2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« ぼーっと出来る人と出来ない人 | トップページ | 参観日(4年生)とPTAミニバレー大会 »

2011年6月11日 (土)

成長を感じた瞬間

KO君とTO君の小学校は、4年生からクラブ活動という授業があり
3年生の頃から希望調査があったりして、二人とも とても楽しみにしていました。
KO君は、ずっと「サッカーが第1希望。」で、ダメだったら「将棋クラブにする。」と言っていて
TO君は、KO君の後を追って、サッカーが第1希望で、ダメだったら、あれもいいし、これもいいし…と迷っている様子でした。

それが、クラブ活動のクラブを決める前日、学校から帰ってくるなり
KO君が「僕、サッカーやめて、将棋クラブに最初からいくことに決めた!」と宣言。

今は違うクラスだけど、ずっと仲の良いお友達のKくんと、帰り道で会って一緒に帰りながら Kくんも同じく将棋クラブに入りたいと思っていることを知って、「一緒にはいろう。」という事になったらしいです。
Kくんは幼稚園の年中さんから小学2年生までずっと同じクラスで一番の仲良しだったお友達。3年生からクラスが離れて、それでも3年生の途中までは帰りは一緒に帰ったりしていました。それがKO君は、TO君と一緒に帰ることで、(当時TO君のクラスは、お帰りの会も長くて)だんだん一緒に帰ることが出来なくなったこともあり、少し離れ気味になっていました。(過去記事「一緒に帰りたかったな…。」

だから、そのKくんと一緒のクラブに入るというのは、とても嬉しいことだったみたいで、Kくんと約束出来て本当に嬉しそうでした。

そして、クラブを決める日。
KO君とTO君が学校から帰って来て、玄関のドアを開けて、
私が「どうだった?」って聞く前に、私の顔を見た途端、
KO君が「僕、将棋クラブ、ダメだったぁ~~。」と、みるみる泣き顔に。。。

KO君のクラスの将棋クラブの定員は2名。希望者は6名。
じゃんけん決戦になって、KO君は負けてしまい「将棋クラブには入れなかった。」
それでも、「今のクラスで仲の良い3人組で同じクラブになれたから、」と涙を拭きながら報告してくれました。

そして、時間割をしながら、「将棋は戦わんといかんからね。僕は、友達と戦いたくないから、いい。…ヒック。…あっ、でも、戦って見たかったけど、でもいい。…ズズっ、…クラスで仲がいい友達と一緒のクラブになれたから、気を取り直すっ。。」と半泣きで自分を納得させるように言っていました。

そこへ「ピンポーン」と玄関の呼び鈴がなって
「KO君~。遊ぼ~。」と近所のお友達が誘いに来ました。
「うん、今、行く~!」とKO君。
そして「遊んでくるね。」と涙を拭いて、TO君と一緒に遊びに行ってしまいました。

私は、てっきり、あのまま、しばらく泣いているだろうと思っていたのに
すぐに自分で、気持ちを取り直して、お友達と遊びに行ってしまうとは
私にとっては、予想外で、KO君において行かれたような感じでした。
自分の腕の中から、するっと抜けて出て行かれたような…。

こうやって、子供って成長して行くんだ。
まだまだ、幼いと思っていたのになぁ。
嬉しいような、寂しいような…。

…ところで、TO君はというと、TO君は「KO君と一緒に将棋クラブに入る。」と言って、見事、将棋クラブに入れたそうです。ちょうどクラスで仲の良いお友達も一緒らしくて、KO君がいなくても大丈夫と言ってました。そして、約束していたお友達のKくんも将棋クラブに入れたそうです。KO君、自分は入れなかったこともちゃんと話したと言っていました。

一人だけ入れなかったKO君。
それでよく、あれだけで済んだなぁと思います。
KO君、強くなりました。
4年生になったら、気持ちの切り替えもこんなに出来るんだ。
私もおいて行かれないようにしなくっちゃと思った出来事でした。

« ぼーっと出来る人と出来ない人 | トップページ | 参観日(4年生)とPTAミニバレー大会 »

KO君のこと(小学4年生から)」カテゴリの記事

コメント

良いお話ですね。子供って友達同士でお互いに
すごく成長してゆくものなのですね。20年ほど
前のある日、子供部屋でお兄ちゃんとお友達がすごい喧嘩を
していて、「帰れ!」とお兄ちゃんの声。「帰るよ!」
とお友達・・・。あれれ、と思っていたら、しばらくして
電話が鳴り、「いいよ、おいでよ」と、お兄ちゃん。
またやってきたそのお友達と、部屋で仲良くゲームあそび。
次の日、その子のお母さんに会ったら、ものすごく
感謝されてびっくり。何とその子は登校拒否が続いていて、
遊んでくれる子はうちのお兄ちゃんだけだったのだと。
私は全く知らなくて。そして、その子が生まれて初めて昨日
自分から友達に電話をかけたのだと。さらに、今朝は一人で
学校へ出かけて、ちゃんと掃除までやって帰って来た、と。
知らなくて良かった!知っていたら私はハラハラ大変だった
ことでしょう。男の子っていいですね。

>marionettoさんへ

こんばんは^^
marionettoさん、良いお話をありがとうございます。
本当に、子供は、友達同士で遊んだりしながら
友達との関わりのなかで、成長して行くんでしょうね。


KO君、TO君は、まだまだこれからですけど、
こんな風に成長を喜びつつ、寂しく感じていくことが
増えていくのかな^^
でも、それは嬉しいことなんですよね (o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼーっと出来る人と出来ない人 | トップページ | 参観日(4年生)とPTAミニバレー大会 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ