2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の8件の記事

2008年4月29日 (火)

お知らせ

2006年7月から、とっちゃんと こぼちゃんの名前で、ブログ「ゆっくりいこう」を書いてきましたが、とっちゃんと こぼちゃんの小学校入学で、一区切りをつけたいと思います。
このブログは、いつか、とっちゃんと こぼちゃんに見てもらいたいと思って書いています。2年前には、小さかった二人も大きくなりました。
そこで二人の名前を、お兄ちゃんになったということで、小学校の記事から たけ父さんのブログと一緒の とっちゃん=TO君、こぼちゃん=KO君に変えたいと思います。

たけ父さんからは、「ほら~、最初っから同じ名前にしときゃ良かったのに~。」と言われましたが、2年前は、まだまだ小さくてかわいかったので「とっちゃん、こぼちゃん」って書きたかったんだもん~。しょうがないです。
でもね。こぼちゃんに、時々、「こぼちゃん」って言うと、とても嫌な顔するんです。本人は、とってもお兄ちゃんになったと思ってるので。

「ゆっくりいこう」に来ていただいている方へ
最初は慣れないと思いますが、TO君、KO君に変わっても、よろしくお願いします。
時間がとれたらカテゴラリーも見やすいように整理して行きたいと思っています。
たぶん、TO君とKO君に一番慣れないのは、私だと思います…。

よろしくお願いします^^


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

ふたつの別れ

3月は別れの季節…

もう4月ですが、二人とも小学校に入学していますが…
3月のお話です。

3月の初めに、引っ越す前に通っていたT幼稚園に遊びに行きました。
転園してからも、夏休みに遊びに行ったり、一緒に植えたお芋を収穫した時には、お芋が送られてきたり、年賀状を送ったりと交流を続けてきました。

でも、それは、一緒に遊んだ年長組のお友達がいる間のこと。
年長組のお友達が卒園する前に、みんなに会いに行きました。

担任だった先生に連絡を取って行ってみると…
お友達が、こちらまで走って来てお出迎えです。
嬉しいけど、照れくさくてモジモジする こぼちゃんと とっちゃん。
みんなに「こっちで遊ぼ~!」と誘われて嬉しそうでした。
おやつも一緒に食べさせてもらって、仲良く遊んでいました。特に、転園まで、ずっと一緒に遊んでいたお友達は、今日もずっと一緒に楽しそうに遊んでいました。

そして、お別れの時間が来て
こぼちゃんと とっちゃんが帰る時、ずっと一緒に遊んでいたお友達が
「また遊びに来る?」「遊びに来てね。」と名残惜しそうに見送ってくれました。
その時は「また遊びに来られたらね~。」って返事して帰ったけど、本当は、今日でお別れでした。
家に帰ってから、こぼちゃんもとっちゃんも、「ねぇ、今度はいつ行ける?」って聞いてきたけど、「もう、みんなも卒園しちゃうから、今日で最後だよ。」って言うと

二人とも涙目…。
「また、どこかで会えるよ。」の言葉でなんとか納得…(?)

T幼稚園の先生、転園してからも快く遊びに行かせて頂き、ありがこうございました。
お陰様で、良い想い出ができました。
T幼稚園のお友達、仲良く遊んでくれて、ありがとう。たくさんの想い出をありがとう。

いつか、またどこかで、会えるといいね。


そして、もうひとつの別れ。
それは、3歳10ヶ月のころから通っていた「ことばの教室」の卒業。
とっちゃんは、「ことばの教室」が大好きで、「お休みしたい。」と言うこともなく、通ってくれました。
近くに療育するところが「ことばの教室」しかなかったので、月に2回予定を入れてもらったり、引っ越しをしてからは、こぼちゃんも一緒で、こぼちゃんとの遊びも入れてもらったり、随分お世話になりました。
言語からの観点で、とっちゃんの状態を教えて頂けて、すごく助かりました。
「3つの指示が通るようになりましたよ。」とか「今、4つの指示に挑戦してます。」って教えてもらえたので、「家ではどうしようかな?どうしたら指示が通るのかな?」って考えることが出来ました。
先生に「うちは長い方だったでしょう?」と聞くと
なんと「そうね。とっちゃんが一番長かったかな~?」って…

先生、本当に長い間お世話になりました。
ありがとうございました。これからも、とっちゃんと頑張っていきます。
また、いつかお会いして、大きくなったとっちゃんを見てもらいたいです。

お別れの季節が過ぎて、今度は4月。
出会いの季節です。

次は、小学校入学のお話です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年4月20日 (日)

告知

とっちゃんと こぼちゃんの幼稚園卒園前の3月中旬
二人に簡単な告知をしました。

とっちゃんは情緒学級に在籍が決定して、交流学級もこぼちゃんのクラスとは別にしてもらうようお願いしていました。
どうして、とっちゃんにはクラスが2つ出来るのか
こぼちゃんとクラスが離れること…を説明するためです。

場所は、告知のことで相談している病院の心理室
主治医の先生の立ち会いの下、私が話しました。
準備したものは、この告知の内容を絵にして作った紙芝居
とっちゃんは、たけ父さんにピッタリくっついて話を聞いていました。

内容は…

**********************************************
人には、得意なことと苦手なことがあって、とっちゃんの苦手なことが、こぼちゃんが得意なこともあるし、とっちゃんの得意なことが、こぼちゃんは苦手なことがある。
お父さん、お母さんにだって得意なことと苦手なことがある。
それは、人としてのタイプの違いなんだよ。

こぼちゃんは、新しい場所、新しいお友達がいっぱいる小学校に行くことは、ちょっと緊張するかもしれないけど、怖くない。

でも、とっちゃんは、新しい場所、新しいお友達、新しいことが不安だね。
こぼちゃんと同じクラスじゃないことも不安だね。

こぼちゃんみたいなタイプのお友達は、結構いっぱいいて、お友達が30人くらいいるクラスに入ることになります。

とっちゃんのタイプのお友達は、いきなり30人くらいのクラスに、ずっといるのは不安で疲れてしまいます。だから、お友達の少ない小さいクラスに入ることになります。
でも、小さいクラスだけだと寂しいから、とっちゃんには、もう一つ30人くらいのお友達と一緒に勉強する大きなクラスの2つが出来ます。

とっちゃんは、時間割という学校のお勉強のスケジュールによって、みんなと一緒にお勉強する時と、としくんと先生の小さなクラスで勉強をする時とあると思います。
こぼちゃんとは、違うクラスになると思うけど、小学校に入って最初のうちは、小さいクラスの先生が側にいてくれます。だから不安だけど、ゆっくり小学校に慣れてね。

とっちゃんは時々「ぼくはバカだぁ~。」って言うけど、とっちゃんはバカじゃないよ。
ただ、こぼちゃんや他のお友達が出来ることが、ちょっと苦手なだけです。
小学校で、新しいこと、いつもと違うことで不安になったり、怖くなったら、今までと同じように、スケジュールを作るね。小学校に入学したら、今度は、とっちゃんもお手伝いして、一緒に作るようにしようか? だから安心してね。

こぼちゃんは、いつも、ニコニコと笑顔で、みんなと仲良く出来るし、小学校も一人で大丈夫って言ってくれて、お父さんもお母さんも、とても頼もしいです。とっちゃんは、新しいことや、いつもと違うことが苦手で、しばらくは、とっても不安で、こぼちゃんに、べったりしたり、ちょっかいをだしたりして、けんかすることもあるかもしれないけど、とっちゃんが小学校に慣れて、落ち着いてきたら、またもとのとっちゃんに戻って、仲良く遊べるようになるから、それまで待っててあげてね。

小学生になったら、今までと、ちょっと違うことがあるけど、こぼちゃんも、とっちゃんも頑張れるかな?
こぼちゃんは、この前、小学校に見学に行った後、「意外と楽しいところだった~。」って言ってくれたね。
小学校には、きっと楽しいこともいっぱいあると思います。

でも
嫌なことや、もう頑張れない…なんてことがあったら、お父さんとお母さんに話してください。もちろん、楽しいこと、嬉しいことも、いっぱいお話してください。
何か、わからないことがあったら、何でも聞いてください。お父さんお母さんがわかることなら何でもお話します。お父さんとお母さんは、いつでもあなた達の味方です。

また、今日のような話がして欲しかったら、いつでもしてあげるからね。
**********************************************

話している間、ちょっとあきて来て、とっちゃんは少しグズグズしていたけど、紙芝居を作ったことで、なんとか最後まで話を聞いてくれました。
私が話した後、主治医の先生にも、お話してもらいました。
いつもと違う特別な場所で、病院の先生がいて、そして、いつもと違う大切なお話。
二人とも、話したこと全てを理解してるかは分かりませんが、この告知の後、少しずつ変化がありました。
告知をする前、とっちゃんは、小学校の話になると「こぼちゃんと一緒のクラスじゃない! ぼく一人ぼっち!!」と泣いてパニックになっていました。
それが、小学校の話になると、ちょっと泣きモードになるもののパニックになることはなくなりました。納得しようとしているような様子がみられました。

とっちゃんの人生で最初の告知。
これから何回、とっちゃんの発達障害のことで告知をしていくのでしょう。
成長するにしたがって、少しずつ、少しずつ、理解出来ることを伝えていくつもりです。
とっちゃんが知っておいたほうがいいことを話していこうと思います。
その方が、自分で自分をコントロール出来て、大人になったときに、生きていきやすいと思うのです。
自分で自分を理解して、自分の苦手なところを支援していく、そうできれば、とても楽だと思うのです。
そんな風に、とっちゃんがなれるよう、私もとっちゃんのことを支援して行きたいと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2008年4月15日 (火)

卒園式

3月22日 土曜日 お天気は、晴れ

とっちゃんと こぼちゃんの卒園式の日


幼稚園に親子一緒に登園して
子供達は教室へ、私たちは卒園式の会場へ

けれど、卒園式のスケジュールを
とっちゃんが置き忘れ、私が持ってきていたのを思い出して
とっちゃんの教室へ…

私の差し出したスケジュールを受け取ると、みんなの輪のなかに入って

話をしながらスケジュールを見ているとっちゃん

周りのお友達も み~んな不思議がることもなく

そのまま一緒にいる

その姿に、こんなふうに普通に出来るっていいなぁ…って思う

メガネがないと よく見えない人にはメガネがあるように

不安が強いとっちゃんには安心するためのスケジュール

それが当たり前になるといい


そして卒園式

卒園児入場…

緊張しながらも とっちゃん、こぼちゃん入場 じ~ん…

担任の先生が、涙声で名前を呼び始める じ~ん…

普段 泣けない私も 今日ばかりは 涙が…

いよいよ卒園証書授与

こぼちゃん

緊張しながら、しっかりと受け取って 礼

すぐ次が とっちゃん

ハラハラしながら見てたけど 立派に受け取って 礼

ホッ…としたり 涙が滲んだり忙しい

そして最後、「卒園児 お別れのことば お別れのうた」
ピアノの伴奏にあわせて みんなで お別れのうたをうたって

「今日は 私たちの卒園式の日です」

「楽しかった幼稚園で たくさんの想い出が出来ました」


…と卒園児全員でのお別れのことばが始まりました

一列ごとに大きな声で順番に たくさんの想い出のお別れのことばを言って
座っていく子供達


そして…

「いろいろな想い出を胸に 僕たち 私たちは卒園します」

…で、いったん座った子供達全員が 一斉に立って保護者席に振り返り…


「お父さん、お母さん、こんなに大きくなりました

ありがとう !

もうすぐ1年生です 幼稚園 先生 みなさん さようなら」

もう…涙が止まらない ハンカチで 涙をおさえ

とっちゃんとこぼちゃんの姿を見ては 涙…涙…


本当に こんなに 元気に 大きくなってくれて ありがとう

とっちゃん、こぼちゃん

君たちは お父さん、お母さんの大切な大切な子供達です

なにがあっても、あなたたちの味方だからね

幼稚園 卒園おめでとう


この日

とっちゃんと こぼちゃんは無事 幼稚園を卒園しました


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年4月13日 (日)

「支援の実践報告」

追記:この記事は、TO君の入学前に行われた小学校との「ケース会議」のために作っていった資料です。

「支援の実践報告」は、実際に とっちゃんが使った支援ツールの実物と出席していただいた方々には、支援ツールの写真を集めた資料、説明の文書を作って持って行きました。

支援ツールの写真を集めた資料です。

Kc330177

Kc330178


全てではないのですが、一部支援ツールの説明を、このブログに記事として書いているので良かったら読んでみてください。

(1)表情カード
(2)運動会スケジュール(年中組)
(3)運動会スケジュール(年長組)
(4)お着替えマット(年中組)

それから失敗作として、めくり式のスケジュールの画像を載せています。
とっちゃんの場合は、めくり式のスケジュールは機能しませんでした。
欲張って情報量を多くし過ぎたのが失敗した原因だと思いますが、ただただ、遊んでめくって終わりでした。とっちゃんに伝わらなかった例です。
また、とっちゃんの理解力や、そのスケジュールを本人が必要としているかで、スケジュールへのくいつきが違います。
本人が必要としてない支援は、支援する側の「こうして欲しい」という想いだけになってしまうので、使ってくれないことが多いです。
私も、この原因で何回も失敗しました(泣)

でも、伝わらなかったとしても、視覚支援を必要としていないわけではないのです。
視覚支援を始めた頃、全然、「必要ない」って感じだったとっちゃんが、今ではスケジュールで安心しています。
何ごとも継続は力なり…でした(笑)

「支援の実践報告」の先生方の反応は、良かったです。
持って行った実物を見せながら、お話しました。
情緒学級の担任の先生は、「こういう方法もあるのですね。勉強になりました。」と言っていただけました。嬉しかったです。


ところで、とっちゃんは、無事、小学校に入学して授業も1日(半日)受けました。
(幼稚園の卒園式も小学校の入学式のことも、まだかいてないですが、ちょっとだけ とっちゃんの小学校生活を…)
スケジュールを使って安心してくれるお陰で、時間割をスケジュール化してクリアケースに挟んで下敷きにして持って行っています。下敷きを見たとき嬉しそうでした。安心できるようです。
担任の先生も、細かく翌日の授業の内容を教えて下さいます。
ありがたいです。
スケジュールの進化しないといけないので、ひらがな中心です。
…とは言うものの本当は時間割を絵で表すのは、難しいので、ひらがなです(汗)
とっちゃん、がんばって ひらがな読んでね^^


********************************************************************************

※以下は、説明の文書の内容です。

実践報告

①表情カード

*ねらい

⇒コミュニケーションをとるために必要な相手の表情に気がつくようになるための支援。

*作った理由

⇒相手の表情を読み取ることが苦手で、コミュニケーションの取り方が上手くなかったため。具体的には、大きな声で怒られるまで、相手が怒っていることに気づかないことが多かったから。

*カードにしたのは?

⇒目で見た方が分かりやすい。また、不安が強いので、紙に書いた情報は消えないため、何回でも確認が出来るから。

*発見

⇒○○(とっちゃん)を褒めるとき、うれしいカードを使ったら、相手がうれしいことが分かって、とてもうれしそうな笑顔を見せたこと。怒るときも大きな声を出す前に怒っていることをカードで伝えると理解出来た。言葉でも理解できるが、視覚的に示すとより分かりやすい。

*現在

⇒相手の表情を読み取ることが、家族の中では出来るようになった。特に、兄弟の表情に敏感に反応するようになった。


②スケジュール

*ねらい

⇒見通しがたたない不安からスケジュールがあることで、不安を軽減し、見通しを立てて、行動できるようにするための支援。


*スケジュールの使い方を理解する

⇒幼稚園で初めて経験する運動会で、苦手な行事もスケジュールを見ながら参加出来たことで、スケジュールがあると見通しが持てて安心出来ることを本人が理解。

その後、自分でスケジュールを見て、見通しを立てながら、他のお友達と同じように行事に参加出来るようになった。

*新しい環境に適応するために

⇒年長組で引っ越しによる転園をすることになり、新しい幼稚園での一日の生活の流れをスケジュール化。しばらくは、このスケジュールを見ながら幼稚園生活を送っていた。
ボロボロになるまで活用し、今のスケジュールは2つ目。
現在は今の幼稚園の生活に慣れたので、お守りとしてカバンの中に入っている。

*自分の特性への理解

⇒年長組の後半になると、自分から苦手なこと、不安なことに対してスケジュールを作って欲しいと言うようになる。
理由は、スケジュールがあると安心出来るから。


①と②から○○(とっちゃん)の特性について

(1)分かりにくいことは、視覚的に示すとわかりやすい。

(2)スケジュールがあると安心して、行動出来る。


※お願い

小学校に入学しても、○○(とっちゃん)の特性は変わりません。
今まで通り、私たちは、○○(とっちゃん)のことを支援して行きたいと思っています。

スケジュールについては、私たちで作ります。主治医の先生からも、小学校に入学したらお母さんが作ってあげるだけではなく、本人もお手伝いをして、自分でスケジュールを作ることを学ぶようにした方がいいとアドバイスをいただいています。

先生方には、スケジュールを作るうえでの情報を提供していただけると助かります。分かりにくいことなど実際に見学させていただけるとうれしいです。
どうか、よろしくお願いします。

その他の実践の取り組みは別紙をご覧ください。

※注)別紙とは、上記に載せている「支援ツールの写真を集めた資料」です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年4月 8日 (火)

「サポートブック・小学校就学前・編」

小学校の就学前ケース会に合わせて、「サポートブック」を作りました。
診断を受けて幼稚園の年中組で入園するときに、簡単なとっちゃんのことをまとめたものから始まり、「サポートブック」を作るのは、今回で3回目でした。
さすがに3回目になると、少しは慣れてきました。
この「サポートブック・小学校就学前編」、ものすごく長いです。
良かったら、読んでみてください。


今回作った「サポートブック」は、

「発達障害のある子とお母さん・先生のための思いっきり支援ツール」

武藏博文・高畑庄蔵 著

発行:エンパワメント研究所
発売:筒井書房

と、発達障害者支援センターが毎年作ってくださっていた とっちゃんの「プロフィール」を参考にしながら書きました。

私が選んだ項目は、まず、とっちゃんのことを知ってもらうための項目

○身長・体重・血液型

○性格…広汎性発達障害の特徴がありつつも、良い意味で捉えられるよう書きました。

・性格…新しいことや、いつもと違うことは、とても苦手ですが、環境に慣れてくると、おもしろいことをして人を笑わせたりと明るい面があります。興味のあること、好きなことに対しては、集中して取り組めます。人が好きで、お友達と仲良くしたい気持ちを、たくさん持っています。

○好きなこと・興味があること

○嫌いなこと

○好きな食べ物

○嫌いな食べ物

これらは、話し好きなとっちゃんが、よく話すことで、コミュニケーションをとるときに役立つと思われるものと、食べることは基本ですから、学校では給食もあるので、食べることの好みも書きました。


次に、とっちゃんの広汎性発達障害の特徴と対処法


◎安心すること、安定すること

○いつもと同じこと、見通しがつくこと、予定がわかっていること。

○好きなことをしている時(お絵描き、簡単な工作、ブロックで遊ぶ、畑で野菜をみることなど)

○言葉での指示で伝わりますが、視覚支援があると、より伝わりやすく安心します。
(実物、写真、絵、文字による指示)

○自分を理解してもらっていること。

◎不安なこと、苦手なこと

○新しい場所、新しいこと、新しい生活パターン。環境が変わると慣れるまで不安になります。

☆対応→スケジュールを用いることで、不安が軽減します。見通しがつくだけで、かなり、お友達と同じように行動出来るようになります。

○いつもと違うこと(行事)や、人がたくさんいる場所は苦手です。

☆対応→スケジュールを用いて、見通しをつけます。自分でスケジュールを見て確認でき、スケジュールで見通しがつくことで安心して行事にも参加出来ます。

○何かに集中して取り組んでいる時は、終わり方に工夫がいる時があります。

☆対応→終わり方…時計の絵を描いて終わる時間を示す、紙がない場合は時計の長い針が例えば6の所にきたら終わりなど視覚的に予告した方がわかりやすいです。もしくは、、あらかじめ「あと○分ね。」とタイマーをかけて、タイマーがなったら終わりと、終わりの時間が来たことがわかりやすいようにすると、納得して終われます。

○曖昧な指示、一度に3つ以上の指示など、言葉中心の指示はわかりにくいです。
(最初の指示が抜けたり、真ん中が抜けたりします。わからないときには、同じ言葉を繰り返して言うことがあります。)

☆対応→明確で分かりやすい指示をします。指示がたくさんある時は、出来ていないことを後で再度指示するなど、指示をわけると、指示どおりに出来ます。また「○○してはダメ」という指示より、具体的に望ましい行動を指示する方が、早く指示通りに行動出来ます。(例:椅子から立ったらダメです。→ 椅子に座ります。)

○「痛み・寒さ・暑さ・かゆみ」などの感覚過敏があります。

☆対応→同じ年齢の子供達より少し大げさですが、少しずつ過敏さがなくなって来ています。痛みならバンソーコー、寒さなら防寒(手袋、長い靴下など)、かゆみは薬、などで対応すると落ち着きます。

○視線を合わせることが苦手です。

☆この障害を持つ人にとって視線を合わせることは、強い刺激になり、目を背けてしまいます。自己防衛の一つです。


それから忘れてはならないパニックの対処法


◎パニックについて

○現在、幼稚園でも、家庭でも慣れた環境にいるため、パニックになることはありません。
しかし、慣れない環境、新しい環境になると、パニックになることがあります。

○パニックの状態
 パニックになっても、暴れることはありません。○○(とっちゃん)のパニックは、その場に固まって泣いて、動けなくなり何も出来なくなってしまいます。

○原因① 強い不安を感じた時。

   ② 楽しくて興奮するゲームなど勝たないと気が済まなくなることがあります。

   ③ 感覚過敏の中でも寒さが一番苦手です。特に急に寒くなった時に固まって動かなくなることがあります。
   
   ④ お友達とけんかしたり、仲良く出来なかった時。


☆対応→パニックになった時は、パニックを起こした場所から離し静かな場所に行きます。落ち着くまで待ってから、本人の気持ちを肯定しながら、本人の気持ちを聞いてあげます。理由がわかれば、パニック回避に役立ちます。落ち着いてきたら、気持ちが切り替えられる言葉かけをします。次にするべき行動を示して次の行動に誘導します。

お友達とのトラブルの際は、本人が悪い時は、話して聞かせると「ごめんなさい。」と言うことが出来ます。


現在の状態として幼稚園での現在の様子の項目


○お友達との様子

○ルール、順番は守れているか?

○指示が通っているか?

○話をきちんと聞けるか?立ち歩いたりしていないか?

○トイレは決まった時間に、みんなと一緒に行けているか?

○給食の様子

○幼稚園で苦手なこと

○大好きなお友達に対して

○幼稚園の先生より…

これらの項目について幼稚園の面談の時に先生から聞き取りをして書きました。


最後にお願いと挨拶を書きました。

参考までに書きますね。


◎お願い

 ○○は(とっちゃん)、幼稚園の集団生活、家庭での同い年の○○(こぼちゃん)との関わりから、コミュニケーション面は、かなり良くなり、お友達と関われるようになってきました。

 人が好きなので、自分から積極的に話しかけたり、コミュニケーションを取ろうとします。しかし、隼生の持つ広汎性発達障害は、社会性の障害、コミュニケーションの障害があるとされています。時には、これらの障害から、上手くお友達と接することが出来ないこともあります。

 ○○は、お友達を一緒のクラスで勉強したいという想いがあります。それは、人と関わりたい仲良くしたいという、ごく普通の子供の気持ちです。情緒学級を希望していますが、希望が叶い、情緒学級に在籍しても、交流学級でお友達を関わりたいとう気持ちを伸ばしてあげたいと願っています。落ち着いて来たら、一人でも交流学級に行けるようになってくれたらと願っています。

 先生方もお忙しいと思いますが、毎日の日常から、○○とお友達との関わりを注意して見ていただけると、とても嬉しいです。お友達とのやり取りで、上手くいかないことがありましたら、連絡していただけると、家庭でも話して聞かせるなど、コミュニケーションの取り方を教える機会になりますので、どうかよろしくお願いします。


◎最後に…

 私達の息子、○○は(とっちゃん)、「広汎性発達障害」と診断を受けています。○○は一見、他の同年齢の子供達とあまり変わらないように見えます。しかし、時々起こるトラブルの中には、自閉症という障害からくる症状があり、障害の特性にあった対応が必要となります。ときには我がままに見えたり、怠けているように見えたりするかもしれません。しかし、やはり、○○の場合は、持って生まれた障害から起こっている場合がありますので、ご理解をしていただけると嬉しいです。

 ○○は新しい環境が、とても苦手です。新しい生活パターンになれるまで、普通の子供より、長い時間が必要です。今、出来ていることも、慣れるまで一時的に出来なくなることがあるかもしれません。けれども、今まで経験した2回の環境の変化に(幼稚園入園、自宅転居のための幼稚園の転園)、ゆっくりながら適応し、慣れてくるに従って理解力が上がり、前と同じ状態に戻って、そしてまた成長してきてくれました。

 私達は、○○の成長を信じています。小学校入学という大きな環境の変化ですが、きっと、環境に慣れて適応し、○○の持っている力を出せるようになると信じています。

 先生方には、ご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、どうか、○○のことを暖かく見守って、ご指導していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

※注) ○○ …… とっちゃんの名前が入ります。


以上が、私が作った「サポートブック」です。
A4にして、6ページ。
少し長いかもしれませんが、しっかり目を通していただけました。

それから、この文章を見やすくするために、たけ父さんにエクセルで表形式にしてもらいました。
(たけ父さん、ありがとう!たけ父さんはパソコンが得意なので、とても助かります^^)

この「サポートブック」には、とっちゃんのことを理解してもらうために、とっちゃんが困ることについての対処法、現在の様子、お願いしたいことを書きました。
今回は、「こうすれば出来ます!」と前向きなものに仕上げたつもりです。
視点は、とっちゃんが先生に知っていて欲しいだろうなって思うことを書いたつもりです。
この「サポートブック」が、とっちゃんと小学校の先生方のコミュニケーションの助けになれば嬉しいです。


※今回からは、支援センターさんからの「プロフィール」に代えて、この「サポートブック」のみになりました。
間違った記述がないか、事前に、支援センターの相談員の方、心理士の先生、特別支援教育コーディネーターの先生、告知準備をしている最中だったので、主治医の先生に見てもらいOKをもらいました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2008年4月 7日 (月)

伝えること(2)ケース会

とっちゃんのことを伝えることで、一番緊張したのが、小学校とのケース会でした。
朝から緊張してドキドキだったので、大好きな コブクロの「YELL」を聞いて、自分自身を励まして行ってきました。
2月下旬のことでした。

今回のケース会の出席者は、小学校から校長先生、教頭先生、情緒学級の担任の先生。
それから、支援していただいてる発達障害者支援センターからコーディネーター、心理、支援相談員の3人の方。
このケース会をコーディネートしていただいた特別支援教育コーディネーターの先生、教育委員会の就学担当の方に、私たち両親の10人でした。

流れとしては、とっちゃんの状態やとっちゃんの特徴を私が話す「保護者の話」
小学校の情緒学級の担任の先生から「小学校の状況説明」
支援者からとして発達障害者支援センターから「将来を見据えた支援について」
具体的な話として入学までの確認事項「入学式に向けての準備」
保護者の挨拶として、たけ父さんの挨拶
小学校校長からの挨拶…でした。

私が担当した、とっちゃんの状態やとっちゃんの特徴についての話は、準備した「サポートブック」と「今までの実際の支援の実践報告」の資料を基にお話しました。
緊張して最初は声が小さくうわずり震えてしまいました。それが、話が進むにつれて、だんだん大きくなったそうです…(たけ父さん談)。声は日頃から大きい方なので(笑)
校長先生も教頭先生も情緒学級の先生も、サポートブックにアンダーラインを引いたり、メモをとりながら真剣に聞いていただきました。

どんな「サポートブック」を作ったのか、どんな「支援の実践報告」だったのかは、長くなってしまうの、また別記事として書きたいと思います。

情緒学級の担任の先生からの「小学校の状況説明」は、在籍の生徒さんが6年生と、とっちゃんとは年が離れていることもあり、私がとってきた支援を認めてくださった上で、担任の先生がとってきた方法の説明がありました。

そして発達障害者支援センターから「将来を見据えた支援について」で
とっちゃんの支援について

「○○君(とっちゃんのこと)の場合は、能力的には、1年生のうちは、通常学級でもやっていけます。しかし、今まで就学前から関わって来たケースでいうと、能力が高いからと通常学級に在籍して、2年、3年になってくると難しくなっていく。問題が大きくなってしまってから情緒学級に入ることになると、自己肯定感の喪失のあり、難しい。」

「小学校に入学にあたって、小学校側には、6年間の長期の見通しを立ててもらいたい。4年生までは情緒学級に在籍でも、早ければ5年生、6年生の段階では通常学級に戻れるように指導して欲しい。そして中学校では、通常学級で行けるようにしたいですね。」

…というお話をしていただきました。
この話を聞いて、とっちゃんの場合、情緒学級の選択をして良かったんだと正直、背中を押された気がしました。「大丈夫。6年間の見通しを立てて、頑張っていこう。」と言われた気がしました。
嬉しかったです。
あやふやだった目標をハッキリしていただいた気がします。

そして、たけ父さんの挨拶。
親の気持ちを熱く語ってくれました。涙もろいたけ父さんは、ときどきつまりながらの挨拶でした。きっと、たけ父さんの想い、伝わったと思います。
ありがとう。(たけ父さんの挨拶は、たけ父さんのブログにUPされています。コチラです。

最後に校長先生から、
「サポートブックに、TO君は“おもしろいことをして人を笑わせたり、明るい面がある”とあります。人としてとても大切なことで、良いことですね。」と、コメントしていただきました。
校長先生自ら、このケース会に出会していただき、小学校のとっちゃんを受け入れる姿勢を見せていただいた気がしました。ありがとうございました。

校長先生をはじめ教頭先生、情緒学級の担任の先生、また、支援していただいている発達障害者支援センターの方々、特別支援教育コーディネーターの先生、教育委員会の就学担当の方、たくさんの方々に、お忙しい中、このケース会に集まっていただき、本当に感謝しています。ありがこうございました。

また、特別支援教育コーディネーターの先生には、このケース会をコーディネートしていただきました。お陰様で、とっちゃんのことを説明することに集中することができました。
本当に助かりました。ありがとうごさいました。

このケース会が無事、良い雰囲気で終わったことで、少し安心しました。
やっと小学校のスタートラインに立ちました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2008年4月 5日 (土)

伝えること(1)

伝えること…とっちゃんが「広汎性発達障害」と診断されてから、
とっちゃんのことを伝えること、とっちゃんが生活し易いように支援することが私の仕事になりました。
とっちゃんの幼稚園の年長組の1年間は、とっちゃんのことを伝えること、とっちゃんを支援することが全てでした。
慣れ親しんだ幼稚園から、引っ越しで幼稚園を転園することになって
新しい幼稚園に、とっちゃんのことを伝え、新しい環境になって戸惑うとっちゃんをどう支援するか、私も戸惑いながら、とっちゃんの支援をして落ち着いて来た頃、小学校の就学に向けての就学相談がありました。
そして、とっちゃんの就学に合わせてのとっちゃんとこぼちゃんへの告知準備から、とっちゃんとこぼちゃんへの告知。
小学校の見学、とっちゃんが就学する小学校とのケース会。
幼稚園の同じクラスのお友達へとっちゃんが情緒学級にいくことの説明。

伝えることは、それまでも相談という形でやってきていたことですが、相手が発達障害を良く知っている方に伝えるのとは違い、とっちゃんがどんな状態で、どんな支援を望んでいるかを伝えることは、少し大変でした。

なんとか、卒園式が無事終わってくれたら…と思って頑張ってたのですが、とっちゃんとこぼちゃんの卒園式を前に、私自身信じられないくらい、ブチッと気持ちが切れて「嘔吐下痢」に倒れちゃいました。
まだ、卒園式前日に、幼稚園の同じクラスのお友達へとっちゃんが情緒学級にいくことの説明をするという大切な仕事が残っていたのに、ダウン…。
2日間は、何も考えなれないくらい辛かったです。
それでも、幼稚園の同じクラスのお友達へとっちゃんが情緒学級にいくことの説明は、なんとかこなし(よろよろしながら、紙芝居仕立てにお話を完成させました。その他、卒園式の前日の卒園式の会場見学は、たけ父さんが仕事を休んで代わってくれました。たけ父さん、ありがとう!)、
卒園式の式次第は、とっちゃん仕様のスケジュールにかえ、とっちゃんに持たせました。

もともと、こぼちゃんがお腹の調子が悪くて、それでも大したことなく市販の整腸剤で治まっていたので油断しました。それが、たけ父さんにうつり、私がもらって、その後、卒園式が終わってから、とっちゃんもうつったのですが、一番症状が重かったのが、私でした。10日間くらい寝込んで、2週間たった今頃やっと復調して来ました。
胃や腸が痛いという痛さは、お腹だけじゃなくて、背中や腰まで痛くなるを初めて知りました。とっても痛かったです。
やっと復調して来たのも、新年度になり小学校に入学式の打ち合わせや支援センターさんにも入学式や入学後の相談に行く予定があったから、なんとか立ち直ったって感じです。
人間、気持ちですね…。

とっちゃんが小学校に入学する今年度も伝えることが、たくさんあるでしょう。
とっちゃんのことを理解してもらうため、理解して支援してもらうために、今年度も頑張ります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ