引き分けでした。

ここで、とりあえず、たけ父さんはお役ご免のハズが…
慌てていたので何も用意していなくて、お腹がすいたこぼちゃんのためにおにぎり、シートを忘れて来たのでシートやら買い出しに行ってもらい、こぼちゃんおにぎりを食べて満足^^
たけ父さんは、とっちゃんのもとへ帰っていきました。
(その後、たけ父さんは、とっちゃんを病院に連れて行ってくれました。)

そして2試合目、今度のポジションはフォワード。
こぼちゃんに、「ここは、ゴールに向かって行っていいからね。攻めていっていいんだよ。」とポジションに付けてあげました。
(子供たちは自分でポジションに付けないため、親が付けてあげてから試合開始です。ちなみに、選手はレギュラーとか無くて、みんなで交代しながら全員出るという方式です。)

2試合目 試合開始。
するとこぼちゃん、なぜか、後ろに下がりデフェンダーになってました(笑)

ボールに集まって混戦のなかボールにさわっても歓声はわかないけど、敵のボールを跳ね返すと歓声がわきます。それが気に入ったみたいです^^

まぁ、子供達はポジションなんて知ったこっちゃないので、みんなだんご状態です。
こぼちゃん、ポジション取りも悪くなくて、何回か、ボールをクリアしてました。

フォワードは、やっぱり運動神経が良くて、上手い子が自然とボールをもっていきます。自分で行くっていう強引さもあります。シュートもそのまま打って「ゴール!!」ってな感じです。
こぼちゃんは、そんな強引さもないし、私とたけ父さんの子なので、運動神経は???
ちゃんと、自分が活躍?出来る場所を見つけるあたり、自分が分かってるねぇ…
少し感心しました。

試合は、4対4の引き分け。
残念ながら、勝てなかったけど、こぼちゃんもみんなも頑張ってました。
私も中学、高校とスポーツの部活をしてたので、なんか血が騒いじゃいました(笑)
また、なんかスポーツしたいなぁ…って時間ないけど…。

試合が終わって、とっちゃんの事が心配だったので、みんなより先に帰らせてもらいました。…が、道が???で、一瞬、迷子になっちゃいました~(笑)
私、やっぱり方向音痴でした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月 5日 (月)

きょうだい児の想い

今日の記事は、夏休みが終わって9月頃のこぼちゃんのことです。

夏休みが終わって、すぐ、運動会の親子リズムの練習とかけっこの参観日がありました。
いつもと違って、たくさんの人に、とっちゃんは落ち着かない様子。
それでも、去年とは違って、怖がってパニックになったりすることもなく、参観日をこなしていました。
ところが…お集まりの時、こぼちゃんの後ろに立っていたとっちゃん。
なにやら、こぼちゃんにちょっかいを出しているのが、教室の外で見ててもわかります。
後ろから、つっついたり、抱きついたり、髪をひっぱったり…

いくら何でも、あれじゃぁ、こぼちゃんがかわいそう…。

たけ父さんと、そんな話をしているうちに
こぼちゃん、我慢しきれずに、とうとう泣き出してしまいました。
(参観日は土曜日で、たけ父さんも参加)

この姿を見ていて、小学校1年生くらいは、とっちゃんのためには同じクラスがいいかも…と思っていた私達は、考えを改めました。
こぼちゃんのためにはクラスを別々にした方がいいと、たけ父さんと意見が一致しました。

幼稚園からの帰り道、とぼとぼ歩くこぼちゃんに「元気ないね。」と言うと、「あのね。とっちゃんがね、ぼくを泣かせた~。」とこぼちゃんが話しました。
「とっちゃんは、参観日でいつもと違うから落ち着かなかったの。だから、こうちゃんをつっついたりすることで落ち着かせてたの、ごめんね。」と言うと、かすかに頷いていました。

その次の日。3連休のなか日
職場に忘れ物をした、たけ父さんが忘れ物を取りに行くのに、とっちゃんは「お父さんと行く!」と付いていき、こぼちゃんはお父さんが誘ったのに、こちらに来て間もなかったおじいちゃんとおばあちゃんと遊ぶと言って付いて行きませんでした。
おじいちゃんとおばあちゃんと遊んでいた時、それは楽しそうに、はしゃいで遊んでいました。お父さんとのドライブから帰って来たとっちゃんにも「おじいちゃんとおばあちゃんと遊んで楽しかった~。」と話していたこぼちゃん。
とっちゃんは、とっちゃんで、お父さんっ子なので「お父さんとラブラブ・ドライブだった~」と言っていました。

その夜、夕食を食べようとすると…こぼちゃんがお腹を押さえて「お腹が痛い…。」とお腹を痛がりました。歩くのもお腹を押さえて体を曲げて歩いていて、とっても痛そうでした。夕食は、それでも食べたいと言うので、お粥を作ってあげて、食べたら、やっぱりお腹が痛くてお腹を押さえて体を曲げて歩いて寝室へ。
そのまま、寝てしまいました。

いつもと違う、あまりの痛がりように心配になって、県の小児救急医療電話相談に電話をしてみると…
「子供がお腹を痛がるので多いのは、ストレスとか心配のないものと、虫垂炎と腸重積とか、ほっておくと危険なものもあるので、よく様子を見て下さい。」
「今、寝てしまったのなら、ちょっと様子が心配なので、1回起こしてみて、お腹が痛くないか確認してみて下さい。」とアドバイスしてもらい
寝ているこぼちゃんを起こしてお腹が痛くないか確認してみました。
すると、「お腹痛い!」と返事するので、救急病院に行くことにしました。
病院に向かう車の中でも寝ているこぼちゃん。
病院に着いて車から降りる時、目を覚ましました。
診察の受付をして、椅子に座って待っていると、目が次第に覚めてきて
自分が何でここにいるか、分からない様子。
お腹が痛くないか聞いてみると、あっさり、「痛くない。」
それでも、念のため先生に見てもらいました。
お腹を触ってもらって診てもらいましたが、異常はなく、ほっと一息。
会計を待つ間、どうしてここに来たのか理解できないでいるこぼちゃんに

「あのね、こぼちゃんがものすごくお腹が痛いっていうから、心配で夜、病院まで連れてきたんだよ。お父さんもお母さんもこぼちゃんのこと、ものすごく心配だし、ものすごく大事なんだよ。」って前から伝えたかったことを話しました。

こぼちゃんは、「うん。」とだけ言いました。
目は、うるうると涙を溜めていました。

帰り道、「今日、とっちゃんはお父さんとラブラブ・ドライブだったけど、こぼちゃんは、お父さんもお母さんも一緒の夜のドライブだよ、ラブラブだね~。」と言うと、私の手を握って「うん!ラブラブ・ドライブだ~!」と嬉しそうでした。
もしかして、自分で選んで、お家でおじいちゃんとおばあちゃんと遊んで楽しかったけど、親と一緒のラブラブ・ドライブをしてきたとっちゃんが、あまりにも「ラブラブ^^」って言うので寂しかったのかもしれません。


こぼちゃん、私が伝えたかったこと、伝わったかな?
こぼちゃんが我慢していること、わかっているつもりだよ。
お父さん、お母さんが、とっちゃんのことを事あるごとに心配しているのも、寂しい気持ちになっているかもしれない。
でも、でも、こぼちゃんのこと、とっても大事だよ。

こぼちゃんは、小さな胸に、どんな想いを抱えているのだろう…。
私達、親が想像する以上に、きょうだい児って、大変かもしれない。
特に、こぼちゃんは双子の兄弟。
同じクラスに、とっちゃんがいて、パニックになっているとっちゃんも間近に見てるし、トラブルに巻き込まれてもいる。さりげなく、とっちゃんの様子を見ていて私に教えてくれたり、とっちゃんを助けてくれたり、24時間、いつも一緒。
別々なのは、寝ている間だけ…。
こぼちゃんのストレスは、計り知れない。

こぼちゃんのストレスのケアをしっかりしてあげなけないといけない。
とっちゃんを守ってあげるように、こぼちゃんも守ってあげないと。
きょうだい児の想い…見失わないように、ちゃんとこぼちゃんを見ていこうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月 1日 (木)

運動会とスケジュール絵本

運動会の朝、とりあえず起きてすぐ、こぼちゃんの体をさわってみると…

熱は…なし!

ちゃんと熱を測るのは、こぼちゃんが起きてからにして、お弁当作り。
たけ父さんも、協力して、おにぎり作り。
(たけ父さん、いつもありがとう!)

空は…、今にも雨が降りそうな暗~い曇り空。
大丈夫かな?
今回は、延期はなし。なんとかもってくれ~~~と空に頼んで…。

こぼちゃんと とっちゃんを起こして、こぼちゃんの体温を測る。

36.8℃…こぼちゃん、一時復活っ!! 運動会に参加決定。
(なぜ、一時復活なのかは、また後で。)

こぼちゃんには、病院の先生に言われたとおり「かけっこと登り棒とリレーと鉄棒はお休みするんだよ。」とメモまで渡して話す。この時は「うん!わかった~!」なんて調子のいい返事をしていたこぼちゃんです。

さて、とっちゃんには、用意していた「運動会のスケジュール」を渡し、「不安になったら、これを見て頑張ってね。」とズボンのポケットに。

昨年の運動会のスケジュールはコチラ

今年の運動会のスケジュールはコチラ↓

Kc330165
スケジュールも進化してマス。今のとっちゃんは、この絵本型のスケジュールがお気に入り。




Kc330166_2 とっちゃんの出る競技には、ページの枠を蛍光ペンの黄色で塗ってあります。







Kc330167 運動会の総練習の時にスケッチして来た絵が役立ちました。






Kc330168 イメージの絵が描けないものは、文字で書いています。
開会式、閉会式など…








園児は準備があるので、早めに幼稚園に連れていかないといけない…ということなので
8時に幼稚園に送って行きました。
ここで、親は一旦 家に帰り、お弁当作りの続き…
(まだ、出来てないのかよ~~汗)

昨年は、まったく余裕がなくて、お弁当は、おにぎりを作ったのみで後はオードブルにしました。
けれど今年は、ちょっと余裕が出来たのか?作ることにしました。たけ父さんも手伝ってくれたし、私の母もおかずを2品提供してくれたし、生協のお助け商品も入れて、なんとか形になりました^^

それにしても、昨年は、運動会が始まるまで、ずっと手を握っていたとっちゃんが、この日は、独り立ち。
お友達と一緒に幼稚園で準備してます。すごいな~。成長したなぁ…
(昨年の運動会の様子は、コチラコチラコチラ

私達は、運動会が始まるころ…じゃなくて、運動会の始まりの鼓隊が始まったのと同時に、慌てて家を出て幼稚園に向かいました。(幼稚園まで歩いて5分です。)
鼓隊に何とか、たけ父さんが間に合い、幼稚園の玄関の方に回り道していた私は、鼓隊が通り過ぎて、後ろ姿が見れただけ…の時、到着。

でも、とっちゃん、親がいなくても、ちゃ~~んと鼓隊でピアニカを吹いてましたぁ!
良かった、良かった。
それから開会式、体操と進んで「かけっこ」

こぼちゃん、「かけっこ」は見学のはずが…
先生に「ぼく、走りたい!」と直談判して、ちゃっかり走りました。
親に言っても、ダメだとわかっているところが、スゴイです。
先生は、見学させてくださいって言ってある競技の前に、すべて確認に来てくださいました。(先生、ごめんなさい…汗。結局リレー以外全部出場!リレーは熱を測ったら37℃を超えていたので見学。)

「かけっこ」とっちゃんも、ちゃんと走ってました。
昨年は、走るまで私が側に付いていたのに、今年はちゃんとみんなと一緒に入退場していました。順番は……順番にこだわりが無くて良かったです。

次の年長さんの競技は、「登り棒」
少し前に、こぼちゃんが頑張って、登れるようになったと誇らしげに見せてくれた「登り棒」
当日は、3日間ずっと寝ていたのがたたって、こぼちゃんも途中まで登ったところで、お友達の手助けが来てしまい、お友達の助けを借りて登り切りました。ちょっと悔しそう…。
とっちゃんは、登り棒に張り付いたまま登れず、みんなに助けてもらって登りました。

その次は、じょんがら祭りの音楽とともに、踊りと組み体操のリズム。
なぁ~んと重いとっちゃんが上になっている所もありで、ハラハラ、ドキドキ。

などなど…

朝は、曇り空で今にも雨が降りそうだった天気も、途中晴れ間がのぞいたりしていい天気になりました。
午前中の競技が終了して、お昼休みのお弁当!
頑張って作ったお弁当は、なんか、やっぱり良かったです~^^
園庭で、家族4人で仲良く食べました。

そして、午後からは、年長さんの発表。
かんぽっくりで入場して、鉄棒で逆上がりをするというもの。
これも、ドクターストップが、かかっていたのに、こぼちゃん頑張ってやっちゃいました。
二人とも逆上がりは出来ないので、補助板で先生のお手伝いで、なんとかクリア。
お友達の中では、一人でくるんっと出来る子が何人もいて、感心しました。

そして、跳び箱の発表。
こぼちゃん、ちゃんとぴょんと飛び越せました。
出来て当たり前!の顔が誇らし気です。
とっちゃんは、よいしょっとばかりまたいで、ぴょん。笑いを誘ってました。

後は保護者と一緒にする団技をして、綱引き。
最後は、各チームから選手を出してのチーム対抗リレーと進み…
閉会式で無事終了です。

この間、とっちゃんは、全くパニックを起こすことなく、時々 園児席を覗くと、私が作ったスケジュールの絵本を開いて、自分で見通しをたててました。
すご~~い!!
昨年、夢に見た普通に運動会参加が、スケジュールの助けがあるとは言え、出来ました。
嬉しかったです~~。
後は、並ぶ順番をこぼちゃんの後ろにしてもらっていたので、何か不安になるとこぼちゃんにひっついてました。こぼちゃん、小さな保護者をしてくれていました。いつもありがとうね。

今年の運動会は、年長さんは全競技(20競技)のうち、なんと10競技に出場プラス鼓隊演奏というハードさ!
これをすべてこなしたご褒美は、金メダルでした。
ひとりひとり首にかけてもらって、とっても嬉しそうなとっちゃんとこぼちゃん。
帰っておじいちゃんとおばぁちゃんに自慢していました。

運動会には、6月までいた幼稚園の担任の先生も見に来てくださり、成長を喜んでいただきました。T先生と記念撮影をしてニッコリの二人。
嬉しかったね。

運動会が終わり、帰ってお風呂に入って休憩をしていると…なにやら、たけ父さんがゴソゴソ。お弁当の残りを食べてる~~~っ!
お弁当を食べてる たけ父さんを見つけた双子達。

「ずっる~~い!ぼくたちも食べる!!」とたけ父さんと3人で、お弁当を食べ始めました。とっちゃんとこぼちゃんが「お母さんも食べる?」…って、ねぇ。

「今、お弁当なんて食べてるの、きっとあなたたちだけだと思うよ。母さん疲れた…。」
と辞退して3人が食べているのを見てました。
ほんと、あなた達よく食べる……。

無事終了したはずの運動会。
復活したはずのこぼちゃんは、翌日の日曜日から、また頭痛と発熱…。
ねっ!だから、見学しとけば、良かったじゃないって大人は思うけど、頑張った想い出は何にも代え難いものかもしれません。
またもや2日間、寝込みました。
でもまあ今は元気になってるので、よしとしますか…

いろいろありましたが、楽しい運動会でした^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ ↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2007年9月 1日 (土)

再会

双子たちが5月まで通っていたT幼稚園に、お弁当を持って遊びに行ってきました。
こぼちゃんの風邪は、やっぱりちょっと悪化…
朝は37.4℃ありました。
それでも、こぼちゃん「行く!!」と言い張りました。

しかし今日の保育予定は、水遊び…。
さすがに、こぼちゃんに、「水遊びは無理だよ。」と言うと
目から大粒の涙を出して訴える。
さめざめと泣く。

でも、断固 無理!!

とっちゃんも風邪が完璧に治っているわけじゃないので、「水遊びは無理よ。」と言うとこちらは納得。
この双子、なぜが片方が泣いていると、片方は聞き分けが良くなったりするんだなぁ。
特に、とっちゃんの方。不思議だ。

こぼちゃんは、
しばらく気のすむまで泣かせました。

そんなこんなしていたら、お弁当作りが遅くなり、結局幼稚園についたのは、水遊び終了後。なんとか、お弁当タイムに間に合って、幼稚園に到着。

みんな、二人を歓迎してくれて、一緒にお弁当を食べようと集まって来てくれました。
いつもは4人ずつ座っているらしいテーブルを大きいテーブルに替えてもらって、みんなで、お弁当を食べました。
とっちゃんとこぼちゃんも楽しそうに、お弁当を食べていました。
当初、お弁当を食べて、みんながお昼寝の時間になったら帰ることにしていたのですが、遊びに参加してないとっちゃんとこぼちゃんは、「まだ、遊びたい~~」と帰るのを拒否!!

まっ、当たり前です。母が連れて行くのが遅くなったのが悪うございました。

それで、みんなのお昼寝が終わったあと、おやつ持参で、また幼稚園に行くことに。
笑顔で「どうぞ、どうぞ、いいですよ。」と言って下さった先生に感謝です。

とりあえず、みんなのお昼寝の時間まで、一緒に遊ばせてもらうことに…。
私は、ちょっと離れて、とっちゃんとこぼちゃんの様子を観察。

嬉しそうに楽しそうに、よく笑うこぼちゃん。
とっちゃんは、なんと、ちゃんとおもちゃの順番を自分で後ろに並んで待ってるし、こぼちゃんが側にいなくても、こぼちゃんと一緒にいなくても大丈夫。
それぞれ、好きなこと、好きなところで遊んでいました。(もちろん一緒に遊んでる時もあり。)

今のD幼稚園では、順番が守れない。
こぼちゃんの側に行きたがって、割り込みをする。
朝のあいさつやお帰りの挨拶は、「こぼちゃんとしたい!!」とパニックになったり…
そんな話がうそのよう。

そうか…。やっぱり新しい環境に慣れなくて不安から、こぼちゃんにこだわりが出てたのね。順番も待てなくなっていたのね…。
慣れた環境と慣れない環境で、こんなに違うとは、正直、びっくりしました。

そして、みんなはお昼寝の時間になり、私達は一度、幼稚園から退散。

その後は、とっちゃんとこぼちゃんの1つ上の学年の双子ちゃんママのお家へ。
久しぶりにおしゃべりに行くことにしていました。
しばらく遊ばせてもらっていると、とっちゃんが、双子ちゃん先輩ママのうちのおもちゃで、木で作った恐竜のおもちゃが気に入ってしまったよう…。
それで、木の恐竜をめぐって、ちょっとパニックになりかけたところで、双子ちゃん先輩ママが、「木工教室に行って作ってみる?うちもそこで作ったんだよ。」と誘ってくれて、双子ちゃんの下の弟さんと一緒に、急きょ木工教室に行くことになりました。

木工教室で、恐竜のキットを買って、トンカチで組み立てるというもの。
とっちゃんは、ティラノサウルス。
こぼちゃんは、トリケラトプス。
木工教室の先生に、教えてもらいながら…(ほとんど、作ってもらいながら)トンカチでトントン!!
楽しませてもらいました。(双子ちゃん先輩ママ、ありがとうございました^^)
こぼちゃんと、とっちゃんは、もう、すっかり夏休み最後の想い出作りを満喫。

幼稚園のお昼寝が終わって、おやつの時間頃に、双子ちゃん先輩ママとお子さんたちとお別れして、再び幼稚園へ。

おやつを食べ、その後、お友達と一緒に遊ぶ二人。
あんまり楽しくて、帰る約束をしてた時間もオーバー。
当然、こうなるだろうと思ってましたが…。
なんとか、帰る説得に成功して、5時頃、先生方にお礼を言って、お友達とさよならしました。その後、お仕事が終わった(強引に終わらせた?)たけ父さんと合流してお家へ帰りました。

帰り道、もうすでに「また、遊びに行きたい!!」と言う双子たち。
楽しそうな二人の姿を見ていたら、私も楽しくて幸せだったので、「また、連れて行ってあげるよ。」と言うと「やったぁ~!」
今はまだ、とっちゃんとこぼちゃんの帰る場所は、T幼稚園なのかもね…。
生まれてから、ずっといた場所だったから、故郷みたいなものかも。

運動会が終わるまでは、忙しいから、その後、また様子を見て、連れて行ってあげようと思ってます。
夏休みの母の宿題だった「T幼稚園へ連れて行くこと」
約束が果たせて良かったです。

ところで、こぼちゃんの熱は…
帰って汗を流して、落ち着いた頃、測ってみると

37.7℃

T幼稚園のみんな

こぼちゃんが風邪をうつしてたら、ごめんなさいっ!!

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ