2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の16件の記事

2011年4月30日 (土)

「ソチまで」現役続行

■ 現役続行を決めた高橋大輔の思い。「納得いくまで続けてみたい」

http://blog.shueisha.net/sportiva/othersports/index.php?ID=139&utm_source

■ 靴のネジ外れた!大輔悔しい5位「ソチまでやる」…世界フィギュア

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20110429-OHT1T00039.htm

■フィギュア:高橋大輔、5月中旬にボルト除去

http://mainichi.jp/enta/sports/news/20110430k0000m050090000c.html

高橋選手「ソチまで」現役続行だそうです。

フリーの演技中のアクシデント。
なにも試合中にビスが、抜けなくても…。
高橋選手の不運に 愕然としました。
これじゃ終われないよね…と思っていたら、その日のうちに現役続行のニュースが入ってきました。

バンクーバーオリンピックが終わっての現役続行は、東京である世界選手権までの1年間だと、ずっと思ってました。
それは、モスクワでの開催に変わっても、二連覇 もしくは それに準ずる結果だったら引退するかもと思ってました。
ほんのちょっとだけ、もしかして二連覇したら現役続行してくれないかなって願ってました。

それが、フリーのアクシデントがあっての「現役続行」
ファンとしては、ソチまで高橋選手のスケートが見られるから嬉しいけれど
でも、今回の結末は複雑です。

フリーの演技は、アクシデントによる中断があっても、その時の出来る限りのことをする意志の強さを感じました。今までのピアソラより力強く、スケートへの情熱を感じました。そして何度見ても、胸がぎゅっとなるような切なさがあります。
メダルは取れないと思いながら、それでも気持ちを込めて滑れるなんて、格好良すぎです。

■ 現役続行を決めた高橋大輔の思い。「納得いくまで続けてみたい」
…の中に書いてある高橋選手のコメントは、もう、涙ものです。

「五輪に行けても行けなくてもいいから、ソチまでは続けようかな、と。
 もう世界のトップには、いられないかもしれない。でもやはり、自分の納得のいくまで選手を続けてみたい」

そんな覚悟をしてまでの現役続行。
応援せずにはいられないです。
高橋選手が決めた道の先に、また素晴らしい未来が待っていますように。。
そう、願いながらファンを続けます。



2011年4月29日 (金)

世界選手権 女子シングルのSPをみて。


前日の男子フリーの衝撃と そのほか…もあって、抜け殻のような感じで

女子シングルのSPを見てました。


今日は、女子シングルの美しい演技に癒されました。。。

特に、安藤選手とアリッサ・シズニー選手、綺麗だった。。

安藤選手のジャンプは、とても柔らかな感じがしました。ステップも素敵。

シズニー選手のスピンは美しかった。


安藤選手の観客席に向けた柔らかな優しい笑顔がとても印象に残りました。

素敵でした。

明日もまた安藤選手の笑顔が見られますように。。。

明日は、浅田選手と村上選手の笑顔も見られますように。。。


頑張って!!

新学期からトラブルが。。


TO君のクラスが落ち着きません。

よく物がなくなったり、泣いている子の筆箱をその子の目の前でぶちまけたり…

昨日は、おとついなくなったTO君のメガネケースが、女子トイレから見つかり、

完全にイタズラして隠していたことが判明して

先生が家に来て説明してくださったり

バタバタしてました。


本当は、とても世界選手権を見るというテンションではなかったんですが

1年間、応援してきた高橋選手と日本の選手を応援しょうと

気を取り直して見ていたら、

高橋選手のアクシデント。。。

またテンションが。。。

高橋選手本人の気持ちを思うと、私が落ち込んでどうする!なので

高橋選手を応援するのみですが


TO君のことは心配です。

今年は、通常学級への移行も考えて、ほとんどTO君の交流学級には入らない予定だった

支援学級の先生も、落ち着かないTO君のクラスの雰囲気が

落ち着くまでサポートに入ってくれることになったみたいです。

なので、ほっとしてはいるのですが、

TO君のクラスであった出来事を先生から聞いたら

なんだか腹が立ってきて

それは、TO君のメガネケースの件はおいといても

泣いている女の子の目の前で、筆箱をぶちまけるって、どういうこと?

お友達の筆箱をトイレに投げ入れるって、どういうこと?

なくなった物が、ゴミ箱から見つかるって、どういうこと?


私は、そういうの大嫌いなので、

ちょっとブログに毒吐きです。ごめんなさい。

うちの学校の4年生の学年は、大人しくて優しい子が多いと

とても良い学年だと、先生方に言われていました。

3年生、4年生は、ギャング・エイジといって

そういう元気に爆発する年頃らしいですが

爆発の仕方が違うでしょ。


今、先生方が対処してくれていますから

その効果が現れて、落ち着いてくれることを願ってます。

世界選手権 男子フリーが終わって

2011年世界選手権の男子シングル優勝は、総合得点280.98の パトリック・チャン選手。
4回転を2回決めて、3Aに少しミスがありましたけど、何て言うか強いという印象のみが残りました。スケート技術とか上手いんだろうな。。スケートの滑りがのびるんだろうな。。とは感じるのですが、私は、高橋選手のスケートが好きなので、高橋選手と日本の選手は応援するけど、チャン選手のスケートには、強いな、すごいな、としか思えないです。。m(_ _)m


2位は、総合得点258.41の 小塚選手。
銀メダル、おめでとうございます!
小塚選手が、銀メダルを取ってくれて、救われました!
小塚選手のフリーのプログラムは、とっても小塚選手に似合ってますね。
ノーミスの素敵な演技でした!
それに、技術点は、4回転を2つ決めたチャン選手より得点が高いんです。
すごい~。
来季SPにも小塚選手も4回転を入れられたら、小塚選手は来季はもっと強くなると思います。
素敵な演技をありがとうございました。


3位は、総合得点241.86のロシアのアルトゥール・ガチンスキー選手。
まだ若い選手ですよね。自国開催のプレッシャーもあったと思います。
これから、もっとのびる予感がします。
ソチオリンピックに向けて日本選手のライバルになるんでしょうか。

以下は、日本の選手だけ。。。

5位 高橋選手。
まさか、試合中にスケート靴のビスがはずれてしまうことがあるなんて…。
こんなアクシデントがあるなんて…。
連覇を狙った大会で、アクシデントのためとはいえ5位。高橋選手は、ものすごく悔しいだろうなと想像するだけで、たまらなくなります。
でも、演技を再開した後、よく頑張って最後まで滑りきってくれました。素敵でした。
高橋選手、お疲れさまでした。

高橋選手から、現役続行のコメントが出ました。
また後で、別記事を書きたいと思います。


6位 織田選手。
織田選手も、まさかのジャンプのルール違反。
もったいないです。。。
メダルが手に届きそうだっただけに、織田選手も悔しいだろうと思います。

それから、“日本男子は来年の次回大会(フランス・ニース)でも出場枠「3」を確保”です!!


今日は、女子シングルのSPです。
安藤選手、浅田選手、村上選手、頑張ってください!

2011年4月28日 (木)

世界選手権 男子シングルSPが終わって


SPが終わってトップは、Patrick CHAN 選手。
4回転ー3回転のコンビネーションが綺麗に入ると、やっぱり高得点が出ますね。
他の演技のノーミスだし、4回転をSPに入れられるって強い。
ちょっと強すぎ。。。

2位は、日本の織田選手。
織田選手も4回転は、ステップアウトだったけど認定されました。
よかったですね。
ステップがちょっと残念でした。

3位は、高橋選手。
ちょっと慎重な感じがしたけど、良かったと思うんですけど。。。
得点が伸びなくて悔しいです。
ステップでバランスを崩したのがなかったら、ステップは レベル4だったのかな。
得点も伸びたかも。

小塚選手は 、6位。
3Aが惜しかったです。でも、2位から7、8位くらいまでは、そんなに点差がありません。まだまだ わかりません!


ここまでは、普通のフィギュアスケートファンとして書きました。
ここからは、高橋選手のファンとして書きます。

トップとは点差が離れてしまったけど、まだまだスポーツなんだから結果は分かりません。

高橋選手を好きな理由は、いろいろあります。
ぱっと思いつくのは、ジャンプの決まった瞬間の華やかさとか、指先まで気を配った動きだとか…本当にいろいろあります。
でも、1番は、あの“人を惹きつける演技”が出来る高橋選手の個性が好きです。
高い得点は、技術があれば得点は高くなるかもしれないけど、点数とは違う何かを見せてくれるのが高橋選手だと思う。

だから今日は、順位なんて関係なく、全日本の時のピアソラのような演技を見せてほしい。また、高橋選手のガッツポーズが見たい。

高橋選手の思うような演技が出来ますように。
また、あのガッツポーズを見せてくれますように。

今日は、織田選手、小塚選手より、ちょっぴり多くの頑張れを、高橋選手に送ります。
頑張れ~~織田選手。
頑張れ~~小塚選手。
頑張れ、頑張れ、頑張れ!! 高橋選手!!


2011年4月27日 (水)

いよいよ世界選手権!

いよいよフィギュアスケートの世界選手権が始まりました。
きっと今日から1週間くらいは、フィギュアスケートの記事ばかりになるかもです
m(_ _)m

今季、最後の1番大きな試合です!
しっかり 応援したいと思います!

25日は、男子シングルの予選がありました。
小塚選手は、予選に出場して 165.00の高得点。
予選トップで通過です。さすがです!


今日の男子シングルのSPの滑走順も出てます♪

すみません。第4グループから書きますね。

第4グループは。。。

19.Florent AMODIO 選手
20.Brian JOUBERT 選手
21.Adrian SCHULTHEISS 選手
22.Patrick CHAN 選手

そしてCHAN 選手の後が、
23.小塚選手!!

CHAN 選手が、どんな演技をしようと関係なく
自分の演技に集中して頑張ってください!

24.Kevin VAN DER PERREN 選手


第5グループの6分間練習も

第5グループが始まったら、もうテレビの前から 動けないです。

25.Michal BREZINA 選手が終わったら

26.高橋選手!!
もう、今から落ち着かないんですけど。。。
今季、1番 調子が良いとニュースでも出てたし、どんなマンボが見られるんでしょう。
弾けた楽しいマンボをお願いします!

27.Tomas VERNER 選手
28.Artur GACHINSKI 選手
29.Samuel CONTESTI 選手

と来て最終滑走は、
30.織田選手

なんで最終滑走を引き当ててしまったんですか~。
最終滑走は、苦手なんですよね。。
でも、どうか
織田選手の持っている力が発揮出来ますように。

夜の9時~10時と言えば、KO君とTO君の就寝時間の前後で忙しい時間です~。
家事を頑張って早めに済ませて、サッサと寝かせるしかない?
でも まだ、寝る前は、側にいて欲しいKO君とTO君^^

でも、どこで?
第4グループが始まったら全部見たい~!!
それはおいといて。

どうか日本の3選手の力が、発揮出来ますように。
納得のいく演技が出来ますように。

頑張れ~~!!

小塚選手!

頑張れ~~!!

織田選手!

頑張れ~~~!!

高橋選手!!


2011年4月26日 (火)

引き受けちゃった☆

先週の土曜日 4年生になって初めての参観日がありました。

進級してクラスが替わって、「どんな様子だろう?」と
たけ父さんと前半 後半交代で、TO君のクラスとKO君のクラスを見てきました。
二人とも まあ大丈夫そうでした。

毎年 進級して しばらくは、心配性の私は、
TO君 大丈夫かなぁ。
KO君 大丈夫かなぁって。
なんだか心配です。。。


そして、
進級して初めての参観日というと、恒例のクラス役員決め。

参観資料と一緒に、クラス委員や係の希望のアンケート結果のプリントもあり
私が希望した係は。。。

超~激戦。。。

希望した係から希望を移動しようにも、定員が希望通りのところは、それでほぼ決まりだし、空いているところは、運動会係とか、私が外したいところばかり。
(だって運動会は、学校 1番の行事。TO君のフォローをしたいので 無理。)

悩んでいると、去年も同じクラスで、同じ係をしたご近所のママさんから
クラス委員 学級委員長 やらない?○○さん(←私のこと)となら、やってもいいんだけど。」
と声がかかり、「じゃぁ、二人でやってみる?」と


学級委員長 (クラスで2名)

引き受けちゃいました。

クラス委員 学級委員長が決まると後はスムーズ。
いつもながら、学級委員長って、みんな避けるよね。


私も学級委員長って柄じゃないけど、誘ってくれたご近所ママさんとなら大丈夫な気がして引き受けちゃいました。

それを1番、びっくりしたのが、たけ父さん。
「絶対、それだけは避けそうなのに。」といっとりました。当然の感想でしょう。。。

なんか今年は変化の年なのかなぁ。
頑張ってみます!


それから、TO君とKO君は、進級しても変わらず元気に学校に行ってます。
今週は、家庭訪問週間で、早く帰って来て、今日は近所のお友達と遊んでました。
お隣さんが、同級生の女の子で「遊ぼう。」って来てくれます。
うちの二人以外は女の子なんだけど、誘ってくれる。
TO君とKO君は、男の子にしたら激しくないからかなー(笑)
しっかり5時まで遊んだので、今、宿題中です。
頑張れ~。


2011年4月19日 (火)

☆ 玉ねぎ・にんじん・りんごのすりおろしカレー

KO君もTO君も、そして たけ父さんも私もカレーは大好き。
この頃、やっとKO君、TO君も“中辛”を食べられるようになりました。
“中辛”を食べてくれると、子供用と大人用と別に作らなくていいので 楽になりました^^

我が家のカレーは、いつからか
玉ねぎとにんじんとりんごをすりおろして入れるようになりました。
すりおろして入れると野菜の量も少し多めになるし 味も野菜のうま味が出て、市販のルーで作るのに、ひと味違うカレーになって“我が家の味”って感じで、家族みんなのお気に入りです。

野菜をすりおろして入れたのは、テレビのカレーの特集で、野菜をたくさんすりおろして入れるカレーが紹介されてて、とっても美味しそうだったので真似して作ってみたのが きっかけ。
紹介されてたカレーは、いろんな野菜をすりおろしを入れたカレーでしたが、我が家でそれをすると、確実に食べない人がいるので、TO君も食べられるようにカレーに入れる王道の野菜をすりおろして入れてます!


☆「 玉ねぎ・にんじん・りんごのすりおろしカレー 」


《 市販のルー1箱と半分の材料 》
玉ねぎ  5個……薄切り1個半、具として1個半、すりおろし用2個
にんじん 4本……具として2本、すりおろし用2本
りんご  1個……全部 すりおろす
お肉   適量……うちはポークカレーが多いです。チキンカレーや手羽も美味しい!
にんにく 適量……あれば、すりおろす
しょうが 適量……あれば、すりおろす

( ※ 野菜は、大きさでも違うし、好みで量を調整します。)


玉ねぎは、薄切りにして、なるべく飴色に近くなるくらい炒める。玉ねぎとにんじんの具として切った材料をフライパンで炒める → 炒めたら鍋に移す。

お肉を炒める → 炒めたら鍋に移す。鍋に水を入れて中火 ~ 弱火で具が柔らかくなるまで煮る。

玉ねぎとにんじん、りんごを すりおろして鍋に入れる。
あれば、にんにく、しょうがのすりおろしも入れる。
煮立ったら アクをとって煮込む。

火を止めてルーを入れて、弱火で10分ほど煮込んで完成!!


☆トッピング

うちは、カレーに じゃがいもは入れません。カレーをたくさん作ると どうしても煮崩れてしまうのが 苦手(私が)なので、いつからか入れなくなりました。
でも、じゃがいものカレーが食べたい時は、トッピングの具にします!

じゃがいも適量を 鶏ガラスープの素を入れた ゆで汁で煮て、粉ふきいもを作ってトッピング。コレ美味しいです。

あとトッピングするのは、ウインナー。手軽にボリュームアップ出来ます~。
それから用事があって忙しい日には、コロッケ、カツなどお総菜で、ちょい手抜きとか。。。

市販のルーは、甘めのバーモントカレーを使っているので、大人には 甘いです。
辛いカレーが好きなら、S&Bの“カレー屋さんのかくし味 辛さ自在(スパイス)”をカレーにかけると美味しくカレーが辛くなります。
私達大人は、もっと辛めのカレーが好きなので、このスパイスを愛用してます。


カレーを作ってると「手伝うよ~♪」ってKO君とTO君が手伝ってくれることも。
KO君は、お肉を炒めるのが好きで、「お肉はボクがする。」と手伝ってくれます。
TO君は、玉ねぎの薄切りを炒める役目が多いかな。
あとは、野菜をすりおろしてくれたり…
いつかカレーを二人で作ってくれたりするんだろうか。。。


◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□


カレーの想い出と言えば…
今でこそ、TO君はカレーが大好きだけど、離乳食でカレーを食べさせていた頃
ある日、突然、カレーを食べなくなりました。
それまで、食べていたので、理由が分からなくて「?????」状態の私とたけ父さん。
KO君は、カレーが大好きだったので、TO君が食べなくても何回もカレーにトライ。
でも、口をあけないTO君。

ある日「もしかして、カレーをご飯にかけて混ぜたのがイヤだったのかも?」と、カレーとご飯を別々に入れて、TO君の目の前で少しずつかけてあげたら


TO君 食べた!!

たぶん、カレーとご飯を混ぜたのが、ダメだったみたい。
それから、かなりの間、カレーとご飯は別々に入れてました。
まあ、別々に入れたら食べるんだからいいんだけど(笑)

今は、TO君も ご飯の上にカレーをかけます^^
でも、なんか そういう不思議なエピソードが多いTO君。
想い出になって良かったな~~~~と思います^^


2011年4月15日 (金)

いよいよサポートブックの出番!


昨日は、ケース会議でした。
4年生になって始めてなので、4年生版にした「サポートブック」を持って行きました。

ケース会議で、サポートブックを先生方に渡すと校長先生が
「本当は、学校でも全員のサポートブックを作るといいですが、なかなか出来ないですね。」とおっしゃってサポートブック自体にいい印象をもっていただいたよう…。

ほっとしながら、ケース会議を開いていただいたお礼を言ってから、サポートブックをもとに、TO君のことを話しました。

サポートブックのTO君が書いたページとKO君が書いたページは、先生方に好評でした。
「おぉ~!」って感じで、じっくり読んでくださってました。
あとは、TO君の好きなこと、よく会話に出で来る話題、食べ物の好き嫌いから給食のことなど TO君の普段の情報。そして特性としての安心することや苦手なことをお話しして、1番 心配なパニックについて。

パニックについては、サポートブックにもエピソードを入れたので、サポートブックを見ながら、3年生の時は、パニックと呼んでいいくらいのが1回あったこと。その時は消防署見学という もともと苦手な いつもと違う状況で、お気に入りの鉛筆とキャップを無くしてしまったことからパニックになって、しばらく授業に参加できなかったこと。
その他は、小さなパニックで泣いて動かなく(フリーズ)してしまったことが数回あって、その原因をお話ししました。
また、パニックになったときは、お友達と離れて静かな場所で落ち着くまで待ってほしいこと。
そして、親としては4年生になって学年も上がって来たので、そろそろ自分でパニックのときに対応出来るように教えていきたいと思っていること。
パニックになったときに、出来れば自分から、みんなと一緒にいると落ち着かないと思った時は「みんなと離れて静かな場所に行きたい。」と言えるようになってほしいので、もし言うことが出来たら理解していただきたいこと。などなどを伝えて来ました。

その他、これまでと現在、通っている療育や相談機関、病院のリストの説明と何か不適応があれば支援に入ってもらいたいと考えていること。
今はそんなことは必要ないくらい頑張ってくれていること。
そしてお願いとして、TO君も今までのように何でも親に話してくれなくなって来ているので、何かあったときには連絡をしてほしいこと。連絡があれば家庭でもフォローが出来るし、TO君にどうしたらいいか教えるきっかけになるので、情報のフィードバックをお願いして来ました。
それから、今年度もケース会議を学期ごとに開いていただけると学校の様子を知ることが出来て安心ですので、よろしくお願いしますと頼んで来ました。

そんなこんなで結局予定は30分ほどでしたが、大幅にオーバーして1時間も時間をとってもらいました。すごく真剣に私達の話を聞いてくださって、安心して帰って来ました。


しかし、ケース会議は、何回しても緊張します~。
でも、緊張の度合いは、少なくなって来たかな?
最初の1~2年くらいは、先生に話す原稿をちゃんと作って行ってました。
先生方を前にして緊張で、声がふるえたりなんかして。。。
それが、今では。。。
原稿は作らなくなったし、声もふるえなくなったし、場数?をこなして たくましくなりました(笑)
たけ父さんにも「君に、任せた!」って任されてしまって、メインで話をするのは私。
でも、ちゃんと一緒に来てくれるので心強いです。
それに、両親そろって…というのは、学校にポイント高いです。

ケース会議がおわったので、これで やっと少しホッと出来る。
そんな感じです。

あとは、参観日に 家庭訪問!!
もうひと頑張りです^^

2011年4月14日 (木)

今日は、ケース会議。


4年生になって初めてのケース会議です。

今、4年生版に更新した「サポートブック」をプリントアウト中。

たけ父さんと私の分も含めて7部。。。

夜は、地区の育成会の保護者会もあって

ちょっと忙しいです~。


学校は、4時から。

頑張って先生方に TO君のことを伝えてきます!!

2011年4月12日 (火)

料理メモ☆「 かぼちゃのチーズ焼き 」

KO君とTO君は、今 育ち盛りで めちゃくちゃ よく食べます。
私は、子供の頃 小食で本当に食べない子でした。
だから、KO君とTO君の食べっぷりが良くなって来た頃は、本当にビックリ。
男の子ってこんなに良く食べるんだ、信じられない~って感じでした。
その上、私は“ 食 ”に執着がないもんだから、料理も苦手。
苦手なので、料理することはテンション下がり気味です。
でも、どうせなら楽しく料理した方がいいから、家族が「おいしい!」って言ってくれた料理(調理?)をここに残してみようかと思いたちました。
KO君とTO君は、小さい頃の好きだったことを話してあげると嬉しそうに聞いてくれるし、KO君とTO君の好きなメニューが増えるといいな。
すぐ企画倒れになるかもしれませんが(笑)

料理は苦手なので、シンプルで簡単なものだけど、家族に好評だったもの。
レシピじゃなくてアバウトなメモで書きます~^^


☆「 かぼちゃのチーズ焼き 」


かぼちゃ1/4個を一口大に切って塩を少しふり、電子レンジに、火のとおり加減をみながらかける。
(鍋でゆでてみたこともあるけど、煮崩れるので電子レンジが○)

がぼちゃに火が通ったら、バターを塗った耐熱皿に並べる。塩こしょう少々で味を調える。

かぼちゃの上にピザ用チーズをたっぷりかけて、トースターでチーズが溶けるまで焼く。


この「 かぼちゃのチーズ焼き 」シンプルだけど KO君とTO君 たけ父さんにも好評~^^
TO君は、野菜は苦手なものもあるけど、野菜のなかでも、かぼちゃは大好き。
KO君は、野菜大好きなので、かぼちゃも大好き。
昨日は、「 かぼちゃのチーズ焼き 」を見て、「やった~~!」と二人とも言ってました♪

同じかぼちゃを使って、かぼちゃをマッシュにしたバージョンもあるけど、それはまた今度 作った時に!


パニックの対処法について考える(2)

4年生に進級して、3年生の時は同じ交流学級だった支援学級在籍のお友達と交流学級が離れました。
3年生は、同じ交流学級だったので、支援学級の担任の先生がクラスの中に入って、TO君のこともよく見てくださってました。
学年が上がって4年生になったことと、通常学級に移行することも考えてのことと学級通信にあったので、少し距離を置いて見守ってくださることになったのでしょう。
今年度は、TO君の交流学級には、あまり入らずに様子を見ますと連絡帳に書いてありました。

そうなると、通常学級に移行を考えているので、いい練習の機会だと思ってますが、心配は心配です。
TO君は、どんどんお友達に関わっていくタイプなので、コミュニケーションが上手くいかなかった時とか、パニックになるんじゃないかと、ちょっと不安。
今までは、支援学級の担任の先生が、TO君の話を聞いて、TO君の気持ちをフォローしてくださることも多かったので心配です。。
やっぱり“TO君が自分で自分の気持ちのコントロールをすること”を教えていった方がいいみたいです。

春休みに少し その方法を勉強しようと、家にある発達障害関係の本で探してみました。
「発達障害を持っている人が、自分の気持ちをコントロールする方法」
本棚に、ざっと約50冊くらい? ちゃんと読破した本も、必要なところだけ読んだ本もいろいろありますが、気持ちをコントロールする方法、パニックを自分でクールダウンする方法。みたいな感じのものは、ありませんでした。
パニックを起こした人に対して、支援者が、どう対処するかということはあるんだけど、本人に対して「こうしてみよう!」みたいな具体的な方法はなく。。。

…なので、サポートブックの件で、支援センターに行った時に聞いてみたら、
「それは、それぞれの気持ちが落ち着くことが違うから、誰もが同じ方法にならないから、本には無いんだと思います。私達がやっている方法は、落ち着くこと、気持ちがいいと感じることを探していって、それぞれにあった方法を見つけて落ち着く方法として使えるか試しながらやってます。」(←こんな感じの内容の答えでした。言葉とか違っているかもしれません…。)

なるほど。。。
だから、本には書いてないのか。。。
TO君の場合、自分を落ち着かせる方法は一つあります。
音の感覚過敏があるので、ざわざわする場所では、絵を描いて集中して落ち着かせる方法です。実際、学校の朝のざわざわする時間帯で落ち着かせるために、学校に行って朝の準備が終わったらイライラしないように絵を描いているそうです。
あと、私達が一緒にいる場面では、病院の待ち時間とかも絵を描いて乗り切ってます。

問題は、お友達と遊んでいて、上手く関われなくてパニった時、例えば昼休みに外で遊んでいる時は、イライラしても絵を描けないじゃないですか。
その場で、落ち着ける方法、それに自分がパニっていることを理解して、遊びを中断できるくらいの自分のコントロール。。。
難しいですよね~~~~~。悩むところです。

家にある本の中に1冊、ちょっとヒントになりそうな小冊子がありました。

「リラックスのしかた おぼえよう」
アスペ・エルデの会

この冊子に「イヤ~な気持ちの時は、どうなる?」というページがあって、書き込み式になってます。隣のページには「今の気持ちをはかってみよう。」
そして、リラクセーションの仕方が、イラスト入りで丁寧に書いてあります。

この冊子を使って、まずは、パニックやイライラした時の気持ちを自覚してもらうことと、リラクセーションの仕方を取り入れてみようと思います。
すでに「イヤ~な気持ちの時は、どうなる?」は、春休み前にやってもらってみました。
すると、しっかり「イヤ~な気持ちの時は、緊張する。」となって、その緊張の度合いが数字になって現れました。

それを受けて、春休みからリラクセーションの仕方を毎日少しずつやってます。
簡単に書くと、
(1)腕、肩、などに力を入れてから、力を抜いてみる(脱力)。
(2)深呼吸をして気持ちを落ち着かせる。
(3)目を閉じて楽しいことを思い浮かべてみる。しばらくして目を開けて伸びをする。
という感じです。

最初は、TO君のためと思って、一緒にやり始めたのですが、なんかいいです^^
リラクセーションの(1)から(3)を一通りすると身体の力が抜けて気持ちいい。
TO君も今のところ気に入ってくれて、毎日やってます。
すぐには、パニックの対処法にはならないかもしれないけど いい感じなので、新しい4年生の生活のストレス軽減にはなるかも^^ と思ってます。

とりあえず、毎日やってみます!!


2011年4月 9日 (土)

4年生スタート!

4年生の始業式は、木曜日でした。
まだ、4年生になって木曜日と金曜日の2日。
とりあえず何ごともなく過ごしてくれました!!

TO君とKO君の小学校は、進級するたびにクラス替えと担任の先生が替わります。
今回、クラス替え KO君は1番一緒のクラスになりたかったお友達とは一緒にならなかったものの、仲のいいお友達とは一緒になったようです。
TO君は、一緒のクラスになりたかったお友達と一緒になりました。良かった~。

担任の先生は、KO君は、若い女性のしかも新任の先生でした。KO君は3年生も新任の若い女性の先生で、男性の先生に習いたかったみたいです。ちょぴしガッカリ。。。
TO君の交流学級の担任の先生は、50代の男性の先生。TO君的には、「優しそうな先生だった。」と言ってました。

支援学級在籍とは言え、丸一日 交流学級で過ごすことが多いTO君。
交流学級の担任の先生が替わっても、新学期に入る前に顔あわせがなかったのは、「新学期が始まってからでも大丈夫でしょう。」というコトだったみたいです~。
あぁあ…、超ネガティブな私としては、超・超・心配~~~~!!
それでも、支援学級の担任の先生は替わらなかったので、「担任が替わらないから大丈夫でしょう。」という意味もあったわけです。

来週の木曜日には、ケース会議をしてもらえるので、そこでお話しさせてもらえば少しは安心できるかな。。。
そのあとは、参観日、家庭訪問とあってTO君の様子もわかるかも。KO君も。
どうか、4年生も楽しく過ごしてくれますように!!

2011年4月 6日 (水)

明日は 始業式


いよいよ明日は、始業式です。
KO君とTO君は、4年生になります!

春休みの間に、教科書を入れている棚や、学校の図工作品を飾っている棚も二人に手伝ってもらって片付けは終わりました。
2年生の時の図工作品は、写真を撮って、どうしも残しておきたい物だけ残して
春休み前に、学校から持って帰った3年生の作品を 主に飾りました。
新しい4年生の教科書を入れる場所もばっちり。

今までは、私が一人で片づけていたけど、今年は二人も手伝ってくれて 楽になりました。
今までと違って、わりとあっさり いらない物といる物を分けてくれるし、工作は、解体してつぶしてくれるし、習字は たくさんある中から残す10枚選んでくれるし助かりました。

先週の土曜日には、散髪もしてサッパリ。
今日は、最後の春休み、まったり のんびりしています。

あと、変わったことと言えば…、
今年は、TO君のケース会議が、新学期前に ありませんでした。
入学する前から、ずっと新学期が始まる前に顔あわせをしてもらってたんですが、
これは、担任の先生が変わらないという意味なのか…
TO君は、新学期が始まってからでも大丈夫でしょう…という意味なのか。。。
謎ですが、その謎は明日、解けるでしょう^^
明日は、今までにも増して、TO君とKO君が帰ってくるまでドキドキです!
二人とも笑顔で帰ってくるといいなぁ。。。


将棋 少年


サッカー少年でも、野球少年でもなく
将棋少年、KO君です。

KO君は、春休みの間に、すっかり将棋にハマってしまいました。
春休みの前は、TO君と二人で将棋をするくらいでした。
二人で仲良く将棋をしてると「大きくなったなぁ…」って微笑ましく思ってました。
もちろん、ずっと前から二人で遊んではいたけど、なんというか
ルールのあるゲームを二人だけで遊ぶことって、そんなになかったので、しみじみ大きくなったなぁと。。。

ところが、春休みになって暇になったKO君。
多趣味のTO君は、勝手に一人で遊んでいたりして、
(TO君の趣味…絵描き、工作、ガンプラ等)
「なんかすることないかなぁ…。」って暇をもてあましていました。
暇そうだったので、子供向けの将棋の本を買ってあげたら、とっても面白かったらしく どんどんハマって、今では、たけ父さんも負けるほどになりました。
我が家で確実にKO君に勝てるのは、おじいちゃんのみ。
なかなかのものです。

サッカーとかバスケットボールとかスポーツにも興味はあるし、やってみたいらしいけど、放課後に練習したり、休みの日に試合があったりというのは、「まだいい。」みたい。
私としても、まだまだ小学生のうちは、そんなに頑張らなくても…と思うので、勧めてません。少年団ばかりになっちゃったら寂しいし。。。
子離れしてないなぁ。
そんなKO君が、将棋にハマって、ちょっとホッとしました。
やっぱり なにか楽しみがあった方がいいもんね。
将棋は、ちょっと渋いけど(笑)
どこまで強くなるかな。


2011年4月 4日 (月)

心のある場所

「心を作り出すところは、どこでしょうか?」

ずいぶん前に KO君がこんな質問をしました。

「のう(脳)でしょ?」 たけ父さんと 私の答え。

「そう!正解~!なんだ~。知っていたんだね。」と ちょっと残念そうなKO君に、

たけ父さんが逆に質問

「じゃあ、心はどこにあるでしょうか?」

KO君は、迷わず胸に手をおいて 「ここ!」

「そう? でも 心は脳で作られてるんじゃなかったけ?」と たけ父さん。

「え~~~????」

「脳は、ここ、頭でしょ。」と言われても

KO君は、なんだか納得してない顔をしてました。


この会話が何だか ずっと印象に残っていて

いつか、この会話を 記事に残しておこうと思ってました。


最近、心ってやっぱり ここ(胸)にあるんじゃないかなと思います。

嬉しいことがあれば、胸が躍り

悲しいことがあれば、胸が痛み

切ないことがあれば、胸がきゅんとなる。

KO君と同じ様に

やっぱり心は、ここ にある。

そう思います。




~* 追記 *~

この記事を読んだ たけ父さんに

「心は、やっぱり脳だろう。頭だよ。」と突っ込まれました(笑)

「でも、こういう子供の感性がいいんだよ。」と言うと

「はんっ。もう少ししたら、KO だって 心は、頭にあるって言うで。」

確かに、そうかも。

だからこそ、ここに残したかったのかも。。。


« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ