2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の10件の記事

2010年7月30日 (金)

夏休み日記「帰って来た」

午前中の宿題タイムとチャレンジタイムをダラダラとしていたTO君。
おかげで昼食が遅くなっていた日。

「ピンポーン」
久しぶりにお友達が遊びに来ました。
勇んで1階に下りて玄関のドアを開けてお友達と話すKO君とTO君。
「おかあさん、遊んで来ていい?」
「いいけど…。お腹すいてない?どうするの?」と言うと
「大丈夫。ちょっと遊んだら帰って来る!」と言うので
[行っていいよ。」と言うと
ウキウキと外へ。

そりゃ外で遊びたいよね~。
でも、昼食食べてないけど、大丈夫かな?
しばらくしたら、呼びに行った方がいいかな?
そんなことを考えながら家事をしていると

「お母さん、のど渇いた!お茶ちょうだい。」と一旦帰って来た。
お茶を飲むと
「ちょっと、もうちょっと行ってくる。」と再び外へ。
「大丈夫?熱中症にならないように、のどが乾いたら戻っておいで。お腹がすいたら戻っておいでね。」と言うと「分かってる!」

しばらく経って
「おかあさん、ただいま~~!帰って来たよ!お腹すいた!」
ホントに自分達で区切りを付けて帰って来た~~~。

今までだとダラダラと遊んでいた…と思うのに
こういう遊び方も出来るようになったんだ~~~。
ちょっと成長?!

すこし嬉しかったです。

2010年7月29日 (木)

夏休み日記「ケンカ」


夏休みが始まって、ずぅ~と子供たちと一緒にいると
いろいろあります…。

午前中は、宿題タイムとチャレンジタイム。
さっさと進めていくKO君に対して、TO君はマイペース。
ふざけながら のんびりと勉強をしてます。
それで、とばっちりが当たるのがKO君。
学校がある日なら、TO君が宿題中でもご褒美のゲームが出来るのに
夏休みだからと言って、TO君が終わるまで待たされる。
なのにヘラヘラ笑ってハイテンションのマイペースTO君。
KO君ぐったり。
私もぐったり。
まぁ、でも TO君は にこにこして悪気はない(はず)ので許しましょう。

だけど、怒りパニックは困るし、嫌になります。
宿題が終わって、ご褒美のゲームで、KO君と対戦型でゲームをして
TO君の負けがこんでくると、
「あぁ、もうっ!あぁ、もうっ!!」
「もう!KO君が強いキャラをとるから負ける!」
「もう!ちゃんとやったのに、このリモコンめっ!」と八つ当たりが始まり
聞いているこっちは耐えられないので
「いいかげんにしなさい。そんなに言うならゲームやめなさい。」と言うと
「ごめんさない。ゲームやりたい。」と謝るのでゲームをするのを許すと
「あぁ、もうっ!」が始まって同じことの繰り返し。

この日は、あんまり酷いので
「もうゲーム禁止。ゲームはおしまい。」と宣言すると
KO君は「わかった。ぼくもこんなのつまんないもん。」とゲームをやめ
TO君ひとり「ごめんなさい。まだゲームしたい。」と言うけど
ハイテンションで怒りプチパニになっているので
「お母さん、怒ってるから。今日は、もうダメ。こんな風にゲームするなら二度とゲームはしないでいい!」
と言うと「ごめんなさい。」と言うものの、どこか不満気なTO君。
「ダメです。今怒ってるから、今は許しません。」と言うと
部屋の隅で膝を抱えて、静かに泣いていました。
そして、しばらくするとコロンと横になって、ふて寝(?!)していまいました。
TO君には、たくさん言葉で怒っても、特性上、理解しづらいので
言葉で責めないようにしたつもりです。

でも、こっちも、たまらない時もあります。
にこにこふざけてハイテンションも困るけど、この場合はまだ本人は楽しそうに
しているし、「まったく、TO君は~。」で済ませることも出来ます。
学校では、みんなと一緒に頑張ってるし、お友達とのトラブルもないみたいです。
外で頑張ってるんだから、家では発散させてあげた方がいいのかもしれない。
けれど、家族だって全部許してたら、たまらないです。
KO君に八つ当たりしたり、リモコンのせいにしてリモコンを雑に扱ったり
汚い言葉を使ったり…
どんなに我慢しても腹が立つときもあります。

しばらく、ふて寝していたTO君。
起こすのも、もう一度ケンカしてしまいそうなので
そのまま寝かせていました。
とばっちりを受けて、ゲームも途中になってしまって、しゅんとしているKO君に
ケロロ軍曹の劇場版を見せていたら
TO君 起きて来ました。

「ごめんなさい。」

TO君から謝ってくれました。
「何が悪かったと思う?」と聞くと
「嫌なこと言ったり、怒ったりしたから。」とTO君。
「もう、聞いているお母さんが嫌になるようなこと言わないでね。ゲームはしてもいいけど、KO君と対戦型でゲームするのは、しばらく禁止。」
と言うと「分かった。」

それから、気を取り直してケロロ軍曹の劇場版を見ていたTO君。
ものの見事に5分くらいで復活して、大笑いしてました。
あ・の・ね~~~!って言いたいのを我慢して、ほっときました。
グダグダ言っても仕方ないし。
誰にも何も言われないで、自分から謝ってくれただけでもいいか…。
がつんっとしばらくTO君とケンカしてなかったから
これで、夏休みを乗り切れるといいなぁ…
甘いかなぁ…


2010年7月25日 (日)

心に残るもの

7月14日と21日の「SONGS」(NHK)は久保田利伸さんでした。
久保田さんの曲は、学生時代によく聴いていました。
特に初期の代表曲「Missing」は、すごく好きでした。
当時、ライブに行って生で聴いた「Missing」
この曲の持つ切なさに心が捕まってしまったような感じで、衝撃的でした。
学生時代は、よく「Missing」を聴いていましたが
ここしばらく十数年…は、聴かなくなっていました。

そして時が経って、たまたま見た「SONGS」に久保田利伸さんが出演されていて
Part2で「Missing」を歌ってくれて…久しぶりに想い出しました。
この曲が大好きだったこと。
この曲のことを忘れていても、大好きだったことは心に残っていて
久しぶりに聴いても、やっぱりこの曲が好きだと想えることが
ちょっと嬉しかったです。
この曲を好きだったことを想い出させてくれて「SONGS」に感謝です。
「SONGS」は録画をしたので保存版にします。
落ち込んだり調子の悪いときに癒してくれそうです。


この前、ちょっと気持ちの調子が落ちた時
久保田さんの「Missing」を見て、そのあと高橋大輔選手の
「アメリ」と世界選手権の「道」を見ました。
高橋選手のスケートを見てると、なんだか癒されます。

歌手の人が、歌で音楽を表現するように…
ギタリストの人が、ギターで音楽を表現するように…
高橋選手は、フィギュアスケートで音楽を表現して
音楽の中に溶け込み、音楽を奏でるように滑る姿は、スポーツなんだけど
とてもアートに近いように感じます。
そこが癒される理由でもあるし、好きな理由でもあります。

夏休みで、TO君とKO君のいいつけ合戦がすごくて、少し疲れ気味です。
なぜか、宿題を始めると「おかあさ~ん、TO君がぁ…。」
「おかあさ~ん、KO君がぁ…。」と うるさい、うるさい。

夏休み前は家事の合間に自由に録画したものが見ることが出来たのに
夏休みに入ったら、テレビはKO君とTO君のもの(笑)
それが、ちょっと悔しい(笑)

2010年7月22日 (木)

夏休み突入~~!

TO君とKO君は、昨日が終業集会で 今日から夏休みです。
TO君は、昨日から かなりハイテンションで、ふざけまくり。
よくしゃべるし、うるさい~~。
1学期が、無事終わって自分を解放中なのかな?
3年生になって、環境が変わることを心配したけど、
心配しなくても大丈夫だったかも?というくらい落ち着いてました。
音の感覚過敏があるので、クラスの人数が10人以上も増えるから
ザワザワ…という音が大丈夫かって心配して、3年生の進級時のケース会でも
心配な点として学校に伝えたんだけど、お助けアイテムの耳栓をつかうことなく
みんなと同じクラスで、算数以外の授業を受けて頑張りました。
TO君も小学校というところに、慣れてくれたのかな?

KO君は、1学期は 皆勤賞に、給食がんばり賞をもらって来ました。
(給食がんばり賞は、TO君ももらって来てました。)
KO君、給食がんばり賞を一番最後にもらい
「いつも一番のKO君。」と言われたらしいです。

参観日の日に、KO君の担任の先生と話す機会があって
いろいろ話したあと…

先生:「KO君、たくさん給食を食べてくれるんですけど、
    夕ご飯、ちゃんと食べられてますか?」

私:「ちゃんと食べてますよ~。帰って来て給食だけは足らないって
    おやつにおにぎりを食べて、その後しっかり夕食も食べますよ。」
っていったら

先生:「えぇ~っ!すごいですね。食べ盛りなんですね~~。」
って、ビックリしてました…。そりゃそうだ…。

KO君は、背は低い方で小っちゃめなのに、この小さな身体のどこに入るんだって
いうくらいの食べっぷりで、中学生や高校生になったら、どんだけ食べるんだか。
TO君は、食べるのは速くないけど、食べる量は、KO君に負けたくないのか
張り合うようにして食べるので、本当に将来が怖いです。
TO君は、小さい頃は好き嫌いがすごかったのに、
KO君があんまりおいしそうに食べるんで
嫌いなものはあるけど、給食は残さず食べるようになったし。
白ご飯とミニトマトしか食べなかった人とは思えないです。

この二人がいるお昼ご飯…。
いったい、どうすれば…。
KO君は、おかずが少ないと「こんだけ?」って容赦ないし…。困った。
今日は、何とか「こんだけ?」って言われずに食べてくれたのでホッ。

宿題も3年生になると、結構大変そうで、プリントより自分で勉強する
宅習が多くて、内容を考えながらしないといけなそうで難しい…。
リコーダーの練習もあるし、作品も一つ作らなくちゃいけないし
それに習字と読み声、日記2枚。
……。
毎日、この宿題に付き合うのかと思うと、ちょっと気が重い…。

でも、まぁ…。
何はともあれ、1学期が何ごともなく無事終わってよかったです。
頑張ったね。TO君、KO君。


2010年7月17日 (土)

療育の日

昨日は、TO君の療育の日でした。
月に1回、地域の支援センター(発達障害者支援センター)に行って課題をやったり、
KO君とTO君と先生との3人で遊びを通してソーシャルスキルのチェックをしたり
学校の様子を本人から聞いたりしてもらってます。

KO君は、きょうだい児として一緒に行ってます。
TO君が、まだ小さい頃は 療育を個別でやっていたために無理でしたが
小学校に入学した頃から、一緒にいってもOKになりました。
将来は、きょうだい児として悩みなどカウンセリングもOKだそうです。

昨日は、自分の気持ちを1~5段階に評価することをしたみたいで

先生:「お母さんにTO君のこと 好きって言われたら?」
TO君:「5!うれしい!」

先生:「じゃあ、お母さんに怒られたら?」
TO君:「う~ん、4。ちょっと嫌だから。」

先生:「じゃあ、お父さんに怒られたら?」
TO君:「2っ!怖いから。」

という反応だったそうです。(その他の質問もあったようです。)

この、私が怒った時と たけ父さんが怒った時の違いはいったいなんなんでしょう?
もしかして私、なめられてる?(笑)
確かに、たけ父さんが怒ると怖いし、TO君も怒られたくない様子で
私が一緒にいる時よりたけ父さんと一緒の時の方がいい子にしているかも。
だからと言って、たけ父さんを避けたりすることはなく
もともとお父さんっ子で、いつもは、「お父さん、お父さん。」なので
怖い存在であっても問題はなし。一家に一人は怖い人がいないとね。

…で、「様子は、どうですか?」という話しになり
「一時期、ちょっと不調でしたけど、今は問題なく大丈夫です。」と私。
「そうですね。TO君は大丈夫そうですね。いいですね。」と先生。
毎回、こんな会話で私の相談タイム?は終了。

TO君は、この頃 落ち着いて来て、学校でも問題なく過ごしているし
時々、もう療育に行かなくていいんじゃない?と思うこともあります。
学校が終わってから、急いで支度して車に乗せてバタバタして
子供達は楽しみにしてるけど、私はちょっと大変で
つい、もういいんじゃない…って思うけど
このまま順調に育っていってくれる保証はどこにもなくて
これから先、思春期に向かうことを思えば、家族以外に
TO君が信頼できる第三者に相談することが必要になる時が来るかもしれない。
その時に、小さい時から知ってくれてて、育ちを見てくれている所が
あったら心強いし、TO君の為になると思って、療育を続けています。
人と人との繋がりを大切にして、TO君の育ちを見てもらえたらと思ってます。
まだまだ先はある。頑張らなきゃ。

2010年7月11日 (日)

やっとドリームオンアイス2010

地上波の「ドリームオンアイス」の放送がなくて、先週の火曜日に
やっとCSで「ドリームオンアイス」を見ました^^
そして、今更 記事を書いています。
平日は、なかなか落ち着いて書けないので。

***「ドリームオンアイス」の感想のメモ**************************

まず、私。このドリームオンアイスで初めて「シンクロ」を見ました。
おぉ~これが、フィギュアのシンクロかぁ…ってビックリでした。
かなりたくさんの人がチームで滑るんですね。迫力がありました。

小塚選手

小塚選手は、新しいプログラムじゃなかったんですね。
新しいプログラムのお披露目ないつかな?
今季も4回転、試合での成功を見たいです。

鈴木選手

鈴木選手は、新しいSP「ジェラシー」でした。
このプログラム、私 好きです。鈴木選手もスケートで
音楽を表現するのが上手いなぁと思います。
鈴木選手のステップ 好きです。

ステファン・ランビエルさん

…えっと、かっこいいですね、すごく。
側転もあったりショーナンバーとしては、みどころたっぷりで
もちろんスピンも綺麗でした。
さすがステファンさん。

安藤選手

帽子を小道具につかったEXプログラム。
笑顔で楽しそうに滑ってて、見てて楽しいプログラムでした。
いつもと違って かわいい感じもして、このプロクラム好きです。
この後のインタビューで「4回転を試合で入れられるように…」と
話されてました。
4回転…前に4回転を跳んでたと何かで読んだことがあったのですが
今季 挑戦とは。安藤選手の4回転見たいです。
怪我をされないように頑張って欲しいです。

高橋選手

ステファンさん振り付けの新EX「アメリ」
しっとりとしたピアノの曲で、動と静のあるメリハリのある滑りでした。
最初の壁のマイムは、意外でした。
くるくるまわっていきなり跳ぶジャンプにもビックリ。
あれは、3F?
そして3A…高橋選手のジャンプは、とても綺麗で好きです。
氷の上にぱっと華がさくようで…。
このプログラムの動の部分のステップのところ
もっと長くてもいいのに~と思いました。
曲は短め?のような気がしました。
今季も高橋選手のプログラムが楽しみです。

浅田選手

新EX「バラード第1番」
ふわっとした白いシンプルな衣装が、とっても似合ってました。
しっとりとした曲に、綺麗な滑りで
今季のSPやフリーのプログラムも楽しみになりました。


*******************************************************


今日は、BSフジでも「ドリームオンアイス」の放送がありますね。
CSと同じなのかな?
まだまだ夏のアイスショーは、たくさんありますね。
どれだけテレビで放送があるのかなぁ。
地方在住なので、アイスショーを見に行くことは無理なので
テレビ放送が頼りです。
それは、試合も同じ。テレビで応援です。
テレビで応援だけど、気持ちが届くといいな。


2010年7月 9日 (金)

一緒に帰りたかったな…。

KO君とTO君は、帰る時はお互いのクラスが終わるのを待って
二人で学校から帰ってきます。

でも時々、どっちかのクラスが遅い…ということがあり
今日は、TO君のクラスが遅くて、KO君はTO君を待って
一緒に帰って来ました。

「ただいま~。」というTO君の元気な声はするけど
KO君の声はしないので、「どうしたの?」と声をかけると
「TO君のクラスが遅かったから、お友達と一緒に帰れなかったっ!!」と
私に抱きついて泣きました。
仲の良いお友達と一緒に帰る約束をしてたそうです。
TO君のクラスが遅くなりそうだったので
先に帰ってもらった…と言っていました。

本当なら、自由にお友達と帰っていいはずなのに
私が「TO君と一緒に帰って来てね。」と頼んでるから
我慢していたみたいです。

「ごめんね。KO君。これから、またお母さんが迎えいくから
KO君は、お友達と帰ってくる?」と
聞くと「ううん。いいっ!TO君と一緒に帰る。」

TO君は、不安が強いので、一人で帰って来たことはありません。
KO君がお休みするときは、私が迎えに行っていたし。
安全面も不注意なところがあるので心配だし
とっても方向オンチなので、ちゃんと帰れるか不安です。

TO君を独り立ちさせないといけないと思いつつ
いつも側にいてくれるKO君に甘えてしまっている母です。
TO君、一人で帰して大丈夫かな…
TO君も一人では、まだ不安そう…

KO君は、しばらく私のエプロンにしがみついて泣いて
落ち着いたら、離れました。
その後は、TO君と普通に話して笑ってました。

KO君、いつもありがとう。
いつも、ごめんね。

2010年7月 6日 (火)

初めて伝わった気持ち

このブログを始めた頃に「表情カード」という記事を書きました。
4年前、ただただ必死にどうしたらいいか、探していた頃の記事です。
今でも この記事に“表情カード”で検索して来られることが多いです。
それは、嬉しいような、はずかしいような…
4年前の記事なんだけど どうしよう…みたいな気持ちです。

この表情カードは、TO君と私の最初のコミュニケーションツールでした。
私の伝わって欲しいという気持ちと、TO君のわかって嬉しいという気持ちが
重なった初めてのツールです。
TO君は、私が表情カードを作ってから、私を信頼してくれるようになりました。
「この人は、わかってくれた。」そうTO君が認めてくれた気がします。


表情カードの怒ったカードと、私の怒った顔の表情とをマッチングして
怒られそうなことをわかる→いたずらを止める→大きな声で怒られなくて済む
この流れを知ったTO君は、困っていたいたずらも
怒ったカードで止めてくれるようになりました。

TO君をほめるときは、うれしいカード付きで「お母さんうれしいよ。」とほめると
ただ言葉でほめた時よりも、うれしそうにしてくれて、
表情カードでマッチングすることで、こんなに違うのかと驚きました。

そんなことしたら悲しいと悲しいカードを出せば、そうか悲しいのか
そんなことしたら困るよと困ったカードを出せば、そうか困るのか
自分が怒った時は、怒ったカードを持ってきて
「ぼく怒ってるからね!」って言ったり
うれしい時は「ぼくうれしい。」ってうれしいカードを持って来たり…
TO君自身の感情のマッチングにも使ってくれていました。
「ボクわかるよっ!」って、「わかるとうれしい。」って
そんな笑顔で、TO君は このカードを使ってくれていました。

だからといって、ずっと表情カードを使っていたわけではなく
いつからか、使わなくても言葉でもOKになっていました。
表情も、たぶん「うれしい」「怒ってる」「困ってる」「悲しい」の
基本的な表情はわかるようになってると思います。

この前、あんまりふざけるので
「また、前みたいに表情カードを持ってこようか?」って聞いたら
TO君「「いやいや、ちゃんと分かってるって。大丈夫です!」って笑ってました。

表情カードには、「わかって嬉しい」「伝わってうれしい」そんなうれしい記憶が
いっぱい詰まってます。


表情カード(怒ったカード)

表情カード(うれしいカード)

表情カード(悲しいカード)

表情カード(困ったカード)

2010年7月 1日 (木)

『太陽のメロディー』をきいて…

私の大好きなコブクロの小渕健太郎さんと同じ宮崎出身の今井美樹さんが、口蹄疫の被害に苦しんでいる宮崎の応援プロジェクトで『太陽のメロディー』という曲を作られました。
ニュースで見る宮崎の現状、畜産農家さんの悲痛な声、また発生地域の経済の深刻な打撃には、心が痛みます。

その中で知った宮崎が故郷の小渕健太郎さんと今井美樹さんの故郷を想う気持ちから生まれた『太陽のメロディー』という曲。
6月27日から配信だったので、今日 レコチョクで「着うた」フルをダウンロードしました。

とても、とても、素敵な曲です。
小渕健太郎さんと今井美樹さんの伸びやかな二人の声の重なりが、とても綺麗です。小渕さんのアコースティックギターと布袋さんのギターソロ、黒田俊介さんのコーラス…。すべてが重なり合って、負けないで!というメッセージが心に響きました。
小渕さんと美樹さんの歌声からは、故郷を思う熱い気持ちが歌に溢れていて、初めて聞いた時には、涙が止まりませんでした。
宮崎の風景が浮かんでくるような…そんな素敵な歌です。

本当は、このことを記事にする予定はなくて、ただ自分ひとりが『太陽のメロディー』を聞くことで、少しでも口蹄疫に苦しむ宮崎を応援出来れば…と思って『太陽のメロディー』を聞きました。
それが、お二人の気持ちのこもった歌声を聞いて、この小さなブログでも紹介したいと、
もしかしたら、少しでもお役に立てるかもしれないと思いました。


私の拙い文章では伝えきれないので、コブクロのオフィシャルホームページと今井美樹さんのオフィシャルサイト、布袋寅泰さんのオフィシャルブログを紹介します。
是非、読んでみてください。


※コブクロ オフィシャルホームページ
 http://www.kobukuro.com/

コブクロのオフィシャルホームページに
『太陽のメロディ』配信&CDリリース決定!のニュースが載っています。
今井美樹×小渕健太郎 With 布袋寅泰 + 黒田俊介 4人の共同メッセージも載っています。


※今井美樹さんオフィシャルサイト
 http://www.imai-miki.net/

『太陽のメロディ』配信&リリース情報とMIKI’S TALK にメッセージが載っています。


※布袋寅泰さんオフィシャルブログ
 http://www.hotei.com/blog/

布袋寅泰さんのオフィシャルブログに
今井美樹さんと小渕健太郎さんのコラボについて
6月10日と6月25日に記事を書かれています。


チームワーク

サッカーワールドカップ南アフリカ大会
決勝トーナメント1回戦
日本×パラグアイ戦

前半と後半の90分で決着がつかず、そして延長戦でも点が入らず0ー0のまま勝負はPK戦へ…
PK戦の結果、日本3ー5パラグアイでパラグアイがベスト8に進出しました。
PKを外した駒野選手は号泣していました。
この試合で誰も背負いたくない運命。でも誰かが背負わなければならない運命を
駒野選手は背負ってしまいました。本当に痛々しかったです。
号泣する駒野選手の側に、ずっと誰かがついていましたね。
チームメイトを心配する暖かいチームワークでした。

「このチームでもっとやりたかった。」何人もの選手がインタビューでそう言っていました。本当にいいチームになっていたんですね。
試合をするたびにチームがまとまって強くなっていってチーム一丸となって戦っている姿は、とても素晴らしかったです。
自国開催以外でベスト16の成績は立派です。

岡田監督が「勝たせてあげたかった。」と言っていましたが、本当に見ていて「勝たせてあげたかった。」です。もっともっと強くなりそうな気がしました。
ワールドカップの日本代表チームの試合を見られて本当に良かったです。

岡田監督、選手のみなさん、コーチングスタッフのみなさん
素晴らしい試合をありがとうございました。
お疲れさまでした。

 

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ