2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 母の日(小学6年生) | トップページ | 新しい出会いと家庭訪問(6年生) »

2013年5月16日 (木)

自転車に乗れた日

初めて自転車の練習をしたのは、確か3年前のGW。
KO君は、その時に自転車に乗れるようになりました。
TO君は、その時には上手く乗れず、また今度、練習しようっていうことになったけど、
自転車が好きではないTO君は何度誘っても、自転車の練習をしたがらなくて。
6年生になったし、そろそろ 本気で練習させないと、ということで
今年のGW後半の初日は、TO君の自転車練習の日になりました。

車に自転車を乗せて、たけ父さんの職場の近くにある広場に行き、練習開始。
そこは、土だけれど、砂利があって、ちょっとデコボコ。
アスファルトより転んだときは、痛くないかも知れないけれど
頑張ってペダルをこいでも、なかなかすっと進まないのが難点。

嫌いな自転車の練習とあって、TO君はテンションは低く、車の中では黙ったまま。
今日こそは、なんとか自転車に乗って欲しいという気持ちで
「今日は自転車に乗れないと家に帰れないよ~。」って言ったら
真に受けて、「え~、乗らないと帰れないのぉ~。そんなぁ~。」
私達としたら“自転車に乗れないと帰らない”くらいな気持ちで頑張ってほしかったけど
ちょっと逆効果?だったかな。。。
それでも、テンションは低くても、いつも嫌なことはダラダラモードになりがちなのに
ただただ、ひたすら真剣に頑張ってました。
「あ~もう、乗れないよぉ。」「早く、家に帰りたい…。」
そんな言葉をいいつつも、ひたすらペダルをヨロヨロとこいでは
転ばないように足をついて、用心深く練習をしているTO君。。。
途中、何度か、私が自転車に乗って、お手本を見せたけど、
やっぱり、なかなか感覚が掴めないみたい。

たけ父さんは、TO君の練習中に職場に用事があって、仕事に行ってしまい
それからは、私とTO君で練習してました。その間、約1時間くらい…。
ひたすら頑張るTO君。
しかし、だんだん辛くなってきて、ため息ばかりなので
ご褒美にポケモンカードゲームの拡張パックを設定して、
テンションを上げようとしたけれど、一瞬、「やったぁ。」って上昇しただけでした。
ペダルを上手くこげなくて足を着く度「あぁ…。またダメだ。」と肩を落としては
気を取り直して自転車のペダルをこぐ。
ちゃんと何回か両足でこげて、自転車に乗れそうになるのに
もう一度、乗り始めると、また出来なくての繰り返し。

だんだんTO君の気持ちが落ちてきて、気分転換に場所を変えようと
車の来ないアスファルトの道に行ってみました。
そしたら、何回か、ヨロヨロとよろけていたけど
ペダルをこぐ力が、すっとペダルに伝わる感じになって
最初にペダルをこぐ足と反対の足で地面を蹴って、ペダルにのせて
ぐいぐいこいで…


自転車に乗れた!!


一度、コツを掴んだら、面白くなったらしく
嬉しそうにペダルをこいでスピードアップ。
全力でこいでるのに、途中でよろけるから、本当に危なっかしいんだけど
自転車に乗れて嬉しい気持ちが伝わってくる感じ。


「自転車、スピードが出ると気持ちいいねー!楽しいね。」


ちょうど自転車に乗れるようになって少し経ったところで
たけ父さんが職場から帰って来て
TO君が猛スピードで、自転車をこいで見せに行く。


「お父さん~。ぼく自転車に乗れたよ~~!!」


嬉しそうに楽しげに自転車のペダルを一生懸命にこいで
たけ父さんのところへ…
そんなTO君の後ろ姿を見ていたら、ちょっとじ~んと来てしまいました。
さっきまで、ヨロヨロと自転車に乗れなかったのに
力強くペダルをこいでいく後ろ姿。
ほんの数時間の間に、ぐんっと成長したような、一つ階段を上ったような、
そんな感じに…私の涙腺が、弱まったらしいです。


「お~!自転車 乗れてるじゃん。やったな。TO君。」
「うん!乗れた!」
というTO君とたけ父さんの会話を聞きながら
少し離れたところで、しんみりしてました。


自転車に乗れるのは遅かったけれど、でも、今回、ちゃんと乗れるようになって
今、出来ないことも、自転車と同じように、きっといつか出来るようになる。
同い年のみんなには、少し遅れをとることもあるかも知れないけれど
でも、ちゃんと出来るようになるんだって思いました。

私達は、TO君が出来るようになるために、頑張っている時に
側にいて、助けたり、励ましたりして
出来るようになるまで、待っていることが大事なんだと思いました。
きっと、これからも、いろんなことがあって
出来ないって悔しい思いをするかもしれないけど
でも、いつか必ず出来るようになる。
だから、TO君を支えて行こう。そう、思いました。



TO君が自転車に乗れた日。
たぶん私は、きっと、あのTO君の後ろ姿は、忘れないと思います。



« 母の日(小学6年生) | トップページ | 新しい出会いと家庭訪問(6年生) »

母のきもち」カテゴリの記事

母の日記」カテゴリの記事

TO君のこと(小学4年生から)」カテゴリの記事

コメント

TOくん、よく頑張りましたね、おめでとう!
私も自分自身が、初めて一人で自転車に乗ることが出来た時の
周りの景色をはっきりと覚えています。
ずっと出来なかったことが、とうとうできたときの喜びは、体中を駆けめぐる
ものですよね。
男の子は、これから体が大きくなり力が強くなっていくと、今まで出来なかったことが
次々とできるようになるでしょう。
その時こそ父親の出番。たけ父さん、がんばです。(^-^)

>marionettoさん

こんにちは。コメントありがとうございます^^
そうなんですよ。TO君が自転車に乗れて、たけ父さんと二人して
本当に「おめでとう。やったね!」って感じでした。
思わずその日の夕食で、ビールで乾杯しちゃって(子供達はジュースで。)
KO君から「僕の時に、こんなことしたっけ?」って突っ込まれました^^;
その時は、「えっと、やっとKO君とTO君の二人ともが自転車に乗れたってことで。」
「父さんと母さんは、とてもうれしいんだよ~。」と言いましたけど
ドキッとしました。あれ?そう言えば…どうだっけ?みたいな。
もしかしたら、TO君が乗れてなかったから、乾杯してなかったかも…です。
KO君ごめん^^;

TO君も成長期で、身体がぐんっと大きくなって力がついてきました。
足も少し速くなったみたいです。
こうやって、出来るようになっていくのね~。って思いました。
出来なかったことが出来るようになるっていいですね^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の日(小学6年生) | トップページ | 新しい出会いと家庭訪問(6年生) »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ