2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 今日は、ケース会議。 | トップページ | ☆ 玉ねぎ・にんじん・りんごのすりおろしカレー »

2011年4月15日 (金)

いよいよサポートブックの出番!


昨日は、ケース会議でした。
4年生になって始めてなので、4年生版にした「サポートブック」を持って行きました。

ケース会議で、サポートブックを先生方に渡すと校長先生が
「本当は、学校でも全員のサポートブックを作るといいですが、なかなか出来ないですね。」とおっしゃってサポートブック自体にいい印象をもっていただいたよう…。

ほっとしながら、ケース会議を開いていただいたお礼を言ってから、サポートブックをもとに、TO君のことを話しました。

サポートブックのTO君が書いたページとKO君が書いたページは、先生方に好評でした。
「おぉ~!」って感じで、じっくり読んでくださってました。
あとは、TO君の好きなこと、よく会話に出で来る話題、食べ物の好き嫌いから給食のことなど TO君の普段の情報。そして特性としての安心することや苦手なことをお話しして、1番 心配なパニックについて。

パニックについては、サポートブックにもエピソードを入れたので、サポートブックを見ながら、3年生の時は、パニックと呼んでいいくらいのが1回あったこと。その時は消防署見学という もともと苦手な いつもと違う状況で、お気に入りの鉛筆とキャップを無くしてしまったことからパニックになって、しばらく授業に参加できなかったこと。
その他は、小さなパニックで泣いて動かなく(フリーズ)してしまったことが数回あって、その原因をお話ししました。
また、パニックになったときは、お友達と離れて静かな場所で落ち着くまで待ってほしいこと。
そして、親としては4年生になって学年も上がって来たので、そろそろ自分でパニックのときに対応出来るように教えていきたいと思っていること。
パニックになったときに、出来れば自分から、みんなと一緒にいると落ち着かないと思った時は「みんなと離れて静かな場所に行きたい。」と言えるようになってほしいので、もし言うことが出来たら理解していただきたいこと。などなどを伝えて来ました。

その他、これまでと現在、通っている療育や相談機関、病院のリストの説明と何か不適応があれば支援に入ってもらいたいと考えていること。
今はそんなことは必要ないくらい頑張ってくれていること。
そしてお願いとして、TO君も今までのように何でも親に話してくれなくなって来ているので、何かあったときには連絡をしてほしいこと。連絡があれば家庭でもフォローが出来るし、TO君にどうしたらいいか教えるきっかけになるので、情報のフィードバックをお願いして来ました。
それから、今年度もケース会議を学期ごとに開いていただけると学校の様子を知ることが出来て安心ですので、よろしくお願いしますと頼んで来ました。

そんなこんなで結局予定は30分ほどでしたが、大幅にオーバーして1時間も時間をとってもらいました。すごく真剣に私達の話を聞いてくださって、安心して帰って来ました。


しかし、ケース会議は、何回しても緊張します~。
でも、緊張の度合いは、少なくなって来たかな?
最初の1~2年くらいは、先生に話す原稿をちゃんと作って行ってました。
先生方を前にして緊張で、声がふるえたりなんかして。。。
それが、今では。。。
原稿は作らなくなったし、声もふるえなくなったし、場数?をこなして たくましくなりました(笑)
たけ父さんにも「君に、任せた!」って任されてしまって、メインで話をするのは私。
でも、ちゃんと一緒に来てくれるので心強いです。
それに、両親そろって…というのは、学校にポイント高いです。

ケース会議がおわったので、これで やっと少しホッと出来る。
そんな感じです。

あとは、参観日に 家庭訪問!!
もうひと頑張りです^^

« 今日は、ケース会議。 | トップページ | ☆ 玉ねぎ・にんじん・りんごのすりおろしカレー »

入学前・進級準備(小学校から中学校)」カテゴリの記事

TO君のこと(小学4年生から)」カテゴリの記事

コメント

ケース会お疲れさまでした。入学前から就学後、何度か同席させてもらいましたが、保護者と学校側だけで継続的に進めていく理想的な形になりましたね。
サポートブックに関係機関や担当者を記載しておくことで、必要があれば専門家にも入ってもらえることが保護者には心強いし、学校にはちょっとした圧力(笑)にもなって、いいですね。

わたしも、なぎさんのような保護者が現任校にも出てくるような仕事をしなければいけないと思っています。

サポートブックとケース会のこと私のブログでも紹介させてくださいね。

chopper yamaさんへ

コメントありがとうございます。
サポートブックっていうと難しく考える方もいらっしゃると思いますが…、実際、難しいです(笑)
私も、TO君が幼稚園に入園するときに、TO君の困り感が分かるエピソードを書いた手紙を書いたのが最初です。
この手紙を、先生方が分かりやすいとほめてくださって、“伝えるために こちらも努力すると分かってもらえるんだ。”って思いました。
その後、サポートブックの存在を知って、サポートブックを書くようになりました。でも、サポートブックって、子供のことをよく観察していないと書けないんですよね。
何が苦手で、それは特性からきてることなのか、それとも性格なのか、何が得意で、安心することは何なのか…
どうしたら出来るようになるのか…などなど、毎年、TO君の“今の状態”とあっているか気をつかうし大変だけど、学校にTO君のことを伝える時には、すごく役立ちますよ^^
最初からサポートブックじゃなくても、伝えたいことを伝えて分かってもらうような出来事があると、サポートブックを作るきっかけになるかもしれないです!

>サポートブックとケース会のこと私のブログでも紹介させてくださいね。

いいですよ。 “サポートブック”を広めてください^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は、ケース会議。 | トップページ | ☆ 玉ねぎ・にんじん・りんごのすりおろしカレー »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ