2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の16件の記事

2011年1月27日 (木)

「うらで手を回したでしょ。」

2学期の終わりのケース会議でお願いした算数の授業のことを先生方が検討してくださった結果、3学期は 交流学級の☆組と支援学級と交代で授業を受けることになりました。

そのことを、お帰りの会の後に説明を受けていたTO君。
一緒に帰るため 待っていたKO君も、側で聞いていたのか…
どこで聞いていたのか…しっかり聞いていて

帰宅して宿題をしている時にKO君が

「お母さん、TO君 ☆組で算数をするの?」と聞いて来ました。

「うん。そうだよ。☆組と○○組(支援学級)で 交代でするんだよ。」と私

そしたらKO君がひとこと。。。


「へぇ~そうなんだ~。お母さん。また うらで手を回したでしょ!」


うらで手を回したって…KO君、そんな、人聞きの悪い。。。

「うらで手を回してないよ~。」私

「うそだぁ~。絶対、お母さんだって~。」KO君

いや、その、手を回したっていうわけじゃないけど
お願いしたのは私だから、やっぱ私?

「いや、その。。はい。お母さんがやりました。」私

「やっぱりね、そうだと思った♪」KO君



すべてお見通しのKO君。
この話を「言葉の教室」のF先生に話したら 大ウケ。。。

「KO君は、良く分かってますね~~~(笑)」

ほんとに(笑)何でも分かってますわ。
KO君、自分が1番TO君の事は分かってると豪語しております。



ところで算数の授業を☆組で受けたTO君は、とりあえず無事 ☆組で受ける単元を終了。
☆組で受けた授業は「2けたのかけ算の筆算」

最初は、☆組の授業のペースの早さにビックリしてました。
でもなんとかついていってくれたらしいです。
先生から「大丈夫でした。」と聞いてホッとしました。

授業を少人数から通常学級に戻すときは、やっぱりTO君の特性を考えると
クラスにも慣れた3学期が1番 安心です。
今回なんとかついていってくれたらしいので、4年生も同じように
算数は、交流学級と支援学級と交代交代で受けられると理想的なんですが
これまた、4年生に進級するときにお願いしないといけません。
今回、☆組でのペースの早さに驚いていたけど、知らなかったら ずっと今までのペースのままだったと思うし、いい刺激になったんじゃないかな?と思います。

こういう授業を少人数から通常に戻すことは、なかなか先生方からは提案してもらえません。
生徒側(TO君)に負担がかかるからかもしれません。
その辺のフォローは、帰宅してからの様子や宿題をしている時は、しっかり私がついているし
宿題の丸付けややり直しは、たけ父さんが付き合ってくれてるから2重チェック体制で、TO君をフォローしてます。
なので、「今だっ!」と思ったら、たけ父さんと相談してケース会議の時にお願いするようにしています。
TO君はマイペースですが、今いる場所で割となんとか合わせることも出来ます。
まあ、実力以上は出せませんが、背中を押してやるとステップアップしてしまう。。。
だから、つい、背中を押してしまうのですが、今回もTO君、なんとかしてしまったようです。

TO君、頑張ってくれてます!



「Plus」と「勝負食」

今更ながら DVD「Plus」の感想です。。。
えっと、「Plus」良かったです。

まず収録された演技が、
・eye(2010年バンクーバーオリンピック)会場音のみ
・道~ラ・ストラーダ~(2010年トリノ世界選手権)会場音のみ
・マンボ(フレンズオンアイス2010)

バンクーバーの「eye」とトリノ世界選手権の「道」の会場音のみは 録画出来なかったので、しかも高画質の映像、とっても嬉しいです。
(自分で残しているDVDは、いまいち自信がないです。)
「マンボ」もフレンズオンアイス。ここからスタートですもんね。

それからインタビューも興味深かったです。
歌子コーチにトレーナーさん、振り付け師のパスカーレさん、シェイリーンさん。
そして大輔選手。
インタビューは、いつもニュースで見て録画はしないので、ゆっくり聞けて嬉しいです。

シェイリーンさんとの「マンボ」の振り付けも、こうしてプログラムは出来ていくんだ!って興味津々で見てました。

前作のDVDもですけど、「Plus」も ほんわかした感じです。
そこがまた大輔選手らしいのだろうけど^^




それから「勝負食」のこと。

大輔選手が「Plus」の中で、栄養士さんについて話すところがあるんですが
「葉っぱには葉っぱの意味があって、根っこには根っこの意味があって、実には実の意味があるんですよ。」って、その栄養士さんの言葉が気になって、どこかで栄養士の石川三知さんの書かれた本を見たことがあり、ネットで探して購入しました。

■勝負食 トップアスリートに学ぶ本番に強い賢い食べ方

 石川三知 著    講談社+α新書
(2008年3月20日発行の本なので、大輔選手のことは書いてありませんが、石川さんが担当された選手のことがコラムとして書かれています。)

まだ、全部読んではないですけど、栄養学について分かりやすく書かれてて、とっても読みやすいです。
「勝負食」は アスリートの勝負するときのものだけじゃなくて

“ 日々元気に活動していくこともまた、疲労と加齢との「勝負」といえるのではないでしょうか ”…とあって、
とても興味深いです!

もう、日々、疲労と加齢との戦いですから!
そして、育ち盛りのKO君、TO君にも きっと良いことだし、頑張って読んで
取り入れられるところは取り入れたいと思っています。
毎日の食事って大きいですもんね。

頑張ろっ!!







アジアカップ 日本×韓国

火曜日の夜にあったアジアカップ 日本×韓国戦
KO君とTO君を寝かせて、ちょっと沈没しそうだったけど
なんとか後半から見ることが出来ました。

すごい試合でした。
さすが真剣勝負の韓国戦。1対1のまま延長戦になって
延長の前半に日本が勝ち越して、延長後半も終了間際の韓国が同点に追いつくという展開。
試合中、驚いたのが長友選手の運動量。しかも速い。攻撃に参加してたかと思うと
ピンチが来て、もう戻ってるしって凄かったです。
本田選手も岡崎選手も凄かったですね。
PKは、川島選手が2本止めてくれて3(PK)0で勝って決勝に進出!!

日本 頑張った!!

真剣勝負の韓国戦の勝利は大きいです。
しかし、次も ウズベキスタンを6-0で下した強敵 オーストラリア。
でも、ここまで来たんだから勝って欲しいです。



日本×韓国の試合結果を聞いたKO君とTO君も大喜び。
KO君は、決勝は29日 土曜日の夜と聞いて喜んでましたが
キックオフは翌30日の午前0時~~~。
残念だけど、この時間は見せられないな。
KO君がっかり。時差があるから仕方がないね。

決勝は土曜日の深夜ということなので、今回も見ることができるかな?
オーストラリアに勝って優勝するところが見たいです。

でも、残念なニュースが。
香川選手が右足第5中足骨(右足小指の付け根)の骨折。
決勝は欠場だそうです。
とても残念です。
全治はまだ不明らしいですが、ドルトムントで活躍していただけに
リーグ戦の方も残念です。
香川選手の怪我が早く回復しますように。。。



2011年1月25日 (火)

交通立ち番


毎日、寒い日が続いています。
今日は、小学校の育成会(子供会みたいなもの)の交通立ち番の当番でした。
通学路の交差点に旗を持って、約25分間
寒さに震えながらお役目を果たしました。
ほとんど動かないで、子供達が渡るときに旗をもって横断歩道に立つだけ。。。
凍えました。。。

この交通立ち番をするにあたり、KO君から私 指導を受けました(笑)

「お母さん、交通立ち番のやり方知ってる?」KO君

「うん。何回もやってるし。」私

「じゃあ、これは?」KO君 旗を持って進んでOKの動作

「進んで良い。」私

「そうだね、じゃあこれは?」KO君 旗を持って止まれの動作

「止まれ!」私

「うん!大丈夫だね。頑張ってね。」KO君

3年生に、ちゃんと出来るか確認される母。。。


…で、一応ちゃんと交通立ち番が出来てたか、KO君に聞いてみた。

「まっ、まあまあじゃない。でも、あんなに横断歩道の真ん中まで行かなくてもいいと思うよ。」とKO君

え~~ん。寒いのに頑張ったのに~ダメだしぃ~~~ (ρ_;)

「でも。まっ、いいんじゃない。」がKO君の母の交通立ち番の評価。

KO君 小学3年生。いろいろ言いたいんですかね~~。






すごい点数 & サッカーアジアカップ準決勝

カナダ選手権の男子シングルは、チャン選手の圧勝でしたね。
あまりにすごい点数で 唖然。

SP    88.78
FS   197.07

総合得点 285.85

ネットで 動画とプロトコルを見ました。
フリーは、4回転2回に 3A。他のジャンプもミスなしだったら、こんな点数が出るんですね。
でも、確かにすごい点数だし、ノーミス演技もすごいけど、カナダ選手権と世界選手権は、また別。

勝負は やってみなくちゃ分からない。
そこがスポーツのおもしろいところなんだから、世界選手権は 楽しみにしてます。



楽しみと言えば、今日はサッカー アジアカップの準決勝!
しかも相手は、韓国!!
親善試合ではなく、真剣勝負の韓国戦。
どうなるか興味があります。いい試合になるといいですね。

しかし、今日は、たけ父さんが出張で不在なので人手不足.。中継が見られるかなぁ。
頑張って、KO君とTO君を寝かせたら、沈没しそうだ。。。
一応、録画予約しています。
HDDの容量が少ないので、画質は落としてですが。

前の試合の準々決勝 カタール戦は、金曜日の夜だったので、久しぶりに見ることが出来ました。
相手は開催国で、完全アウェーの試合 2度リードを許して、退場もあって一人少ない状態だったけど、見ていて おもしろかったです。
私の中では、この試合は 香川選手が良かったです。
新しく10番を任されて、予選リーグは得点が無かったし
やっぱり10番って重いのかなって思ってました。
そこにこの活躍。
今日の試合も香川選手、頑張ってほしいです。

久しぶりにサッカーの試合を見て、サッカーもいいなと思いました。
KO君は、完全にフィギュアスケートよりサッカーです。
まあ、サッカー選手になりたいって言うくらいだし当然か (´▽`)
なかなか一緒にフィギュアスケートを見て盛り上がってくれないので
ちょっと寂しい。

2011年1月24日 (月)

じわじわと。。。

誕生日がきて

今年から もう母に 「誕生日おめでとう。」って言ってもらえないんだと思うと

なんだかとても寂しくなって

きっと私が生まれてから

ずっと私に言ってくれていた「誕生日おめでとう。」が

今年からは、聞けない。

今年は、寂しい初めてが いっぱい。

こんなふうに、じわじわと寂しくなるのかな。



2011年1月21日 (金)

一人で下校♪

今週の月、火とKO君は風邪で学校をお休みしました。
TO君は、私とKO君が風邪をひいている中、とりあえず元気に学校に行ってくれてました。

しかし。。。
TO君は、まだ一人で下校してきたことがありません。
1年生の時は、私が送り迎え。
2年生からは、KO君と一緒に帰って来てました…。
KO君が学校を休んだ時は、私が学校の近くまで迎えに行っていたので
3年生の今まで一人で下校したことがない。

でも今回、私も風邪をひいていてお迎えに行くのは厳しかったので
思い切って、一人で帰ってもらうことに…。
しかしTO君は、ちょっと注意力散漫な所があって、なんだか危なっかしい。
心配性の私は、ネットで地図を印刷して、信号など危なそうな所に注意書き(信号をよく見て車が来ないか確認する等)をして、朝 学校に行く前に TO君に見せました。

「うん。わかった。ちゃんと見るよ。」とTO君。
「ね。この地図持ってく?」私
「いらない。大丈夫!」TO君 一蹴!

え~、心配なのにぃ…。

この日のお昼。KO君と二人でお昼ご飯を食べていて(心配性な二人の会話。。。)

「ねぇ、TO君、一人で帰って来れるかな?」私
「大丈夫でしょ。3年生だよ。」KO君
「そうだよね。うん。」私
「あ、でも…。ボク見に行ってこようか?」KO君
「なんで?大丈夫って言ったじゃない。」私
「いや、ちょっと心配。。。」KO君
「いや、でも、こんなことがないと一人で帰ること無いから、一人で帰ってもらおう。」私
「そうだよね。うん。」KO君

なんとか、迎えにいくことを踏みとどまって、TO君が学校から帰ってくるのを待ちました。

ピンポーン

「帰ってきたよぅ!」

元気に帰って来てくれました~~~。
良かった、良かった。

しかし、一人で下校も二日目になると…
帰宅後ぐったり~~~。
「ぼく、疲れた~~。」を連発。
TO君曰く「KO君が学校をお休みだから、連絡帳を持って行かないと行けないから、頑張って学校に行ったよ。でも疲れた~~。」だそう。

(うちの小学校は、お休みは連絡帳で連絡することになっている。電話は原則禁止。)

KO君が学校に行けるようになって、入れ替わりで倒れました。
この時は、風邪というより、頑張りすぎ?な感じの発熱(37.1℃)でした。。。
頑張ったね。TO君。

そして、次の日は復活して学校に行くも、今日は。。。
本格的に、のども痛くなり、セキは出るし鼻水は出る。目は潤んで涙目。
お休みしてます。熱はなぜか36.7℃。これから熱が出ないといいけど…。

しかし症状の出方が、同じ風邪でもKO君とTO君は違ってて
でも、私とTO君は 症状が一緒。
私も、涙目のアレルギーが出て、目は真っ赤になって、セキはひどいし鼻水もひどくて。
KO君は、熱がちょっと高めに出て(37.7~38℃)セキと鼻水は一緒。
あと、のどの痛みは三人とも。
なんか、こういうときに遺伝子を感じマス。

私は、やっと風邪から復活しつつあるけど、古傷の肋骨が痛い。
前に肋骨を骨折したことがあって、今回セキがひどかったから、また肋骨にヒビでも入ったのかなぁ。痛いところが一緒。
私、骨密度低いし、やっちゃったかな。。。
なかなか復活出来ません。。。。





 

2011年1月15日 (土)

そりゃあんまりだよぉ


昨日は、オープンスクールでした。
私は、声の出なくなって咳がヒドイ風邪をひいていて
ヨロヨロしながら学校に行きました。

KO君は、私の風邪が移って 今日はお休み。
金曜日だったので荷物を取りに行くついでもあって
最後の方にちょこっと見に行きました。

TO君。ちゃんと真面目にやってました。
うん。よしよし。

しか~し、帰りの準備がおそ~~い。
廊下で延々待つ。
いつも、KO君はこうやって待ってるのか。。。
帰ったらKO君をほめなきゃ。。。
と思いながら待ってました。

やっと帰る支度が出来て
家に帰って…

声の出ない私。
いつものおふざけTO君。
怒るに怒れない私を見て…

「お母さん。今日は怒る気力もないの?」TO君
「うん。声でない。」私
「わーい、やった~。怒る気力がな~い!」と喜ぶTO君
「……。」私

TO君。
そりゃあんまりだよぉ。


(ノ△T)


「勝負しに行く」


12日の「スーパーニュースアンカー」と13日の「すぽると」の動画を見ました。
(投稿者様 ありがとうございます m(_ _)m )

この番組の中で全日本のことを
「 久しぶりに本当に勝負にいけた感じは自分でも感じられましたし
 そういった気持ちで勝負にいかないと勝てないというか
 空気に勝てないんだなと感じられたので
 世界選手権では気合いを入れて行きたい 」(スーパーニュースアンカー)

「 久々に今回勝負が出来たというか、自分から勝負をしにいけた
 怪我する前の気持ちを思いだしたので、世界選手権はそれぐらいの
 気持ちがないと勝てない 」((すぽると)

と大輔選手はコメントしてました。
勝負しに行くということを思い出したと嬉しいコメントでした。

「勝負しに行く」という言葉 格好いいです。
普段は 私達は もちろん使いません。
アスリートに似合う言葉です。
アスリートに大事な勝負しに行くということ
でも、常に気持ちをコントロールして勝負に行くということは難しいのかもしれません。

勝負に行った全日本のフリー演技はめちゃくちゃ凄かったです。
世界選手権では、勝負しに行った「マンボ」と「ピアソラ タンゴ」を是非見たいです!!


それから、関大の壮行会の様子が「ブースポブログ」にUPされてました。
スピンを変更するんですね。
どう変わったか分かるように、スピンの種類とか少し勉強してみようと思います。


■「ブースポブログ」
http://www.boom-sports.com/


私は、アイスショーや試合には行けないので直接 大輔選手に声援を送ることは出来ませんが、ここから +(プラス)の気持ちを送っていきたいと思います。。。

ガンバレ!大輔選手!!


2011年1月12日 (水)

いま kara 過去(2005)へ



先週は、名古屋フィギュアスケートフェスティバル、ジャパンスーパーチャレンジ2011、スターズオンアイス大阪公演 がありましたね。
私は、生観戦は出来ない環境にいるので、ニュース等で ちらっと映った大輔選手を見ただけです。
フィギュアスケートフェスティバルの 「アメリ」 以外は、 NHK杯の柄シャツ「マンボ」だったとか。フィギュアスケートフェスティバル以外は、「マンボ」ということは何か意味があるのかな?
ニュースではちらっとしか映らなかったので、調子まで分からず…どうなのかな。
少しでもコンディションが良くなっていますように。。。

それから、小塚選手は インカレ 4回転が綺麗に決まっての優勝でしたね。
今季は好不調の波もなくて安定してますね。おめでとうございます。
2位は、無良選手。今季のSP、FSとも無良選手のプログラム好きです。
無良選手のジャンプが好きなんですよね。
大輔選手のジャンプが好きというのと同じ感覚なんですが、ガツンと大きくて。

小塚選手は、次の試合は 四大陸選手権。
無良選手は、町田選手とアジア冬季競技大会。
四大陸選手権は、CSで放送がありますよね。地上波もあるかも知れないけど
地上波は、あんまりあてに出来ない環境なのでCSを契約予定です。
アジア冬季競技会は、放送があるのかな?
あったら見たいなぁ。。。
小塚選手も無良選手も町田選手も頑張って下さい!

そうそう羽生選手のNHKの特集も見ました。
頑張っている羽生選手を追っていて良い番組でした。
羽生選手は、次は四大陸選手権。
羽生選手も頑張って!



私の住んでいるところはテレビ観戦の環境もイマイチで
次に大輔選手の映像が見られるのが、2月8日のBS ジャパンの「スターズオンアイス」
2月13日のフジ系の「ジャパンスーパーチャレンジ2011」は放送がないかも?だし
こうなったら過去にさかのぼります(笑)

ちょうど今HDDを整理していて、昨年の12月に再放送された過去のNHK杯等があるので、過去の大輔選手のプログラムの感想などを自分の記録用に書こうと思います。
オリンピックからのファンの私にとっては、見たかったものばかり。
長くなっちゃいますが、2005年から。。。
2005年NHK杯の映像の感想です。

「ロクサーヌ」

切ない曲調に、男らしい力強い感じのするプログラムで、ふわっと浮いてくるくるっと回る感じのジャンプは、やっぱり好きですね。
スケートも伸びやかで、ステップは切ない曲調にあってて、なんていうのかな
SPは、いつもあっという間ですね。
もっと見ていたいと思わせます。

「ピアノ協奏曲 第2番」 ラフマニノフ

大輔選手のクラシックは、初めて見ました。
プログラム最初の柔らかい動きが大輔選手らしくていいです。
3つあるコンビネーションジャンプの後の曲調が変わってのスローなところが
また 大輔選手らしくて、手の動きやスケーティングが綺麗。
その後の3Aも すごく綺麗でした。
ジャンプは、ふわっと跳んでくるくるって感じのジャンプで、やっぱりいいです。

「ロクサーヌ」の切なくて力強い感じと このクラシックのピアノ曲の柔らかい曲調と
ピアノの強弱にあわせて滑っているところが、SPと違う魅力が出てますよね。。。
このNHK杯は、ジャンプミスが響いて得点は伸びませんでしたけど
素敵なプログラムだと思います。
大輔選手のクラシックのプログラムもいいなぁ。。。
オリンピック前のプログラムの映像を集めたDVDも編集のついでに作ろうっと^^

2005-2006 シーズンの主な成績

☆2005
スケートアメリカ    優勝
NHK杯            3位
グランプリファイナル  3位
全日本選手権大会  優勝

☆2006
トリノオリンピック8位入賞










にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スケート

 

2011年1月 9日 (日)

個性に変える



最近、TO君のことで決心したことが一つ。
今まで悩んでいたから、少しすっきりしました。

私にとって2010年は、変化の年でした。
マイナス思考の人間なのに無理矢理、前を向いて頑張って来たから
2009年から2010年の初めまで行き詰まってました。

なんというか、自分でも気が付かないうちに
TO君の持っている「発達障害」が、TO君の一部というとらえ方じゃなく
TO君のすべてになっていたのかもしれません。

TO君は「発達障害」だから中学はどうなる?

TO君は「発達障害」だから高校はどうしたらいい?

幼稚園から小学校に入学することが一つのゴールのような幼児期から
小学校入学してからの児童期に入って、その先の中学校、高校、社会人と終わりのない先の見えないトンネルに入ったようで焦燥感がありました。

これでいいんだろうか…誰も答えてくれない焦りがあって
押しつぶされそうでした。

でも、昨年一年間 ちょっと力を抜いてみました。
休眠状態だったブログを再び書き始めて、新しくファンになったフィギュアスケートの高橋選手の試合やアイスショーを楽しみにして、ブログに高橋選手の記事まで書くようになりました。
そうしていたら、すこし楽になりました。

TO君とKO君の楽しそうな笑顔や学校から帰っての二人の会話。
TO君も、自然に普通に小学校3年生でした。
TO君は「発達障害」のために苦手なことや出来ないこともあるけど
支援ツールを使ったり、何回か経験することで出来るようになります。
それは、ちょっと回り道だけど、でも出来るようになることには変わりはないです。

「発達障害」がTO君のすべてじゃない。

障害はTO君の一部であって、その障害も、やりようによっては個性に変わるって思えるようになりました。
それは、TO君が成長してくれたからだと思います。

TO君には“恐竜博士になる”という夢があります。
それはいくらなんでも、ちょっと無理だろうって思うけど、TO君は本気です。
「お母さん、ぼく大きくなったら、外国に行くからね。でもときどき帰って来るから待っててね。」「恐竜の化石の発掘にいくんだ!」って目を輝かせてます。
彼が信じている彼の可能性を親の私が否定してどうするんだ、もしかして本当に“恐竜博士になっちゃうかもしれない”
まぁ、ちょっとあり得ないけど(笑)

自分の可能性を信じて無邪気に笑うTO君とKO君の夢を大事にしないといけないなぁと思います。
TO君の障害だって、苦手なことや出来ないことを出来るように一緒に考えて乗り越えて行けばいいんだって、そうやってプラスに考えれば、前を向けば、きっと障害はTO君の一部で、個性に変えられると信じようと思います。

今年からの目標は、障害というハンデを個性に変えていくこと。
TO君を支えて頑張って行こうと思います。










にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育てブログ 自閉症児育児

子育てブログ 二卵性双生児

 

2011年1月 7日 (金)

救急デビュー!


冬休みもあと二日という日の午後 宿題をしているTO君が
「頭が痛い。」と言うので、「それなら ちょっと休んだら。」と声をかけたのですが
「ううん。大丈夫。」と宿題を続けていたので、それほどでもないのかな?と思ってました。宿題が終わった後に、「頭痛いの大丈夫?」って聞くと
「うん。もう大丈夫。」と言っていました。
その後は、KO君と仲良くチャレンジの付録(オルゴール)を作っていて
楽しく元気に遊んでいました。

ところが。。。
たけ父さんとKO君と三人でお風呂に入ったTO君。
なんと お風呂で倒れました!
KO君が知らせに来てくれて、お風呂に行くと
ぐったりとお風呂の床に座り込んでいるTO君。
身体を洗って、お風呂につかってお湯から出て、身体を拭いている時に
頭がガンガン痛くなって、お腹が痛くなって身体が重くなってふらふらしたと
後から説明してくれましたが、たけ父さんが見たTO君の様子は
突然ふら~として白目をむいて、たけ父さんのいる浴槽に倒れ込んできたと。
もう、びっくり!!

とりあえず、風邪をひくといけないので、私がTO君の身体を拭いていると
「頭が痛い。」と言うので、「大丈夫?気持ち悪くない?」と聞いたとたん
TO君  嘔吐 !!
顔色と唇はまっ白で血色がなくて
またまた、びっくりというより、今度はビビッった!
とりあえず、お風呂場でTO君をきれいにして、二階に連れて行き服を着せ
私は後始末をして、二階に戻ると TO君の顔色も血色が戻り、本人もビックリした様子。
でも、まだ身体が重い感じでした。

たけ父さんと相談して、もう夜だから何かあると怖いので救急外来に連れて行くことに。
KO君は、今まで二回ほど救急外来に連れて行っていましたが、TO君は初めて。
KO君の一回目は、お腹をものすごく痛がって夜中に救急へ
二回目は、夜中にKO君が突然発熱。「もう死にそう~。病院連れて行って。」とKO君。
確かに凄い熱で「死にそう。」に ビビッて救急へ。
この時は、これで治まらずに熱はどんどん上がって、翌日、かかりつけの小児科に受診中に40度まで熱が上がって、点滴中に吐くし、この時もめっちゃビビりました。
この 熱が下がったKO君をかかりつけの小児科に連れて行くと、先生もビビってたらしく、「大丈夫だったんだね。よかったね。何もなくて。」と言われました。
そんぐらい怖かった。。。

しかし今回のTO君もとっても心配で、夜間救急に連れて行くと
当番の先生は「おそらく いわゆる立ちくらみでしょう。お風呂で起こったので、血管が開いていて、急にそういう症状がでたのでしょう。心配なら冬休みだし、かかりつけのお医者さんに相談されたらいいと思います。」と言う そっけない返事…。
たけ父さんも、私も、まぁお医者さんがそういうならそうだろうと
一応一安心しました。

翌日は、心配なので ゆっくりさせていると、やっぱりちょっと頭が痛いというので
かかりつけの小児科にTO君を連れて行きました。
今度は、わかりやすく親切に医学書を見せながら話してくれて

「おそらく一番可能性が高いのは、起立性調節障害 いわるゆる 立ちくらみ ですね。
これは、自律神経がからくるもので、長い休みで生活のリズムが乱れているとき
夜更かしをして、次の日 朝早く起きたりとかした時に起こりやすいです。
あと、まぎらわしいのが不整脈とてんかん。不整脈は、出た時しか分からないから、もしまたこんなことがあったら、脈をとってみると分かるので、普段から練習しておいてね。」と言われました。

先生からは、「早寝、早起き、朝ご飯が一番だよ。休みの日とかつい崩れがちになるけど、リズムをくずさないこと。」と言われました。
「分かりました。頑張ります。」って言って帰ってきましたが…母、反省です。

確かに、お休みで生活のリズムは乱れていたし、倒れたその日も前日夜更かしをして早く起きていました。自律神経ってこわい…。
ただ、不整脈等のこともあるので、脈をとることは練習をしとかないと。

もう一つの不安は。。。
TO君みたいに「発達障害」を持っていると、脳波の異常があることが健常児より多いと聞いているので、いつか脳波の検査をしてもらわないといけないと思っていました。
今回、こんなことがあったので、こちらの主治医の先生にも相談に行ってきます。

TO君とKO君は、昨日から冬休みが終わって学校に行っています。
昨日も今日も元気よく学校から帰って来てくれているので、ちょっとホッとしてます。
でも~、マイナス思考、ネガティブ人間の私としては、超~~~心配です。
本人は、元気まんまんで全然大丈夫そうなんですけどね。
私は、新年そうそう めっちゃビビりました。。。
もう、こんなこと ありませんように!








にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育てブログ 自閉症児育児

2011年1月 4日 (火)

年越しモンブラン?!

2010年ー2011年は、正月らしいことはしないことにしていたので、
KO君とTO君に「今年は年越し蕎麦はないよ。」と言うと
「え~~~~!」と楽しみにしていた様子。
がっかりしていたのはつかの間で、TO君が「じゃあ、年越しモンブラン!」と言い出しました。

いつだったかテレビで美味しそうなモンブランを見たTO君
モンブランが食べたくてしかたないらしいです。
それにKO君も賛成して「年越しモンブラン食べたぁい~♪」と言うので
年越しにケーキを食べることになりました。
紅白を見ながら、夕食を食べる、食べる。
KO君なんかすごい食べっぷり。TO君もなかなかのものがありました。
だってたけ父さんが遠慮してたもん。
その上にケーキも食べるの?ってなくらいに二人とも凄かった。

それでも、しっかり年越しにモンブランを食べて
「もう食べられない。お腹壊しそう。整腸剤飲んで寝る。」
と二人とも整腸剤を飲んで寝ました(笑)
そこまで食べるな~~~~!
すんごい食いしん坊な二人です。

TO君なんて小さな頃は、白いご飯とミニトマトしか食べないくらい好き嫌いが多くて
どうしたら食べてくれるんだろうって悩んだこともあったのに。
今は、普通に好き嫌いはあるけど、割と何でも食べられるようになってくれました。
でも舌は敏感で、KO君より味にはうるさいです(笑)

KO君とTO君が中学生や高校生になったら、どれだけ食べるんだろうって考えるとこわいけど、なんとかやり繰りするしかないかな。
母は料理の腕を上げなければ。。。










にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育てブログ 二卵性双生児

 

2011年1月 1日 (土)

ケース会議Ⅱ(3年生2学期)

クリスマスイブの日は、TO君のケース会議がありました。
いろいろ思うことがあって、気合いを入れていったのですが、
なんかこう、いい意味で、肩すかしを食らった感じでした。

私は、2学期最後の参観日の懇談会の時に、支援学級の担任の先生に
(支援学級の担任の先生とのみ1対1での懇談)
「支援学級を5年か6年で卒業させるために、少しずつ交流学級での時間を増やしたい。」みたいなことを言ったのですが、担任の先生は
「今のTO君にとっては、算数の時間は、勉強だけじゃなくて、クールダウンの時間を兼ねているから…。少なくするのは、どうかな。」というお返事でした。
(※TO君の支援学級でも授業は算数のみ。)

その後、立て続けに
TO君の音の感覚過敏が出たと連絡帳にあったり、昼休みの遊びで上手く遊べなくて泣いたり、体育の時にドッジボールでボールがもらえなくて悔しくて泣いたりと連絡帳にあったので、てっきりTO君はちょっと交流学級でパニることが多いのかと思っていました。
それならそれで、考えなきゃいけないし、TO君は最近、マイナスなことは極端に言わないようになってきたので、これはマズイと、思って気合いが入ってました。

いざ、ケース会議に臨むと、ともかく「TO君は頑張ってます。」と支援学級の担任の先生も交流学級の担任の先生もおっしゃる。
先生~これって、どういうことなのでしょう?
という言葉を飲み込みつつ、話を聞いていくと、どうもちょっと みんなから守られて優しくされていた2年生の時と違って
3年生では、みんながTO君の事を対等に扱ってくれているらしく、それが、ものすごく頑張っているように先生方の目にはうつるらしい。
私達にとっては、お友達がTO君を対等に扱ってくれることは嬉しいことなのですが、
先生方は、こんなに頑張っているから、息を抜かせてあげないと。大丈夫だろうか?と心配してくださっているように感じました。

パニっていることは、パニっているらしいのですが、そのパニぶりはみんなと同じ程度のもので、そんなにたくさんあるわけでもないし、迷惑をかけているわけでもなくて、みんなの中で揉まれて成長しているということでした。

ならば、私達としては、もうちょっと頑張ってもらって徐々にステップアップを!
と思うのですが、無理させすぎなのかな?
立ち止まってしまったら、そこから進まないと思うので
少しでも前に進ませたいって思うのは厳しすぎるかな?
いざとなったら「支援学級がある」という心の支えは大切だけど、それが「甘え」にならないだろうか?と思ってしまいます。

先生方には、ともかくTO君がマイナスなことは話さなくなったので、情報のフィードバックをお願いして、「甘え」にならないように支援学級を使っていきたいことを話して来ました。
そのことをふまえて先生方は「3学期から算数の時間の導入部分は支援学級の方が頭に入りやすそうなので支援学級で、まとめに入って来たら交流学級で、というような形を検討して後日お知らせします。」と約束して下さいました。
今すでに、算数のテストは交流学級で受けているので、最初の導入部分だけ頭に入ってからなら、TO君も頑張ってくれそうです。
TO君に無理をさせないように様子をみつつ進めていきたいと思ってます。

どう考えても、少しずつ少しずつハードルを上げていく方がいいと思うんですよね。
いきなりは難しいと思うし。
自信もつけば、また成長してくれるし。。。
どうなるかは、3学期が始まってからですが、良い方向に向かっていけたらと思ってます。










にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

子育てブログ 自閉症児育児

紅白&おしえて!

毎年、大晦日は紅白を見て過ごしますが、2010年は楽しみがいっぱいでした。
私は、コブクロのお二人も大好きなので、コブクロが写るたびに
「あっ!コブクロ!」
そして、今年は大輔選手もゲスト審査員。。。
大輔選手が写ると「あっ!高橋くん!」(家族と話す時は、こう呼んでます…)

KO君、TO君もコブクロが写るたびに「お母さん。コブクロ!」
大輔選手が写ると「お母さん、高橋選手!」でした(笑)

コブクロの歌も聴けて、大輔選手も見ることができて
「トイレの神様」で泣いた紅白
2010年の紅白は、幸せでした♪

「おしえて!」は、ほんわかした いい番組でした。
子供達の質問に真剣に答える大輔選手。
頑張ってる子供達。

大輔選手の言葉の中で印象に残った言葉
「ただひたすら続けることも大事」
「続けることに意味があって、それは、そのものに対して成果が出なくても、違うものには成果が出ると思うので。。そういう風に思えばいいかな。」

良い言葉。。。

それから、「最後にご両親の方々には1つ言いたいんですけど」
「お子さんを見守るだけでいてほしいなと。何も口を出さずに、見守ってあげてほしいなと思います。」という言葉。
本当は、フィギュアスケートを習っているお子さんのご両親への言葉かもしれないけど
ちょっとぐっときました。

見守るって大事ですよ。なかなか出来ないけど。
今、うちのTO君KO君は、あれこれ口を出さず、見守る時期に入って来てるとわかってるけど、口を出しちゃうんですよね。
頑張って見守ります、ハイ。

年末、フィギュアスケートの試合の再放送がいっぱいあって、たくさん録画予約していたら
「予約ずっとフィギュアじゃん。」と たけ父さん。
「いや、その オリンピックの再放送もあって~。」と私
「あ~、オリンピックの頃はまだファンじゃなかったから、ちゃんと撮っておきたいのか。まあ、気持ちはわかる。でもNHK杯は?」
「えっと。SPとフリーそれぞれ50分くらいになってたからDVDに落としやすいかなって~。」
「まぁいいけど。」…ありがとう録画を許してくれて。。。

フィギュアスケート。録画しまくってますが、整理出来てません~。
どうしよう…。
初めてのシーズンなので、試合ごと全部残すべきか、大輔選手のみでDVDを作るか
悩む~。
DVDもビデオより場所は取らないけど、枚数が増えすぎるのも困るし…。
なんだかKO君とTO君のアニメのDVDに迫りそうな勢いです。

HDDの容量は、だんだん空きが少なくなってきてるので、いい加減 整理しないといけないし。。。
あぁ、頑張れ、私!!










にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スケート

2010ー2011

今年もマイペースに、TO君とKO君のこと、自分の好きなことを綴っていこうと思っています。3月のフィギュアスケートの世界選手権までは、フィギュアスケート(大輔選手)のこともたくさん書くと思います。
よかったら、お付き合いくださいませ!

2011年が皆様にとって素敵な1年になりますように。。。


また、2011年がKO君、TO君、たけ父さんにとって素敵な1年になるよう頑張っていきます。
もちろん自分の2011年も!頑張ります!!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ