2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« 告知準備 | トップページ | 『コブクロ』大好き家族 »

2008年2月 6日 (水)

告知準備 (2)

昨日、告知について相談しているお医者様のところに、告知する文章を持って行ってきました。文章を見てもらい、大筋はOKで、あと細かいところのアドバイスをいただきました。

二人への告知も、お医者様同席で、子供達の様子をみてもらうことと、質問事項へのフォローもしてもらえることになりました。ほっ……。

ずっと、ずっと、告知を決めてから…。
重~~~くのしかかっていたこの問題。すこし肩の荷が下ろせそうです。
あとは、とっちゃんが在籍するクラスの決定待ちです。

そして、今回、もう一つ書類を持参しました。
小学校の先生方に渡す、とっちゃんの“サポートブック”
今までの“サポートブック”から、削除したり、追加したり、表現をかえたり…。
実は、就学相談で提出した、とっちゃんの特性を説明した文章は、ものすごく大変な状態に思われるかもしれないとのアドバイスも受けていたので、かなり変更しました。
とっちゃんのことが心配で、あまり頻繁にでない特性まで書いていたので、その部分は削除して、特にとっちゃんが困りそうなことのみに絞り、全てに対応の仕方を書いて、「こうすれば出来ます!!」ってアピールする方法をとりました。

1月末に、幼稚園の面談があったときに、私達が思っていた以上に、とっちゃんが幼稚園で上手くやっていることがわかったのもあって、方針を転換しました。

とっちゃんも頑張ってる。
…なら、私達も頑張って、こんなサポートをすれば大丈夫です!ってアピールしていこう。
とっちゃんの持つ力…能力を、信じようって決めました。
保護するだけじゃなく、一歩前に進もうって…。

お医者様に、“サポートブック”もOKをもらい、文書をつくる作業は、大変なところは終了しました。これまた、ほっと一息。
あとは、“サポートブック”を持って、小学校の先生方にお話に行くのみ!
一区切りつきました。

…で、お医者様のところから、帰ってきたら
ホッとして。ここのところ睡眠不足だったので、頭は痛いわ、眠くて眠くて、どんなに着込んでも寒気はするわ…。昨日は、私、こわれてました。
無理は禁物ですね…。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

« 告知準備 | トップページ | 『コブクロ』大好き家族 »

療育・支援」カテゴリの記事

自閉症」カテゴリの記事

TO君のこと(4歳から幼稚園まで)」カテゴリの記事

入学前・進級準備(小学校から中学校)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
小学1年生アスペの男児の母です。
うちは去年の9月に診断を受けて、それまではグレーゾーンでしたが一応就学時には学校にはなんらかの支援が必要だと伝えていました。
1学期は特に問題なくすごせていたのですが、行事の多い2学期に問題行動があり今も大変な状況です。
2学期に保護者の方に告知してほしいといわれましたが、私自身が子供の障碍を受け止めるのが精一で他人に話をするなんて無理な状況だと言うこと担任の先生に話して2学期は見送りました。
4月の2年生進級時に告知をしようと思いましたが今現在も子ども自身が困っており、周りにも迷惑をかけていることもあるので、先月の懇談会の時に告知ということではなく「こんなことが苦手であるという特徴。親としてはできることはしている。本人も努力をしているが迷惑をかけてしまうこともあるので申し訳なく思っている、よろしくお願いします。」というようなことを10分程度でお話させてもらいました。
突然、話をしようとおもいたってのことだったので(以前からいつかしなくては思ってました)十分な用意もしませんでしたし、教育相談員さんについてもらうこともしてなかったので、その日は質問に答えることはできないと担任に話したところ「質問や意見はいっさい受け付けません。私がうまくまとめて終わりにしちゃいます。」といってくださり、そのようにしてもらいました。
話してる時は思わず涙ぐんでしまい、周りの人たちがどのような表情で聞いてるかなど冷静に観察できませんでした。
懇談会終了後、担任の先生が辛いのにがんばってお話してくれてありがとうございますと一緒に泣いてくださいました。
それから数人の人が「大丈夫よ。これからもよろしくね。」と声をかけてくださいました。
クラスには同じ幼稚園の人が3人しかいないので知り合いがほとんどいないのですが、こんなかんじです。
その後、私には応援のメールが数人の人からきました。担任の先生になにか苦情とかきましたかと聞きましたら、苦情はないけどケガとか心配している人がいました。とのことです。
皆に理解をしてもらえるとは思いませんが、一人でも多くの人にわかってもらい協力してもらえるのならそれでいいと思います。
なぎさんは病院の先生としっかり準備されてるので、きっと大丈夫だと思います。
がんばってください。
お体たいせつに。

なつみさんへ

初めまして。貴重な告知の体験談、ありがとうございました。
まだ、診断を受けて間もない時の保護者の方への告知。大変でしたね。
担任の先生が、一緒に泣いてくださるなんて、とてもいい先生ですね。

息子さんは、まだ大変な状況…なのですか。息子さんも、なつみさんも辛いですね。でも、いつかは、きっと「落ち着いたね。」っていう日がくると思います。
無理しないでくだいね。

自分達より先を歩いている先輩のお話は、とても貴重なアドバイスです。
お時間があるときは、また、遊びに来ていただけたら嬉しいです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 告知準備 | トップページ | 『コブクロ』大好き家族 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ