2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« 夢を追う姿 | トップページ | 2年生の1年間 »

2010年3月 9日 (火)

幼稚園から小学校へ

2年生になってブログの更新をしてない間、ずっともやもやした気持ちを抱えて毎日を過ごしていました。
3月になり、2年生もあとわずかになって、私の気持ちもちょっとふっきれたので、
1年生から2年生を振り返ってみようと思います。

この2年間は、幼稚園から小学校へと環境が激変したのもあって、
1年生のときは、TO君もKO君も小学校生活になれるので精一杯でした。
もちろん、それは、親の私も同じで、戸惑うことも多かったです。


1年生の1年間は、まったく新しい環境になるというTO君の苦手なことからスタートで、
小学校に慣れるということが大変でした。
まず、不安感が強くて、学校の玄関に入れなくて、登校後、クールダウンのため支援学級に行ってから
交流学級に行っていました。それでも、不安が強い時は、交流学級の教室に入れないこともあり、
私にしがみついて離れないことも何度もありました。
それから、音の感覚過敏があって、騒がしい教室では、辛いときがあることもTO君にとっては
ストレスだったと思います。。
登下校は、不安が特に強くて、私の送迎が必要でした。

幼稚園では、年長組になった頃には、ほとんど みんなと同じように出来るようになっていたし、
みんなとの差もあまり感じない程になっていたので、通常学級に入学するか、悩んだ時期もありました。
でも、入学してみたら、やっぱりTO君の一番の自閉的な特徴である「不安感」が、
もろに出でしまい、支援学級に入ることになっていて本当に良かったと思いました。

そんな困ったことも、スケジュールを使ったり、ペアレントトレーニングの応用のご褒美を使ったり、
音の感覚過敏には、耳栓を使わせてもらったりの支援で、学校に慣れていきました。
ある意味では、このときは、大変でもあったけど、私がTO君を支援する方法を考えて、
手をさしのべればTO君が環境に適応していく手応えがありました。
だから、大変でも頑張れたんだと思います。

そして2年生では…。
まず、下校の時に、私が迎えに行かなくてもKO君と二人で帰って来られるようになり、
朝の登校も、登校後は支援学級でクールダウンしてから交流学級に行っていたのが、
そのまま2年生の交流学級に行けるようになり、
朝、私が送るのも学校の支援学級までついて行っていたのが、学校の下で離れられるようになりました。
音の感覚過敏は、騒がしい時は ちょっとは苦痛があるものの、耳栓はほとんど使わなくなり、
自分で「騒がしい時は、絵描きをすると落ち着く。」と言って絵描きをして、
自分を落ち着かせる方法を見つけ、担任の先生方の話しでは、学校では、
本当に落ち着いて過ごしているみたいです。

TO君も頑張ってくれて、成長してくれた2年生の1年だったのですが、
でも、なぜか1年生の時よりも私は、キツイ1年間でした。

次に続きます。

« 夢を追う姿 | トップページ | 2年生の1年間 »

TO君のこと(小学校)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢を追う姿 | トップページ | 2年生の1年間 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ