2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

カテゴリー「部活(中学)」の9件の記事

2015年6月 5日 (金)

二番手


2年生のエースの次の選手
二番手。
それがKO君の卓球部における立ち位置です。

この前の練習試合で団体戦があり、KO君は試合のメンバーになれず
とても悔しがってました。
今までダブルスが2年生のKO君とK・T君組だったのが
3年生のダブルスに変わり、ダブルスを組んでいたK・T君はシングルスの5番手に。
「いつも一緒に試合に出てたのに僕だけ出られなかった」と言っていました。

K・T君とは練習では、勝ったり負けたり。。。
どちらかというと負け越しているみたいですが、勝てない相手ではない。
でも試合の成績では、圧倒的にK・T君が勝ってます。
試合になると力を出せないKO君が2番手なのは、勝負の世界ではしょうがないこと。

そんなKO君に、昨日 先輩が
「お前達の代は、ダブルエースで行け!」と言ってくれたそうです。
この言葉をかけてくれた先輩も、3年生の2番手で、
ずっとエースになりたくて 頑張ってきた先輩。
先日、先輩が「結局、エースにはなれなかったな…」とつぶやいていたのを
KO君は聞いて、先輩の悔しさと無念さを想って、ため息をついていました。

先輩がくれた言葉に「僕、頑張らんとね」とKO君は言っていました。
先輩が同じ立場のKO君に、「お前は頑張れ」と自分の想いを託してくれているようで
ほろっときました。

こんなふうに言ってくれる先輩がいて
こんな言葉をかけてやろうと思う後輩としてKO君が育ってくれてよかった。

KO君、青春してます。

2015年5月15日 (金)

力を出すって難しい【部活・試合】


部活動で練習して、試合で自分の持っている力を出すこと
それが、こんなに難しかったんだと、KO君とTO君を見ていて思います。
私も、部活動で活躍した訳ではなく、どっちかというと活躍できずに悔しかった方。
自分と比べれば、KO君は活躍してる方だけど、KO君が思い望んでいるようには
活躍出来なくて、見ているこちらも「もっと出来るのに」って思ってしまい…
KO君は、悔しくて悔しくてたまらないだろうと思います。


2年生になって初めての試合は団体戦。
しかも「Aチーム」入り。
KO君とK・T 君の2年生ダブルスは、うちの中学の中でやれば一番強いから
3年生のエースの先輩と №2の先輩とでメンバーを組み
「勝ちたいからこのメンバーにした」と先輩に言われたらしい。
「思い出作りなら全員3年生にしたけど勝ちたいから」と、そう言われたそうです。
………
「Aチーム」のメンバーから外れた先輩からは
「負けた試合、一つにつき(お昼のお弁当の)唐揚げ一個な」と冗談の激励を受け
(笑って そうやって言うことで、悔しい気持ちを隠していたんだと思う)
KO君は「先輩の足を引っ張らないように頑張らないと」と何度も言っていました。


試合当日。
KO君は、ガチガチに緊張しミスを連発。
同じチームの先輩からは、
体育館に張ってある応援の横断幕「己に勝て!」を指さして応援され
もう1人の先輩には「今日は調子悪いな」と言われ
同じ地区の中学で、よく練習試合や合同練習をする同級生の選手には
「○○君、すげー調子悪い。いつもと全然違う。どしたっ!?」と心配され
(その後、ずっと応援してくれてました。ありがたかった。。)
いつものKO君とほど遠いことはよく分かりました。


結局、KO君、絶不調のためダブルスは一つの試合だけ出て
後のグループリーグと決勝トーナメント1回戦は、シングルスのみの出場でした。
(先輩達がダブルスを組んで出場)
何とか かんとかヨロヨロと勝たなければいけない相手には勝ったけれど
KO君の不調は明らかで、練習通りの力を出すことの難しさを実感した試合になりました。
「Aチーム」の成績は、グループリーグを2位通過して、決勝トーナメント2回戦で敗退。悔しさの残る試合になりました。


TO君は、この試合は3チーム目の2年生主体の「Cチーム」で出場。
グループリーグ2試合をして、2試合ともダブルスで出場して、勝てませんでした。
チームもグループリーグ敗退。。。
みんな、なかなか勝てなくて負けを受け入れてしまっている感じになってるのが
ちょっと気になります。頑張れー!みんな。

□□□

連休最終日には、今年度2試合目で個人戦。ダブルスとシングルスの試合。
KO君は、K・T 君と組んで、2回戦で準優勝した組と当たってしまい敗退。
シングルスも1回戦を勝って、2回戦で敗退。
TO君は、ダブルスもシングルスも1回戦敗退。
なかなか思うような結果が出ない2人です。


TO君は、この試合、すごく人が多くて 試合数も多く、なかなか自分の順番が回って来なくて、
試合のアナウンスを必死に聞いていて、すごく疲れたみたいです。
応援に行ってる私たちも聞き取り辛かったから、TO君は聴覚過敏もあるし大変だったと思います。それでも、誰かに頼るわけではなく自分で何とかしていたのは成長した部分です。
すごいな。小さい頃のTO君だったら、絶対この場所には長くいられなかったはず。
よく頑張ってる。


試合から帰って、家で試合のことを話していた時、
つい、スポーツ観戦好きな私は、よく試合で一緒になる地区の有力選手の分析を
たけ父さんと話していたら、KO君が悔し泣き。
また泣かせてしまった。。。。。

ちょっと悪いことをしたなぁと思っていたら、後でKO君から
「○○君と△△君と□□君を(中体連地区大会の)団体戦の時、どんな感じか見てて。個人戦の時 参考にするから」と言われ
ちょっとホッとしました。
分析しながら見るのは大好きなので「ちゃんと見とくよ。」と答えました。
何かいいヒントになるようなことを見つけられるといいけど。頑張って見てみるよ。


これから先は、試合の予定はなく、後は 中体連地区大会 本番までは練習試合のみ。
明日は、早速、3校合同での練習試合があり、その後、新入生歓迎会。
保護者も参加OKなので、これから試合でお世話する新入生がどんな子たちが見てきます。
今年の新入生は、他校もうらやむ20名(男子10名、女子10名)
KO君達が男子のみで8名、先輩達が9名(男子7名、女子2名)なので
いつもより、ものすごく多い新入生です。
今年は、卓球台も足らないらしい。大変!
新入生が少ないのも大変だけど、多いのも大変なんだと、親になってみて思う。
3年生が抜けてからのキャプテンは大変だ。

それでは、よい週末を♪

2015年3月24日 (火)

「楽しんで」は難しい【部活】2月の試合


今年度最後の試合が、2月にありました。
試合の日は、学年末テスト前の日曜日。
本来ならテスト休みの期間中だけれど、今年度最後に予定されている試合だから
みんな試合に出たいだろうという顧問の先生の配慮で出場することになりました。
他の中学は テスト休み期間中の学校が多くて、試合に出ている中学校は少なかったです。

その中で、KO君は中学1年生の部でベスト8。
TO君は、同じく1年生の部で決勝トーナメント1回戦まで行きました。
あちこちで、同じ中学同士の試合になっていて、応援しづらかったです。。。

この日の試合は、KO君は前の週に風邪を引き、練習をしたのは金曜日1日。
前日の土曜日は、テスト休みで練習がなかったので、ほぼぶっつけ本番。
いつもに増して、ハラハラさせられる試合でした。

□□□

部活の時の部員同士での試合形式の練習や 他校との練習試合は、見てないので
どんな結果の報告であれ、「そっかー、残念だったね。また練習頑張れ!」とか
素直に応援の言葉が出てくるし、試合前も「楽しんでね」って言えるけれど
試合を応援に行くと「楽しんで」だけじゃなくなってくるのが難しいです。

特にKO君は、自分の力を出し切れないことが多く、
勝負の前に一歩引いてしまって、試合前から「ダメだ。勝てない」という気持ちに
なってしまっていることが見ていて分かる時があり…、それが自分に似ていて歯がゆくなります。
部活をやっている時の自分の一番 嫌な癖「一歩引いてしまう」その癖を見事に
受け継いでしまったKO君を見ていると、つい試合が終わった後いろいろ言ってしまいます。
そして、親子喧嘩。
私が大人になって、見守ってあげないといけないんだろうけど
見守るって難しいです。

2年生の試合では、もうちょと上手く応援出来るように私も成長しなければ ☆
2年生最初の試合は、ちょうど引率当番。いい応援が出来るといいな♪


2015年2月 6日 (金)

【部活】【試合の記録・2014年10月~2015年1月】

KO君TO君の試合(卓球部)の記録です。
ずっとずっと記録に残しておきたくてブログに書こうと思いながら、どんどん試合結果は増えていく一方。。。やっと書けました!
今年度の試合は、2月に1試合を残すのみとなりました。
あと練習試合は計画中のものもあるようです。
その2月の試合は、見事に学年末テスト前。本当は、部活はお休みなのですが、今年度最後の試合なので参加!ということです。なので、外練(体育館が使えず外でランニング)の日などはお休みになり「テスト勉強をするように!」とのこと。試合も「負けたら即 帰宅してテスト勉強!」だそうです。

□□□

■ 2014年10月…練習試合2試合。

・KO君のダブルスの試合(KO君&同じ1年生のK・T 君組)は、たぶん負けの数より、勝った試合の方が多かったはず。県大会の団体戦でのダブルス出場を目指す。
・KO君のシングルスの試合は、2年生パートで0勝3敗。もう一つの試合は、2勝4敗。
・TO君の試合は、1つは1年生パートで2勝5敗。もう一つの試合は、1勝?敗

☆練習試合の相手チームの顧問の先生にびびる(笑)
KO君なんて、せっかく相手をリードしていた試合で、相手チームの顧問の先生がコーチについた途端、こわくてミス連発して負けてしまいました。
うちのチームの顧問の先生は優しい先生なので、とても こわかったらしいです。
私からみたら普通だったけれど、うちの先生が優しいから慣れてないみたい。

※練習試合では、2年生と1年生に分かれて試合の場合もあり、その場合1年生でも団体戦で試合に出ている1年生は2年生パートに入ります。

■ 2014年11月…3試合

○N市卓球協会長杯

・KO君は、グループリーグ1勝(フルセット勝ち)1敗(ストレート負け)でグループリーグ敗退。KO君のグループリーグは、1勝1敗で3人が並び、セット率でKO君敗退。
・TO君は、2敗でグループリーグ敗退。残念。
※グループリーグ1位のみが決勝トーナメントに進出。
○中体連 県大会 団体戦

・KO君は、同じ1年生のK・T 君とペアを組んでダブルスに出場。グループリーグのダブルス3試合は3戦全勝。

・グループリーグ1試合目
 1試合目 相手 棄権のため1勝カウント(団体戦の人数が少ない場合)○
 2試合目 3-0 ○
 3試合目 3-0 ○(ダブルス・KO君出場)
 ※3-0で勝利
・グループリーグ 2試合目
 1試合目 0-3 ●
 2試合目 3-1 ○
 3試合目 3-2 ○(ダブルス・KO君出場)
 4試合目 2-3 ●
 5試合目 0-3 ●
 ※2-3で敗戦
・グループリーグ 3試合目
 1試合目 0-3 ●
 2試合目 0-3 ●
 3試合目 3-1 ○(ダブルス・KO君出場)
 4試合目 1-3 ●
 ※1-3で敗戦

※団体戦としては、1勝2敗でグループリーグ敗退。1試合はフルで5試合。あと1勝まで迫ったけれどフルセットで競り負けてしまいました。

☆個人戦は予選敗退してしまったKO君は、県大会の団体戦のメンバーに入れるか心配してましたが、K・T 君とのペアでダブルスに出場出来ました。3戦3勝だったダブルスは、指導してもらっているコーチにもほめてもらいました。県大会で勝てたことは、きっと自信になったはず。この試合は、引率当番だったので遠くでの試合だったけれど見に行くことが出来ました。
県大会、他の中学の試合も面白かったです。さすがに県大会はレベルが違います。


○K町文化祭 卓球大会

・KO君は、1勝1敗。1勝は出来るけれど…という試合が続いてます。。。
・TO君は、2敗。1つの試合は、フルセット負け。惜しい!
※1・2年生混合のグループリーグ。1位のみが決勝トーナメントに進出。

■ 1014年12月…試合と練習試合が1つずつ。
○M杯

・KO君は、シングルスは1回戦敗退。ダブルスは、いつものペアで出場。1勝1敗で2回戦敗退。KO君はダブルスでは、もうちょっと上に行きたかったみたいですが、決勝まで残ったペアとあたってしまい残念がっていました。
・TO君は、シングルス1回戦敗退。
○練習試合

・KO君は2年生パート5戦4勝1敗。1年生パートで5戦5勝。
・TO君は1年生パート確か4勝(本人の記憶が曖昧…)2年生パートにも参加したらしいけれど、詳しいことは?

■ 2015年1月…試合は2試合、練習試合は1試合。

○Nスポーツ杯(団体戦)

・KO君とTO君は同じチーム(D中学 Bチーム)で出場。
・グループリーグ1勝1敗で、2位抜けで決勝トーナメントへ進出。
・決勝トーナメント1回戦は、なんと同じD中学 Aチームと対戦。
 1試合目 3-1でBチーム○
 2試合目 0-3でBチーム●(TO君出場)
 3試合目 3-2でBチーム○(ダブルス・KO君出場)
 4試合目 2-3でBチーム●
 5試合目 0-3でBチーム●(KO君出場)
 ※2-3でAチームに惜敗

☆どこで誰が出るか探り合い、最後はKO君が我が中学のエースの先輩に完敗して、Bチームは決勝トーナメント1回戦で敗退。最後に負けたKO君は思わず涙。。。

○T町新春卓球大会(団体戦とシングルス)


・団体戦は1年生チームと2年生チームに分かれて出場。
 1回戦 1試合目 相手 棄権のため1勝カウント(団体戦の人数が少ない場合)
     2試合目 3-1 ○
     3試合目 3-1 ○(KO君出場)
 ※3-0で勝利。

 2回戦 1試合目 0-3 ●
     2試合目 3-0 ○
     3試合目 0-3 ●(KO君出場。相手はエースだったらしい。。。)
     4試合目 0-3 ●(TO君出場)
 ※1-3で2回戦敗退。

・シングルス
・KO君は、1回戦 3-2 ○(2セット先取され逆転勝ち)
      2回戦 0-3 ●(相手は たぶん2年生。。。)2回戦敗退。
・TO君は、1回戦 0-3 ●1回戦敗退。

○練習試合(1年生、2年生で分かれず1、2先生合同で試合)

・KO君は、「10戦くらいして7勝3敗だったと思う」「調子は?」と聞くと「普通」とのこと。
・TO君は、「12戦くらいして3~4勝だったと思う」TO君は「悔しい」と言ってました。

2014年10月28日 (火)

【部活】県大会出場を逃す(個人戦)【中1・中体連 地区大会】


【KO君 編】

団体戦の翌日、県大会出場をかけて個人戦がありました。
KO君は、緊張で前夜 眠ることが出来ず「4時間しか寝られんかった…」と言って
起きてきました。
風邪は、前日より良くなっているようだったけれど、半端じゃないくらい緊張している様子でした。

1回戦は、危なげなく3-0のストレートで勝ち、2回戦進出です。
その2回戦の相手は、先輩達から「○○君は強い。頑張って勝って県大会行けよ」と
アドバイスをもらっていた相手。
1ゲーム、2ゲームとKO君のサーブが調子よく、相手は少し焦ったのかミスを連発してくれて、あっさり2ゲームを取りました。
しかし3ゲーム目から、相手が作戦を変更しスマッシュなど強打をやめて
コーナーをつく丁寧なコース狙いに変更してきました。
すると、KO君もミスが出てきて、焦りから崩れ2ゲーム取り返されました。
最後の5ゲーム目は、KO君 もうぼろぼろで、ゲームの流れが相手に行ってしまって
為す術なく負けてしまいました。

KO君は、たぶんサーブ力は あるんだと思います。
今までの試合でも、サーブで崩して点を取る形が、KO君の得点パターンでした。
けれど、サーブで押している間に、ちょっと心に隙が出来るというか
上手くいかなくなると焦って崩れてしまい、それが試合中に立て直せないことが
多かったです。
この日の調子は体調も悪く、KO君曰く「練習の時の力の半分も出せてない…」と言っていました。
確かに今までの少ない試合経験の中で、調子のいい時に比べたら
力は出せてなかったと思います。
県大会がかかった試合で力を発揮出来なかったのは、すごく残念です。

試合に負けた後は、審判兼得点係をする決まりになっていて、すぐには話せなかったけど、KO君が審判を終えた後、少し話しました。
その時は泣くことなく「負けちゃった」と言っていましたが、部活のみんなの所に
戻って「2ゲーム取ってたのに…」って悔し泣きをしていたそうです。

いや、親の私でも悔しいから、そうだろうと思います。
KO君は、団体戦でも個人戦でも県大会出場を目標にしていました。
出場選手もそう多くなくて、2回戦まで勝って(1年生の)ベスト8に入ったら県大会でした。
それが後1歩で消えました。
KO君が負けた相手は、KO君の友達のK・T君と決勝を戦い、勝って1年生の部で優勝しました。
優勝した選手にあたったのは運が悪かったかもしれないけれど
負けは負け、なのが悔しいところです。


「なんで僕、県大会に行けなかったんだろう。」って ぼそっと独り言をよく言います。
悔しいんだろうな。たまんないな。
自分の悔しい思い出とリンクして、ちょっと切なくなります。


試合を見てくれてた部活動を引退した3年の先輩から
「次は○○君に勝って県大会行けよって励まされた 」
そんな風に励ましてくれる先輩もいます。


1年生からは、K・T君と もう1人 S・K君が県大会に出場します。
「 K・T君には、なかなか勝てないし、S・K君は最近強いんだよね。僕、負けてるかも。頑張らなくちゃ!!」というKO君の言葉を聞いて
親として、県大会に行くチームメートにおめでとうって思う気持ちと
正直、「いいなぁ。K・T君とS・K君」と思う気持ちもあって、少し気持ちが晴れなかったのですが、チームメートの強い所を認めて 僕も頑張ろうって思っているKO君の気持ちにふれ「自分、器が小っちゃいなぁ」って反省しました。
みんな頑張ってるもんね。



でも、私が悔しいんだから、KO君は もっと悔しいよね。
なんか落ち着かなくて、これからある試合を一覧表を作って
KO君の机の前のホワイトボードに貼っておきました。
帰宅したKO君が気がついて、その一覧表を見て
「おお~母さんありがとう。おっ、次の試合は1年だけ?」
(試合によって学年別だったり、1、2年一緒だったりするので、過去データをネットでしらべて書き添えておいた。)
「そうみたいだよ。学年別みたい。ちゃんと調べたんだよ」って言ったら
「母さん、どんだけ親ばかなん? でも、ありがとう」とKO君。
うん。うん。KO君 頑張って!


昨日、もらってきた試合予定のプリントには、練習試合が追加されていて
中体連の県大会まで試合や練習試合に他校との合同練習もあり、中間テストもありで、中学生も大変です。
でも その中で頑張って自分の目標に近づいてほしいです。
願わくば、県大会の団体戦メンバーに再び入ってほしい。
頑張れ!KO君!



□□□


KO君とTO君の部活の話 中体連の地区大会まで、 やっと完結です。
読んでくださった方、ありがとうございます^^
少し前に書き上げた文章なので、実際には、中間テストも終わっていて
部活では、合同練習も終わって、新しく入った練習試合も先週末にありました。
中学校は、勉強やクラスのことだけじゃなく
部活動も大きな位置をしめているんだなぁと実感しています。
そんなKO君とTO君の毎日を書き留めていけたらと思っています。




2014年10月24日 (金)

【部活】試合に出ること(個人戦)【中1・中体連 地区大会】


【TO君 編】

TO君の中体連は、団体戦は みんなで応援。
個人戦からの出場でした。

TO君の相手は、他校との合同練習で よく一緒に練習している相手でした。
(TO君の相手は、1年生のベスト4まで行きました。TO君 組み合わせ運が悪かったみたいです。)
TO君も緊張しているのは、よく分かったし自分が思っているように上手くいかないみたいで、試合の流れは相手に行ったまま、試合が終わりました。
結果はストレート負け。
試合の後の審判の後、声をかけた時には 泣いてなくて、でも元気はなかったです。
そして、やっぱり 部活のみんなの所に戻って、悔し泣きしてたそうです。

TO君は、たぶん まだ 安定して試合に勝てるくらいになってないんだろうなと思います。
身体は1年生の中で一番大きいし、打点の高さは武器になると思う。
威力の強い球を打つポイントを覚えて はまったら 今より強くなれると思うんだけどな。。
TO君は、時間をかけて着実に卓球の技術を身につけてほしいな。

ただ、デビュー戦からTO君の試合を見ていて
本当に、ただ試合に出て、みんなと同じように出来ていることだけで
成長したなぁと思います。

TO君は、小さな頃は、いつもと違う場所がダメで いつもと違うことが苦手。
音の感覚過敏もあって、ざわざわとした場所も苦手で
卓球の試合会場のような大きな場所で、聞き取りにくい試合の順番のアナウンスを聞き取って、自分の試合の場所に行き、ちゃんと試合をした後には、負けたら審判までして
みんなの所に戻る。
その間、誰かが助けてくれる 訳でもなく、ちゃんと自分一人で出来てるって
TO君の小さい頃から考えると、本当にそれだけで素晴らしいです。
経験って力になるんだなぁ。
少しくらいゆっくりでも大丈夫なんだって、みんなに追いついたら一緒でしょって
そういうTO君の姿を見ることが出来るなんて本当に嬉しいです。


本当は、運動部なんて!って入部を反対しようとしてたけれど
卓球部に入ってよかったです。
学校だけでは経験出来なかったことも経験出来てる気がします。
このまま部活を続けてくれて、出来れば 何回か試合に勝って自信をつけてほしい。
そうしたら、もっとTO君が強くなってくれそうな気がします。
TO君 頑張れ!応援してるよ。

2014年10月17日 (金)

【部活】団体戦 県大会出場!【中1・中体連 地区大会】

10月の初めの週末 中体連の地区大会がありました。
1日目は、団体戦。
KO君は団体戦のメンバーに入ったものの、補欠としてのメンバー入りで
1週間前までは、団体戦に出場しない予定でした。

ところが、試合の約2週間前にあった体育大会で、ダブルスのメンバーだった先輩が
怪我をして、突然、約1週間前にKO君がダブルスのメンバーとして出場することが
決まりました。
ダブルスの相手は、仲の良いK・T君。
練習もよく一緒にしている2人なので、息は合っているらしいけれど
急造ペアなので、KO君は不安がいっぱいでした。
どちらかというと、KO君はネガティブな方で「僕がミスするから…」とよく落ち込んでいました。
「ミスすると落ち込みたくなるのは分かるけれど、ミスしても声を出して元気に頑張った方がペアの相手もやりやすいと思うよ。」と励ましました。
女子の2年生ペアの先輩や引退した3年生の先輩にも練習を見てもらい
「1セット取れた!」「今日は初めて勝った!」というポジティブな報告も聞かれるようになった頃、中体連の地区大会がありました。


KO君は、前日から なんと風邪を引いてしまい、声はハスキーだし鼻水は出るしの体調。
試合をするには最悪。。。
KO君とK・T君のペアは、3試合出場予定。
(地区大会出場7チームのうち3チームが、メンバーが4人のチームのため試合数が少なくKO君達の先輩ペアが出場するため)


KO君達ペア1試合目の相手は、たぶん2年生ペア。
2人でよく声を出して元気にプレーして、なんと2ゲーム先取。
その後2ゲームを取られてしまったけれど、最後のゲームを取って1勝。


2試合目の相手は、1年生ペア。
1試合目の勢いそのままに3ゲーム先取で2勝目。


3試合目の相手は、2年生ペア。
KO君達の試合は、すでに戦ったシングルの先輩達が2勝していたので、「僕達が勝ったら団体戦 優勝」という試合でした。
勝ったら優勝…ということもあって前の2試合より ものすごく緊張したらいいです。
確かにKO君の動きは堅かったです。
「緊張で足が震えてた…」って言っていました。
結果は、1-3で負けてしまいました。
その後すぐ先輩が勝ってくれて優勝決定。
全勝優勝でした。素晴らしい!



2人の結果は2勝1敗。
それでも、急造の1年生ペアで よく頑張ったと思います。←親ばか。
全ての試合を通して、声が良く出ていて元気いっぱいの気持ちいいプレーをしていました。
もう、見ているだけでは落ち着かなくて、組み合わせ表に各試合のゲームスコアを書いて気を落ち着かせてました。
途中からは、それも出来なくなり…。
息子の試合って、本当に心臓に悪いです。。。
自分はスポーツ観戦は好きだけれど、息子の試合は また違うなぁと今回感じました。
中学校の部活動の地方の予選なのに、本当に手に汗握ります。
また、スポーツ観戦の新しい魅力を教えてもらいました。
卓球も面白いです!


この日の結果は、KO君も大満足♪
次は、中体連 個人戦です。


□□□



中体連 団体戦のこの日。
私は、初めての引率当番でした。
人見知りの私は心配だったけれど、みなさん良い方ばかりで楽しく当番が出来ました。
良かった~。私もホッと一息でした♪

2014年10月14日 (火)

【部活】中1・2試合目【9月の2試合(2)】


体育大会が終わった2日後、2試合目がありました。
この試合は、1年生と2年生も一緒のトーナメント方式で、負けたら終わり。
TO君は、1回戦で2年生とあたって 負けてしまいました。
KO君は、幸運な組み合わせで2回戦から。
2回戦では、クラブチームに所属している子に勝って
3回戦で、2年生とあたって負けてしまいました。

この試合は、TO君の試合は早い時間にあって、私達が行くまでにTO君の試合が
終わってしまっていて、申し訳なかったです。
(休日でホッとして、いつにも増して行動が遅い母が悪いです。ごめんね。TO君。)
私たちが試合会場に着いて頃に、ちょうどKO君の試合がやっていて
KO君の勝った試合は見ることが出来ました。
気持ちいい勝ちっぷりで、程よい緊張の中 卓球が出来てる感じがして
調子がいい日でした。
次の2年生相手の試合も、KO君曰く「やっていて面白かった」という試合で
2年生相手に 少し善戦をしていて頑張っていました。



卓球を始めて約半年。
やっぱり試合で2年生にあたると つらいです。
クラブチームに所属している子も上手いし試合慣れしてるからキツイです。
毎試合、たけ父さんにビデオカメラで、KO君とTO君の試合を撮ってもらっています。最初は、KO君が「おじいちゃんに見せたいから」ってビデオを撮り始めたけれど
ビデオを見ながら、実際の自分を見ることができるのはいいことみたいで
「こんなに棒立ちだったんだー。」とか「ぜんぜん動けてないやん」って
自分の試合を見ています。


この試合までは、まだなんとなく 自分もほんわかした気持ちで見ていました。
卓球って面白いなぁ。自分の息子の試合って面白いなぁっていう ちょっとゆるい感じ。
中学生の本番と言えば、中体連。
県大会が かかった中体連の地区大会は、この試合の翌週。
まだ、のんびりした感じで過ごしていました。


中体連 地区大会 に続きます。


2014年10月13日 (月)

【部活】 中1・デビュー戦 【9月の2試合(1)】


9月の中旬 KO君とTO君が待ちに待ったデビュー戦がありました。
この試合は、中学1年生と2年生が一緒に何組かに分かれて
グループリーグを戦って、1位から3位までのそれぞれ順位決定リーグを戦う方式でした。


まずTO君から先にグループリーグがあり、1勝2敗で3位。
1勝は、同じように卓球を始めたばかりという感じの1年生から。
2試合目か3試合目で、少し緊張が取れた時に試合があり見事 1勝しました。
TO君は身長がまあまあある方なので、打点が高くて上手く入れば強打でなくても
いい球になっている感じがしました。
良かった。良かった。
3位リーグでは、1回戦で敗退。残念。


KO君は、グループリーグが始まるのが遅くて最後の方で始まり
同じく卓球を始めたばかり(たぶん)の1年生同士3人のグループでした。
結果は、1勝1敗。
最初の試合は2ゲームを取ってから、3ゲーム取られる逆転負け。
最初の1~2ゲームはサーブでどんどん得点を取っていくけど
3セット以降 自分のミスで焦って自滅したような感じでした。
2試合目もフルセットで、こちらはKO君の勝ち。
この試合は、負けられないと思ってなのか焦りまくってミスも多くて
よく勝ったよねって思うくらいの試合展開でした。
このグループは、1勝1敗で3人が並んで、KO君は2位リーグに。


2試合目、TO君が応援していて 祈るような仕草をしていたので、
「さすが兄弟。KO君のために勝ちを祈ってるのね」って思って後で聞いてみたら…
「違うよ。KO君が負けたら僕と当たるところだったからね。僕は、KO君には勝ったことないし。違う人が良かったから」だって。
なんだ~さすが兄弟って思ったのに(笑)


KO君は 2位リーグに行って、1回戦は なんと同じ中学の部活仲間。
審判も偶然同じ中学の部活仲間で、まるで部活中みたいな雰囲気の中
のびのびと試合をしてストレートで勝ちました。
続く2回戦は、隣町のクラブチームの子で、あっさりストレート負けでした。


こうして2人のデビュー戦は終わりました。
2人とも すっごく緊張していたみたいで、特にKO君は顔面蒼白で足は棒立ち
ガチガチに固まってました。
初めて自分の子供の試合を見てみて、もともとスポーツ観戦好きな血が騒ぐというか
見ていられなくなって「落ち着け~~~」って何度叫んだことか。。。
でも、そんな風に声を出したのは、今のところこの試合だけ。
たけ父さんからも隣にいると恥ずかしいと言われたし、KO君とTO君からも
「聞こえなかったけど、恥ずかし-。止めてよね~。」って言われちゃったし
でも一番の理由は、何も考えなしに声を出せなくなったからかな。
観客席から声を出しても、母の声とは気づかない場所で1人で頑張っている2人。
得点をしたら拍手して、相手に得点を取られたら「あ~ぁ」ってため息ついて
見守ってるのがいいのかなぁって。
…というか、それ以外 何も出来ないなって思うから。


第2戦に続きます。。。



ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ