2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の5件の記事

2008年10月22日 (水)

7歳になりました。

KO君とTO君は、母が骨折している間に、7歳になりました。

昨年、あんなに心配したTO君の小学校への就学は、少しずつ少しずつ慣れて、

今では すっかり僕の小学校です。

KO君は、幼稚園の時は、あんなに「幼稚園 行かない~~!」って泣いていたのに

元気いっぱいに小学校に行ってます。

KO君、1学期は不覚にも1日だけお休みしたので、2学期は皆勤賞を狙ってます。

TO君が1学期は皆勤賞だったので、悔しかったみたいです。


この1年で変わったのは……

小学校に入学して、毎日、お勉強をしてくること。

幼稚園と違って、毎日、宿題があること。
この宿題が、大変で…(泣)


それから、ずっと母の両脇で眠っていた二人が、

三人で寝るには狭くなって、KO君とTO君 二人で寝るようになりました。

ちょうど夏で暑くて、寝るときに ちょっとだけかけていたエアコンの風を求めて、別の布団で寝るようになりました。

寝ていても、腕が飛んできたり、足が飛んできたり、ちょっと怖かったので

嬉しかった~~。


あと、育ち盛りで、すごい食欲。

KO君は入学して、ものすごく育ちました(笑)

TO君も同じく、あんなに好き嫌いがあったのに、

今は、普通に嫌いな物がある程度にまでなりました。

もちろん、二人とも給食は完食です。


それから、下に(1階)に、おじいちゃんとおばあちゃんがいるので

週末は、家族で買い物dayだったのに、

毎回じゃないけど、「今日は、二人で遊ぶ~♪」って、

二人だけでお留守番することも出来るようになりました。

帰って来ても、ほんとに仲良く遊んでます。

ほんとに、ほんとに、KO君もTO君も大きくなりました。

KO君は、ちょっとずつ、ちょっとずつ、成長と共に生意気になりました。

でも、それは、必要なこと。

でも、まだ寝る前は、母親っ子のKO君は、母が側にいて手を握ってあげるのが好きです。

たけ父さんは、「子離れ出来てない~。」って言うけど、いいんです。

いつかは、子供から離れていくから……。


TO君は、いっつも困らせてばかりで…

でも、一番TO君が好きなのは、たけ父さんで……

いつも、ちょっぴり、私はやきもちを妬いちゃうけど

でも、やっぱり、TO君のためにって、TO君が困っていたら助ける方法を考えます。

いっつも怒ってるけどね(笑)


今は、まだ、こんなにKO君とTO君が側にいて、困らせてくれているけど

もう少ししたら、私から離れていきます。

もう少ししたら、今が懐かしいと、寂しがる私がいるかもしれません。


KO君、TO君。

7歳 おめでとう。

元気に育ってくれて ありがとう。

7歳の1年間も、仲良くしようね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

骨折しました…。

KO君とTO君の参観日の日
小学校の廊下が水で濡れていて滑り、見事に転けました。
それも、振り向きざまだったので、手をつくのと同時に頬まで打ち、子供達まで見ていたので、恥ずかしさもあり、サッサと起き上がって、その場を後にしたのですが……

翌日は、打った右頬と、とっさについた右手と、身体をささえた右腕、右側の腰が、とても痛くて、まずい転び方をしたみたいでした。
でも、一番痛かったのは、右の胸から脇の肋骨で、転んだときは何ともなかったのに、くしゃみをしたら、電気のように痛みが走り……
1週間たって他の痛みが消えても、肋骨の痛みは消えず、病院に行きました。

そしたら……

見事に、肋骨が折れてました…。

レントゲン写真に、“ここ”っていうように矢印がついてました。
肋骨の骨折は、ギブスをするわけではなくて、バストバントという固定する器具を使います。「これで、2週間から3週間固定してください。」ということでした。

以前、肋骨にヒビが入ったこともあったのですが、骨折の方が、まじで痛いです(泣)
ぐるぐるまきにして固定していても、位置的に微妙なので、ずれてきて気持ち悪いし、ぎゅ~っと締めるとキツイし、肩は凝るし……さんざんです。

こんな体調だけど、子供達は元気いっぱい。
(元気じゃない方が大変だとは思うけど……。)
骨折した母じゃ制御不能です……。
いつのも、倍以上疲れます。

こんな調子なので、せっかくコメントを頂いていたのに、お返事も出来ず…。
ごめんなさい。

そして、2学期の一大イベント

運動会

11月初めの3連休です。

KO君、TO君 張り切ってます。

無理せず、少しずつ更新していきます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年10月10日 (金)

涙があふれる

このところ、家に帰ると「ふざけ」てばかりいるTO君。

宿題を済まそうにも、先に全然進まない。

我慢に我慢を重ねて、やっと宿題のプリントを終え、読み声に。

算数を先にやって、国語になった時

「今日は、ここまでだよ!」とTO君

でも連絡帳には、ページ数は書いてない…ということは、今 学習している単元を全部読むことのはず。それに、昨日は、単元を全部読むのが、読み声の宿題だったし。

しかし、いくら、そう言っても、TO君は「だって、ここまでって先生が言ったもん!」と言い張る。

TO君を信用しない訳ではないけど、つじつまがあわないから仕方がない。

私も譲らず「最後まで読みなさい。」「イヤだ!だって先生が!」とTO君。

ここで、我慢の限界がきて、私はキレてしまった。

たけ父さんが帰って来てくれていたので、TO君のことを任せて

「もう、TO君のことは知らん!」とたんかを切ってしまった。


この後、たけ父さんの仲介もあって、仲直りはしたものの

気持ちは、沈んだまんま。


明日の用意を済ませて、寝るとき、いつものようにウォークマンで「コブクロ」を聴いていたら

なんだか しらないけど 涙があふれてきた。

悲しいとか辛いとか苦しいとか、そんな感情じゃなくて

もっと大きくて漠然としたものに、ぶつかっている気がした。

流れてくるメロディが、切なさを運んでくるようで

今日は、泣いちゃってもいいやって

しばらく泣いてた。

そして、目が覚めたら朝だった。

TO君を学校に送っていって帰って来たら

昨日、何にも考えられなかったけど、いくつかTO君の「ふざけ」対策のアイデアが浮かんで、ちょっと準備。

今回のアイデアは、上手くいってくれるといいけど…。

ちょっぴり祈るような気持ち。

さあ、これから、二人を迎えに行ってきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


交流学級での様子

今週の始めに、TO君とKO君の参観日がありました。
参観の授業は、二人とも「 国語 」

いつ、お母さんが来るか、不安になって授業に集中出来ないTO君を、最初に参観して、後半 KO君の参観に行きました。

二人とも、TO君はTO君らしく、KO君はKO君らしく頑張ってました。
授業参観に来てくれることが嬉しいみたいで、二人ともニコニコしていました。

そして、その後は、クラス懇談会をして、せっかくTO君の交流学級の担任の先生にお会いしたので、挨拶を…と思い、少し(?)お話してきました。

TO君の交流学級での様子は…

「1学期から比べると、随分、変わってきましたね。」と言うことで、いろいろなエピソードを聞かせていただきました。

○1学期は、忘れ物や何か物が見あたらないときなど、泣きが入りプチパニ状態に、よくなっていた。しかし最近では、例えば、ティッシュを忘れた時なんかは、「ティッシュがない。あれ?おかしいな?」と言うだけになった。以前は、この段階でプチパニ状態に突入していたので、先生も「そうなの?ティッシュがないの?」と声をかけると「無いみたい。忘れたのかなぁ?」と、のんびりした返事を返してきたそう。「そう、だったら、忘れ物につけておくね。」と先生が言っても「は~い。」で終わってしまったらしい。そういうことが何回かあって、先生は、落ち着いてきたなって感じられたそうです。

○TO君は、音に感覚過敏があるのですが、1学期は耳栓を持って登校していました。実際、教室でも、よく耳栓をつけたりしていたそうです。それが、2学期になって、耳栓をしなくなって、1回耳栓をだしてつけようとしたことがあったので、先生が、「今は、耳栓をつけるほど、みんなの声は、うるさい声じゃないよ。」の声かけで「あっ、そうか。」と言って耳栓をしまって、それで大丈夫だったそうです。

それから、昼休みにある学校放送を聞くことに、こだわりをもっているTO君は、放送が聞こえないと「放送が聞こえない!!」とみんなに向かって怒って、半分プチパニ状態になっていたそうなんですが、最近では、先生が放送が聞こえなくて「放送が聞こえないから、静かにしようね、先生は放送が聞きたい。」と言われた後とかに「放送が聞こえないから、静かにしてください。」って言うだけになったとか。
クラスに慣れて来て、音への感覚の過敏さが、ゆるやかなものになってきたみたいです。

○次の体育の時間の為の着替えを、時間の都合で、「30数える間に着替えなさい。」って急いでいる時。TO君が、(なぜ、着替えに来るのが遅くなったのかは、分からないのですが、)後から来たので、
お友達が「TO君、30数えるまでに、着替えるんだって!」って教えてくれて、TO君は「え~~!」って言いながらも、着替えだして、でも、お友達も、着替えるのを手伝うとか、お世話するとかじゃなくて、でも遅いとかそんなことも言わずに、黙って待っていてくれたそうです。先生も、30まで、TO君の着替える様子を見ながら数えてくださって、ちょうど着替え終わったころに、30になるようにしてくださって、無事、着替えが終わったそうです。

○生活の授業で「お父さんのお仕事はどんなことか」発表する時間があったけど、TO君は指名が当たらず、授業の終わりのチャイムと共に泣き崩れたことがあって、(TO君はお父さん大好きだから、お父さんのことを発表したかったみたいです。)先生が、「どうしたの?」って聞いてくださって「ボクも…、お父さんのこと発表したかったぁ。○○○の勉強してるのに~。」って言って泣いていて、先生は、たけ父さんが、○○○の研究をしていることも、TO君がお父さんっ子だと知っていたくださっていたので「そうか。TO君も発表したかったんだね。お父さんは、○○○の勉強してるんだね。だったら○○○料理も上手?」(←先生、ナイスな切り返しです!)「うん!上手なんだよ!おいしいよ!」
「じゃぁ、あとで先生に教えてね。」「うん!」
それで、泣き止んで、顔が上げられたとか…。先生、すばらしいです。

○給食は、話に夢中になって、先生が「最後まで、食べられそうにないかな?」って思う時でも、最後、ラストスパートで完食しているとか。ただ、このときは、情緒学級の担任の先生が、給食の終わりの時間前に、後ろについて「TO君、早く食べて、給食が終わらん!」と声かけが必要だとか…。まったく家と同じです…。刺激に弱いので、食べることに集中出来なくて、食べるのが遅くなる…というパターンです。
先生、すいません。


交流学級の担任の先生は、「1学期に比べて成長してきたというか、強くなったような感じがします。おおらかさが出て来て、パニックになることもなくなったし、TO君、がんばってますよ。クラスの他の子たちと、全然、変わらない、一緒ですよ。」とおっしゃってくださいました。
先生には、「TO君は、本来、持っている性格は、おおらかなものを持っていると思います。今、クラスに慣れて来て、その本来持っていたものが出て来ているということは、安定しているのだと思います。頑張っているんですね。」とお話してきました。


交流学級の担任の先生と話していて、ここ最近、疑問に思っていたことが、やっと分かりました。

ここ最近、TO君は、荒れていると言うわけではないけれど、何をするにも「ふざけ」が入り、指示は通らないし、いろんな行動が遅くなっていました。それから、KO君に対しても、「ふざけて」ちょっかいを出しているうちに、けんかになったりと言うことが良くあって。ちょっと、KO君も私も「たまらん!」という状態でした。

ずっと「なんでだろう…。」って、思ってました。
TO君が、なにか、トラブルを抱えている時とか、不安な時とか、こんな感じがあったけど、でも少し違うような気がしていました。


きっと、TO君は、交流学級で、みんなの中で、すっごく頑張っているのでしょう。
その頑張りが、家に帰ってきて、ストレス発散のような感じで、KO君と私に甘えとして出ているようです。

納得。

家に帰ってきて、TO君に「今日、○○○先生とお話したよ。TO君、クラスで頑張ってるんだって。すごいね。お母さん、嬉しいよ。」ってTO君に言ったら、嬉しそうに「うんっ!」って頷いていました。
そして、ダメ押しで、「でもね、KO君とお母さんにも、ふざけないで優しくしてくれたら、もっと嬉しいけどなぁ~。」って言ったら
ふふん…って鼻をならして、照れくさそうに笑ってました。


…学校で頑張っているから、大目に見てあげる…そのくらい、穏やかに、ゆっくりとTO君につきあえたら…と思うけど、

ふざけてばかりいるTO君に、手を焼いている私は、まだまだだなぁと思います。
TO君の「ふざけ」対策、なにかいい方法は、ないかなぁ……。

結構、切実です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年10月 6日 (月)

2学期の様子

2学期が始まって、1ヶ月。
夏休みの終わり頃に荒れていたわりには、無事に何ごともなくTO君は、小学校に行ってます。

学習の進み具合は

国語は、漢字を習い始め、一つの単元の文章も長くなり、しかもカタカナ混じり…。
最初は、つっかえ、つっかえ、読んでいたけど、だんだん読めるようになってます。

算数は、ながさくらべから、3つの計算へ入りました。

夏休み明けは、もう、宿題をするのが大変で

学校から帰ってから、すぐ宿題になると全然ダメ。

帰ってから、おやつを食べて、少しクールダウンさせてから、宿題したら?と、たけ父さんのアドバイスで、おやつを食べてから宿題にスケジュール変更してみました。

その後のTO君の様子はというと

調子の良い日は、これで、頑張って宿題をしてくれるようになりました。
…が、しかし、調子がイマイチの日は、効果は半減。最初は頑張ってくれても、後半はダラダラです。

見ていると、新しい単元に入って覚えることが多い時は、調子がイマイチの時が多いです。
(頭に入ってきた情報を使って宿題をするところまで、定着してないのかなぁ…。)
こういう日は、私も、考えて言葉をかけないと、怒ってばかりになってしまうので、要注意です。
授業で習ったことが定着してくると、宿題のスピードが上がります。
この変化は、おもしろいです。

8月から始めたスイミングも、頑張って通ってます。
見学して見ていると、二人とも、いっぱい、いっぱいで大変そうなんだけど、本人たちは「楽しいよ!」って喜んで通ってて、KO君は、スイミングスクールの会員証を「ボクの宝物なのだ~!」と言ってます。かわいいもんです。


このまま、2学期を頑張ってくれるといいなぁ。
しかし、10月は、11月にある運動会の練習が本格的になってくるので、これまた要注意???

TO君とKO君と10月も頑張ります!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ