2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« 揺れる気持ち | トップページ | 少しお休み »

2007年11月28日 (水)

「スケジュールつくって~」

とっちゃんは、最近、自分が不安なことを目で見て、安心したい時に「スケジュールつくって~。」と言うようになりました。
最初に作って!と言ったのは、お父さんが朝、家にいる日といない日のスケジュール。
とっちゃんは、超がつくほどのお父さんっ子。
引っ越ししてから、お父さんが通勤のため、今までより早く出勤するようになり、朝お父さんと会えなくなってしまいました。

朝起きて、お父さんがいないと分かると、泣いたりグズグズが始まり、朝のトイレも着替えも出来なかったり、反対に朝お父さんがいるうちに、頑張って早起きして幼稚園に行くころに眠くなり、幼稚園で教室に入らないストライキをしたり…
(詳しくは、お父さんのブログでどうぞ^^)
それでも、なんとか、朝お父さんに会えなくても、電話で「おはよう。」と「いってらっしゃい。」をいうところまで、“こだわり”を薄くすることに成功したころ、「スケジュールをつくって~」の言葉でした。

きっと、朝 お父さんに会えなくても、電話をしてお話が出来る…と言うことで納得したけれど、それでも、お休みの日に お父さんがいる日を分かると安心する、または、あと何日するとお休みで、お父さんが家にいるということが分かりたかったのかもしれません。

このスケジュールを作ってから、またグンッと朝の聞き分けが良くなりました。
自分から「お父さんに電話してね~。」と起きるようになりました。
きっと分かれば安心するのでしょう。

もう一つは、声の大きさ。
とっちゃんの声は、いつも、どんな時でも大きくて、それが興奮しだすと、もっと大きくなる。家族みんなに「声が大きい!」「とっちゃん、うるさい!」って言われても、平気で、騒ぎ続けてました。なんとか分かって欲しくて絵カードを作ってみました。


Kc330171_3







声の大きさカード。声の大きさ、小さい~大きいまでを教える時には役立ちましたが、「今、声が大きいから小さくして!」という意味には使えませんでした。
このカードを見せても、とっちゃんの「ちょっと違う。」でダメだしをくらってしまいました。


Kc330170_2







怒ったカード。以前使っていた表情カードです。これでは、怒っていることしか分からないと、これも、とっちゃんから却下。
すると「おかあさん、声のもつくって~」と とっちゃん。

…で作ってみたのが、コレ↓


Kc330172_3






コレを見たとっちゃん。手で good サインを作って、OKを出してくれました。

最近、やっと効果的な支援とは、どういう事か、なんとなく分かってきました。
それは、とっちゃん つまり困っている人に合わせて支援をすること。
出来ないことを出来るようになるために支援するのではなく、本人が困っていることを支援していく。

そうすると出来ないことが出来るようになったりする、不安なことも大丈夫になったりします。もちろん、これまでの支援には使えなかったカードやスケジュールは、たくさんあります。カードやスケジュールって、とっちゃんに必要ないかも?って思ったこともありました。

最初に成功した表情カードが、とっちゃんの困っていることを支援することを始めるきっかけでした。今、スケジュールを好んで使っているとっちゃんですが、最初に成功したのは、年中組の時の運動会でした。不安で仕方なかったとっちゃんが、スケジュールを見ながら安心した記憶が、彼が今スケジュールを使う理由でしょう。

支援は、支援する側が楽になるためではなく、支援される側が困っていることを軽くするためにあるものだと思います。

…で、上の“声が大きいカード”の効果は???
もちろん、すぐには、とっちゃんの声が普通になることは、ありません。
でも、声が大きくて困るとき、このカードを見せると、ハッとした表情になり、「分かった。ごめんなさい。」と声を小さくしてくれます。まあ長続きはしませんが…。
でも、それでも積み重ねることによって、声を適切に出せるようになるかもしれないし、絵カードを、また作り直すことになるかもしれません。それでも、今のとっちゃんに“伝わった”から、それはそれでいいのだと思っています。

自分の不安なこと、自分のわからないことを分かるように教えて欲しいと意思表示が出来るようになったこと、それが私にとってうれしい成長です。
スケジュールを作り続けて良かったと思う出来事でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ


↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

« 揺れる気持ち | トップページ | 少しお休み »

療育・支援」カテゴリの記事

自閉症」カテゴリの記事

生活術」カテゴリの記事

コメント

声の大きさ・・・・そういえばうちの息子がTO君くらいのとき、本当に苦労しました。
私自身は、「1の声」「2の声」「3の声」などで、場面場面で言い聞かせていました。映画館などでは、ヒソヒソ声で話してね、といい、それは「ゼロの声」と言ってました。

こういう子供は声の調節が先天的にニガテらしいですね。
訓練というか、年齢が上がるにつれて随分良くなりました。

これって今、息子の担任も普通にクラスで使ってます。
学習発表時の大きさなどでこの間授業参観で使っていました。特別支援学級の先生と仲がよいので、いろいろ教えてもらっているようです。
健常児にも有効なようです。

さりぃさんへ

コメントありがとうございます^^
声の大きさって、やっぱり難しいんですね。

>訓練というか、年齢が上がるにつれて随分良くなりました。
うちのとっちゃんも、声の大きさの調節が出来るようになってくれるといいのですが…。
今すぐはダメでも、“継続は力なり”で、めげずに教えていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 揺れる気持ち | トップページ | 少しお休み »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ