2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

カテゴリー「母のきもち」の58件の記事

2015年4月28日 (火)

生徒会と部活と勉強


まずは、前回の記事(「幼稚園以来の同じクラス!」 )の訂正を!
KO君とTO君が同じクラスになって、TO君がほわ~んとしてノートを忘れていった
ということを書いたのですが、それは間違いでした。
春休みからこっち、KO君は生徒会の活動が、いつもの日常生活にも入ってくるようになり(生徒会による「新入生歓迎会」の準備とか「生徒総会」の準備とか)
かなり忙しくなって、自分が忘れそうだから早めにノートの準備を私に頼んだから、
ノートは忘れていったんじゃなく、まだ必要な日じゃなかったそうです。
母さん TO君がわすれて行ったと思ってて、ごめんね m(_ _)m
ここに訂正しておきます。


さて、生徒会の活動が忙しくなったKO君。
昼休みや放課後、結構な時間を生徒会の活動をしなくちゃいけなくなって
部活の時間が減ったと残念がっています。
しかも、朝早くから学校に行って仕事をしたりとか
(今朝も朝7時15分集合だった。)
本当に、よく頑張ってます。
自分も中学時代、自分なりに頑張ってたつもりだったけれど、
こうして、生徒会と勉強と部活を頑張っているKO君を見ていると
きっとその当時もそういう人たちがいて、みんなもっと頑張っていたんだなぁと
しみじみ思います。
どうしても自分のこと中心に思ってしまうけれど、周りに目を向けると
その当時の私の近くにも頑張っている人って、いたんだろうな。
そんな話をKO君にして、「KO君 頑張ってるね。すごいね」とほめたら
「母さん、人は いつでも新しいことを始められるよ。母さんも何か頑張ったら?」
と思春期らしい一撃をくらいました(笑)


部活動は2年生になり、部活の顧問の先生が、卓球経験のある先生に代わりました。
(今までの顧問の先生は、副顧問として、今まで通り練習に来てくれてるそうです。)
前任の中学でも卓球部の顧問をしていたこともある先生で
新学期の部活の初日、帰ってくるなり「先生、ラケット3本も 持ってきてた。やばい、経験者だ!」って、ちょっと慌ててました。
大声を出して叱ったり、そういう体育会系の先生が苦手な二人は、ちょっと心配していたけれど、そこまでこわい先生ではないようで、そのまま すんなり部活を頑張る毎日です。
しかし、練習メニューが変わり、ゲーム形式の練習が減って、基礎練が増えて
筋トレもありー、部活の疲れは昨年度より増えて、疲れるとアレルギー性鼻炎が出る二人は、鼻ズルズルです。
KO君曰く「去年でなくでよかった。こんなにキツかったら、僕 部活 続いてないかも。今だから楽しいけどね。」と言ってました。
その卓球部。今年の1年生の新入部員がすごく多いみたいで、ビックリ。
二人とも「卓球部が、こんなに人気なんて。」と驚いてます。
(ちなみに二人の同級生は8人。先輩は9人。新入部員は18人とのこと。)
こじんまりとして和気あいあいな卓球部は、どう変わっていくのでしょう。
私としても、今年は卓球部 後援会の役員の年。どうなるんだろう。ちょっと心配。

そして勉強の方は。。。どうなんでしょうね。
教科担の先生も代わったけれど(持ち上がりは数学の先生と技術の先生だけかな?)
問題ないみたいだし、むしろ分かりやすい教科もあるみたいです。
問題は、中間テストよね。

そうそう学校の勉強とは別に、KO君とTO君は英検の勉強も少しずつ始めてます。
英検の勉強を始めて間もないけれど、6月にある英検を申し込みしました。
しかも試験の日は、地区中体連の前日…。
大事な試合の前日なので、初めは「えー…」だった二人ですが、卓球部の同級生も何人か英検を受けるのを知って、少しホッとしてました。
試合の前日というのは可哀想だけど、2年生だからって言っても、そんなに受ける機会は多くないから「頑張れ~!」です。


□□□

4月は、親も関係のある学校行事も提出書類も多くて、やっと一段落したかな?
参観日にPTA総会、クラスの係決め(保護者)
地域の子供会の行事(2年生の保護者が役員)
そして家庭訪問。
昨日、家庭訪問も無事 終わって、担任の先生も良い感じの先生で安心しました。
でも、いろいろバタバタと片付けしたから、どっと疲れました。

それから、以前からちょっと気になることがあって、病院にも行ってきました。
私が気になっていた症状のある人の20人に1人は、検査すると脳梗塞があることもあるからと、その日のうちに検査(MRI)もしてきました。
結果は、問題なし。
脳も脳の血管も若くてきれいで、梗塞の後もないから大丈夫と医師に言ってもらって
ホッとしました。
やっぱり脳はね。こわいですからね。
病院では、すごく待たされるし、MRIは30分間 狭いところで身動き取れないし
すごく疲れました。けど!やっぱり検査して大丈夫って分かるとホッとするし
気持ちもすっきりしていいです。
思い切って病院に行って良かったです。

明日は、2年生になって初めての試合があります。
私は引率当番が当たってるので、始めから最後まで応援です。
連休中に、もう1試合あるので、連休は、遊びに行かず のんびりして
のびのびになっていた たけ父さんの博士を取った御祝いで美味しいものを食べに行こうと計画中。
この御祝いには、KO君が1年生の学期末テスト 学年3位を取った御祝いも一緒です。
KO君も頑張った御祝いをしてあげないと すねちゃうので (o^-^o)
とりあえず、明日は試合の応援 頑張ってきます!




2013年5月16日 (木)

自転車に乗れた日

初めて自転車の練習をしたのは、確か3年前のGW。
KO君は、その時に自転車に乗れるようになりました。
TO君は、その時には上手く乗れず、また今度、練習しようっていうことになったけど、
自転車が好きではないTO君は何度誘っても、自転車の練習をしたがらなくて。
6年生になったし、そろそろ 本気で練習させないと、ということで
今年のGW後半の初日は、TO君の自転車練習の日になりました。

車に自転車を乗せて、たけ父さんの職場の近くにある広場に行き、練習開始。
そこは、土だけれど、砂利があって、ちょっとデコボコ。
アスファルトより転んだときは、痛くないかも知れないけれど
頑張ってペダルをこいでも、なかなかすっと進まないのが難点。

嫌いな自転車の練習とあって、TO君はテンションは低く、車の中では黙ったまま。
今日こそは、なんとか自転車に乗って欲しいという気持ちで
「今日は自転車に乗れないと家に帰れないよ~。」って言ったら
真に受けて、「え~、乗らないと帰れないのぉ~。そんなぁ~。」
私達としたら“自転車に乗れないと帰らない”くらいな気持ちで頑張ってほしかったけど
ちょっと逆効果?だったかな。。。
それでも、テンションは低くても、いつも嫌なことはダラダラモードになりがちなのに
ただただ、ひたすら真剣に頑張ってました。
「あ~もう、乗れないよぉ。」「早く、家に帰りたい…。」
そんな言葉をいいつつも、ひたすらペダルをヨロヨロとこいでは
転ばないように足をついて、用心深く練習をしているTO君。。。
途中、何度か、私が自転車に乗って、お手本を見せたけど、
やっぱり、なかなか感覚が掴めないみたい。

たけ父さんは、TO君の練習中に職場に用事があって、仕事に行ってしまい
それからは、私とTO君で練習してました。その間、約1時間くらい…。
ひたすら頑張るTO君。
しかし、だんだん辛くなってきて、ため息ばかりなので
ご褒美にポケモンカードゲームの拡張パックを設定して、
テンションを上げようとしたけれど、一瞬、「やったぁ。」って上昇しただけでした。
ペダルを上手くこげなくて足を着く度「あぁ…。またダメだ。」と肩を落としては
気を取り直して自転車のペダルをこぐ。
ちゃんと何回か両足でこげて、自転車に乗れそうになるのに
もう一度、乗り始めると、また出来なくての繰り返し。

だんだんTO君の気持ちが落ちてきて、気分転換に場所を変えようと
車の来ないアスファルトの道に行ってみました。
そしたら、何回か、ヨロヨロとよろけていたけど
ペダルをこぐ力が、すっとペダルに伝わる感じになって
最初にペダルをこぐ足と反対の足で地面を蹴って、ペダルにのせて
ぐいぐいこいで…


自転車に乗れた!!


一度、コツを掴んだら、面白くなったらしく
嬉しそうにペダルをこいでスピードアップ。
全力でこいでるのに、途中でよろけるから、本当に危なっかしいんだけど
自転車に乗れて嬉しい気持ちが伝わってくる感じ。


「自転車、スピードが出ると気持ちいいねー!楽しいね。」


ちょうど自転車に乗れるようになって少し経ったところで
たけ父さんが職場から帰って来て
TO君が猛スピードで、自転車をこいで見せに行く。


「お父さん~。ぼく自転車に乗れたよ~~!!」


嬉しそうに楽しげに自転車のペダルを一生懸命にこいで
たけ父さんのところへ…
そんなTO君の後ろ姿を見ていたら、ちょっとじ~んと来てしまいました。
さっきまで、ヨロヨロと自転車に乗れなかったのに
力強くペダルをこいでいく後ろ姿。
ほんの数時間の間に、ぐんっと成長したような、一つ階段を上ったような、
そんな感じに…私の涙腺が、弱まったらしいです。


「お~!自転車 乗れてるじゃん。やったな。TO君。」
「うん!乗れた!」
というTO君とたけ父さんの会話を聞きながら
少し離れたところで、しんみりしてました。


自転車に乗れるのは遅かったけれど、でも、今回、ちゃんと乗れるようになって
今、出来ないことも、自転車と同じように、きっといつか出来るようになる。
同い年のみんなには、少し遅れをとることもあるかも知れないけれど
でも、ちゃんと出来るようになるんだって思いました。

私達は、TO君が出来るようになるために、頑張っている時に
側にいて、助けたり、励ましたりして
出来るようになるまで、待っていることが大事なんだと思いました。
きっと、これからも、いろんなことがあって
出来ないって悔しい思いをするかもしれないけど
でも、いつか必ず出来るようになる。
だから、TO君を支えて行こう。そう、思いました。



TO君が自転車に乗れた日。
たぶん私は、きっと、あのTO君の後ろ姿は、忘れないと思います。



2013年4月12日 (金)

新しいスタート(通常学級へ転籍)

6年生に進級と同時に、TO君は通常学級に転籍しました。
もちろん、TO君も支援学級を卒業して、通常学級に転籍することは理解していて
TO君本人の希望でもあります。
「今は、友達に何も言われないけど、支援学級にいることで何か言われるかもしれないから。それに、僕、みんなと同じように頑張ってるし、ちゃんと出来てるもん!」
と言っていました。

ずっと先、高校か大学を卒業して、就職するときに
TO君は、障害者手帳を持っていないので
(4歳の診断時に、知的に問題がないので障害者手帳は出ないと言われました。)
障害者枠で就職というわけにはいきません。
KO君たちと同じように就職しなければいけません。

そうなったとき、同い年のみんなと同じように仕事をして、
同じように社会の中の人間関係に身を置かないといけない。。。
私達は、TO君より永く生きることは出来ません。
いずれ、私達の方が早く逝きます。
ずっと、手もとにおいて、守ってあげることが出来ないなら、
小学校で、もしも、通常学級に転籍しても大丈夫になったら転籍させようと考えて
TO君の小学校生活をサポートしてきました。
みんなと同じ環境に身を置いて、生きるスキルを身につけてほしい。
私達は、これからもTO君が生きるスキルを身につけるためのサポートを頑張って
TO君には幸せになってほしいです。

この転籍のことは、TO君の初めての事が苦手という特性を考えると、
通常学級に転籍するのなら小学校の環境に慣れている今しかないと悩んだ末、決めました。
もしも、通常学級に転籍して、TO君が何かとても困るような事があれば
中学校をどうするのか、考えないといけないと思っていますが、
出来れば、このまま上手くいってほしい。。。です。
これは、祈りとか願いにも似た気持ちです。

だって、こればっかりは、先生との関係、お友達との関係、学習面…
いろいろなことが関係するので、どうしてもTO君を頑張らせて、
中学校も、このまま通常学級で行こうと、TO君にプレッシャーをかけることは
出来ません。

だから、どうか、上手くいきますように。。。
6年生、TO君の新しいスタートです。



2013年4月10日 (水)

6年生になりました!

2013年(平成 25年)4月
KO君とTO君は、6年生になりました。

小学校に入学して、今まで2年生、3年生、4年生、5年生と進級してきて
毎年、どこか、小学校は長いし、まだまだあるし。。。
のんびり、ゆっくりでも大丈夫という感じがありました。
まだまだ、KO君とTO君とのんびり一緒におやつ食べたり話したり出来るって思っていました。


小学6年生。
本当に、小学校卒業まで、あと1年なんですね。
自分の小学校時代の印象は、とっても長かったから
なんとなく長いような気持ちでいたけれど、過ぎてみれば短いなぁと思います。

KO君は、中学校になったら運動部の部活に入るって、決めているし
そうなったら、毎日、遅くまで部活動で、また違う毎日が始まります。
今のように、小学校から帰ってきたら、TO君と一緒におやつ食べて
宿題して、遊んで~じゃなくなって(時々、友達と遊んで。)
毎日、学校から帰って来たら、学校であったいろいろなことを話してくれてたけど
中学になったら、そんな時間も減るんだなぁ。。。
なんて、今から少し寂しかったりします。

TO君は、部活動は、運動は苦手なので、入るんだったら絵が好きだから
美術部とか?あれば入るかもしれないけど、今のところ帰宅部かなぁ?と言ってます。
KO君より早く帰宅して、のんびりと絵を描いてるのかなぁ。。。
KO君とTO君が二人でいると、すっごくうるさいのに
きっと静かになるんだろうな。

だから、よけいに、今、二人でじゃれあってケンカしてたり
「お母さん、お母さん、こっち来て~。見てみて~。」って言われているのが
私にとっては、幸せなことなんだろうなって思います。
6年生の一年間、身を引き締めて、二人を見守っていこうと思います。

6年生になった二人はというと。。。
二人とも元気に学校に行っています。
KO君は、一緒のクラスになりたかったお友達と一緒になれてホッとしてました。
TO君は、一緒のクラスになりたかったお友達と、みんな離れてしまって
すごく寂しそうにしていたけど、新しいクラスでもお友達が出来たようで喜んでます。


TO君は、担任の先生との相性が心配だったけれど、3年生の時、KO君の担任の先生だったR先生が担任で、もう一度担任をなってほしいくらいのいい先生だったので、すごく安心しました。
TO君も、3年生の時からずっと、担任じゃなかったのに、いつも気にかけて声をかけてくれるR先生に担任になってもらいたかったみたいで、すっごくホッとしていました。
よかった、よかった~。


TO君は、4年生、5年生と苦しい時が多くて、朝は起きられないし、支度も遅いし
帰宅後は、学校で頑張っている分、スイッチがオフになって、ものすごく宿題に時間がかかっていたのに、
6年生になって、宅習のページ数が増えたのに、ダラダラモードにならずに、いい感じに集中して勉強しています。
それから、TO君は、アレルギー性鼻炎もちで、4年生からずっと薬が欠かせないくらい酷い鼻炎だったのに、5年生の終わり頃に、あれっ?っと思うほど、鼻水が出なくなって、鼻炎が治まってきました。病院の先生には「極度のストレスがかかっていたんでしょうね。」と言われました。
こんなに周りの環境で違うなんて、すごくビックリしたのと同時に、
上手くスイッチが入らず集中出来ない時は、TO君が辛い時で、アレルギー性鼻炎が出たらストレスがかかっている印、SOSなんだなぁって思いました。
どうか、6年生は、TO君のSOSが出ませんように。。。

KO君、TO君にとって楽しい6年生の一年間になりますように!!

2011年12月18日 (日)

22.5

KO君の新しい靴のサイズです。

私のサイズと一緒になりました。

TO君は、ちょっと小さくて、21.5だけど

10年で、同じ靴のサイズになるんだ。

大きくなりました^^

服のサイズも少し大きめの140を買ったら

私の服の大きさとそんなに変わらなくて

大きくなったなー。

私の背の高さは、159㎝

いつ追い越されるのかな?

キッチンのカウンターに隠れていた姿も

いつの間にか、しっかり顔も見える。

大きくなってもらわないと困るけど

大きくなっちゃうと

ちょっと寂しい。

男の子だから、まだまだ甘えん坊さんなのが救いかな。。。

もうちょっとかわいい君たちでいてください。


2011年10月21日 (金)

急な雨降り

昨日、KO君とTO君の下校時間に、ちょうど雨が降り出しました。
傘を持っていってなかったので、傘を持って歩いて学校まで行きました。

学校の坂を下りて来た二人に、傘を差し出すと

「どうしていると?雨そんなに降ってないよ。傘なくても帰れたのに。」とKO君

確かに、この時は雨は小降りになってたけどさ。
家を出たときは、結構 降ってたんだよーーーー。

(T_T)

せっかく持って来たのに~。
やっぱり男の子だねー。
ちょっと前まで、雨が急に降って傘を持っていくと
とっても嬉しそうにしてたのになー。

家に帰って、一人でちょっとすねてたら

「お母さん、なんで機嫌が悪いと?」とKO君が言うから

「だって、せっかく傘を持っていったのに、KO君が傘いらなかったっていうから。」と言うと

「ごめんー。だってさ、周りに友達がいたしさ。恥ずかしかったんだもん。家に帰ったら、ありがとうって言うつもりだったんだ。嬉しかったよ~。」だって。

しかもニコッと笑顔つき。。。

これで、コロッと許しました。親ばか。
でも、これから こんなことが増えるんだろうな。
昨日は、フォローしてくれたけど、そんなこともなくなるんだろうな。
期間限定のかわいさ。あと少しかな。
このかわいさ、大切にしたいです。

一方、TO君はと言うと、TO君はフツ-に受け取って、KO君が微妙に離れて歩いても私と並んで歩いて帰ってくれました。
これで、TO君にも同じ様に言われてたら、悲しかったから、ありがたかったです。
TO君が、フツ-に受け取ってくれて、一緒に並んで帰ってくれて良かった^^
しかし兄弟なのに、双子なのに違うのが、ちょっとおもしろいです ☆
でも、急にTO君の親離れが来たら、どうしよう。寂しいなぁ。。。



2011年10月17日 (月)

10歳の誕生日おめでとう!

10年前の午後8時6分に、体重2152g 身長44.2㎝で生まれたKO君。

KO君は、今、身長129.3㎝

体重は、ちょっと気にしてるので 内緒 ☆

10年前の午後8時7分に、体重1866g 身長43.2㎝で生まれたTO君。

TO君は、今、身長133.3㎝

体重は、KO君と同じく 内緒 ☆


生まれた時は、ほんとに小さくて

こんなに小さくて大丈夫なのかと思ったくらい小さな君たちが

本当に、本当に、大きくなってくれました。

元気で、学校にも楽しく通ってくれて

母さんは、とても嬉しいです。

TO君は、今、ちょっと辛いこともあるけど

でも、元気で頑張ってくれて、ありがとう。

そして、何より

君たちが、とっても仲が良いのが

母さんは、嬉しい。

時には喧嘩もするけど

でも、仲良く二人で遊んでいる姿に

母さんは、癒されます。

ありがとう。

10歳の1年間が、KO君とTO君にとって楽しい1年間でありますように。

そんな1年間になるように、お母さんも頑張るね。

KO君とTO君も、元気で頑張ってね。

10歳のお誕生日 おめでとう!!

2011年3月 2日 (水)

ニューシングル☆『 Blue Bird 』

コブクロのNEW シングル『 Blue Bird 』(初回限定版)

とっても いいです♪
明るい春らしい曲調で、コブクロらしい曲。
でも、今までにない感じもする新曲です。

先週は、ちょっと落ち込むことがあって沈んでました。
そして、ちょうどそんな頃に届いたのが、
コブクロのNEW シングル『 Blue Bird 』でした。

『 Blue Bird 』は、聴けば聴くほど、私の中で好きな曲になりました。
これから、TO君のサポートブックの更新もあるし、学校とのケース会議もあって、落ち込んでいられない私にはぴったり。
私の3月、4月の応援ソングになりました。
「よし!元気出して やるぞーーー!!」って、ちょっと復活。

頑張らないといけない時には、勝手にこの曲は自分の応援ソングだ~って
好きな曲をかけて頑張ります。
すると、なぜか頑張れる。単純。。。(笑)
昨日は、スポーツの力という記事を書いたけど、これは音楽の力だと思ってます。
音楽にも人を元気にする力がある。
そんな力をかりて頑張ってます。

この『 Blue Bird 』は、幸せの青い鳥のこと。
『 Blue Bird 』は探すのではなく、感じること。
本当に、そうだなと思う。
幸せだと感じることが出来ると幸せは、どんどん増える気がします。
私は、落ち込んだ時、音楽の力やスポーツの力をかりるけど
それは、KO君、TO君、たけ父さんの笑顔があってこそのこと。
家族がいるから頑張れるし、家族のために頑張ろうと思います。
そして、時々「どうしてる?」って電話したりメールをくれる友達たち。
子育てで忙しくて、なかなか会えないけど、繋がってる。
大切なのは幸せを感じられる柔らかい心なのかな。。。
そんなことを思いました。

『 君への主題歌 』
この曲も、大好き。
『 Blue Bird 』と二つあわせて、今の私の応援ソングです。
『 君への主題歌 』は、誰もが自分の人生の主人公 という曲です。
この曲を聴いてると、
「そうだよね。しっかり自分の人生を生きないとね!」と思います。
いろんなことを諦めないで頑張らなきゃ!と思わせてくれます。。。

『 ラブレター 』
初回限定版だけに入ってるボーナストラック。
デモテープが音源なんだそう。
これがまた、いい感じです。
懐かしいような暖かい曲。ほっとして癒される感じがいいです。


3月、4月は、このシングルを聴いて乗り切ります♪


2011年2月 9日 (水)

心にグッとくる いろいろなコト


コブクロのカバーアルバム『 ALL COVERS BEST 』が発売されて、随分経ちますが
この中に「しあわせのランプ」(オリジナルは 玉置浩二さん)という曲があります。

私は、「 蕾 」で、小渕くんの少し切ない、ちょっと儚い歌声が好きになりました。
黒田くんの力強い声とのハーモニーは、コブクロのもう一つの声のようで
二人の歌声は、いつも心地よく、時には励ましてくれました。

そして、この「しあわせのランプ」
今度は、黒田くんの柔らかい優しい声に グッときました。
ずっと黒田くんの声も好きだと思っていたけど、この声は、ずっと聴いていたいと
思わせられる声でした。
「しあわせに、なるために生まれてきたのだから…」と歌われると
ああ、そうだ。しあわせになるために生まれてきたんだと思わせられる。。(単純~)
この曲を聴いて、ますますコブクロの歌声が好きになって
これからが、また楽しみになりました。

植村花菜さんのアルバム『 花菜 ~My Favorite Things~ 』

昨年の紅白で「トイレの神様」の最後のフレーズに泣けて、泣けて。。。
植村さんの強くまっすぐな歌声が心に響きました。
アルバムを聴いてみると、やっぱり素直な まっすぐな歌声が心地よくて
とても好きになりました。
なんだか元気がもらえる そんな歌声です。
ウォークマン入れて好きな歌の仲間入りです。

それから、サッカーアジアカップ 。
その中で一番印象に残ったシーンは、
準々決勝 カタール戦での香川選手2点目のゴール。
このゴールは、凄く心に残った、心にグッときゴールでした。

アジアカップから日本代表の新しい「10番」を背負うことになった香川選手。
1次リーグは得点がなくて、やっぱり「10番」という背番号は重いのかなと
思ってました。
そこに目の覚めるようなこのゴール。なんだか私まで嬉しくなりました。

サンデースポーツで香川選手に、新「10番」についてインタビューをしていて
その中で「得点へのこだわりだったり、そういうところが特徴だったので、ゴールに向かって行く姿勢だったり、ゴールを取ることが、新しい10番像 なのかなと思う。」と語ってました。
私が知っている日本代表の10番」は名波選手と中村俊選手ですが、確かにタイプが違う気がします。香川選手の言う新しい「10番像」が、とても楽しみになって来ました。
ゴールを取る「10番」いいじゃないですか!
今は、怪我のリハビリ中だと思いますが、一日でも早い回復を祈ってます。
早くゴールに向かって行く香川選手が見たいです。

そして、高橋選手。
私は、バンクーバーオリンピックのFS「 道 」を見て、高橋選手の銅メダルに感動して
当時、ものすごく落ち込んでいたので、救われて勇気づけられました。
昨年、年末の全日本のFS ピアソラタンゴ。
心にグッときました。
あのオリンピックから1年もたたないうちに、またそういう演技に出会えるとは
思いもよらず。。。
何回でもずっと見ていたいと思わせられる演技に出会えたことに、すごく感謝しています。
また、高橋選手のそんな演技が見られることを楽しみにしています。

心にグッとくる いろいろなコト
心にグッとくるということは、心が動かされるということ。
そして、それが日々の頑張る力になります。

心が沈んでいたり、落ち込んでいると
心は、動きません。。

だから、こうして心が動かされるコトがある
こうして心にグッとくるコトがあるって
しあわせ だなと思います。




2011年1月24日 (月)

じわじわと。。。

誕生日がきて

今年から もう母に 「誕生日おめでとう。」って言ってもらえないんだと思うと

なんだかとても寂しくなって

きっと私が生まれてから

ずっと私に言ってくれていた「誕生日おめでとう。」が

今年からは、聞けない。

今年は、寂しい初めてが いっぱい。

こんなふうに、じわじわと寂しくなるのかな。



より以前の記事一覧

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ