2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の7件の記事

2007年11月28日 (水)

「スケジュールつくって~」

とっちゃんは、最近、自分が不安なことを目で見て、安心したい時に「スケジュールつくって~。」と言うようになりました。
最初に作って!と言ったのは、お父さんが朝、家にいる日といない日のスケジュール。
とっちゃんは、超がつくほどのお父さんっ子。
引っ越ししてから、お父さんが通勤のため、今までより早く出勤するようになり、朝お父さんと会えなくなってしまいました。

朝起きて、お父さんがいないと分かると、泣いたりグズグズが始まり、朝のトイレも着替えも出来なかったり、反対に朝お父さんがいるうちに、頑張って早起きして幼稚園に行くころに眠くなり、幼稚園で教室に入らないストライキをしたり…
(詳しくは、お父さんのブログでどうぞ^^)
それでも、なんとか、朝お父さんに会えなくても、電話で「おはよう。」と「いってらっしゃい。」をいうところまで、“こだわり”を薄くすることに成功したころ、「スケジュールをつくって~」の言葉でした。

きっと、朝 お父さんに会えなくても、電話をしてお話が出来る…と言うことで納得したけれど、それでも、お休みの日に お父さんがいる日を分かると安心する、または、あと何日するとお休みで、お父さんが家にいるということが分かりたかったのかもしれません。

このスケジュールを作ってから、またグンッと朝の聞き分けが良くなりました。
自分から「お父さんに電話してね~。」と起きるようになりました。
きっと分かれば安心するのでしょう。

もう一つは、声の大きさ。
とっちゃんの声は、いつも、どんな時でも大きくて、それが興奮しだすと、もっと大きくなる。家族みんなに「声が大きい!」「とっちゃん、うるさい!」って言われても、平気で、騒ぎ続けてました。なんとか分かって欲しくて絵カードを作ってみました。


Kc330171_3







声の大きさカード。声の大きさ、小さい~大きいまでを教える時には役立ちましたが、「今、声が大きいから小さくして!」という意味には使えませんでした。
このカードを見せても、とっちゃんの「ちょっと違う。」でダメだしをくらってしまいました。


Kc330170_2







怒ったカード。以前使っていた表情カードです。これでは、怒っていることしか分からないと、これも、とっちゃんから却下。
すると「おかあさん、声のもつくって~」と とっちゃん。

…で作ってみたのが、コレ↓


Kc330172_3






コレを見たとっちゃん。手で good サインを作って、OKを出してくれました。

最近、やっと効果的な支援とは、どういう事か、なんとなく分かってきました。
それは、とっちゃん つまり困っている人に合わせて支援をすること。
出来ないことを出来るようになるために支援するのではなく、本人が困っていることを支援していく。

そうすると出来ないことが出来るようになったりする、不安なことも大丈夫になったりします。もちろん、これまでの支援には使えなかったカードやスケジュールは、たくさんあります。カードやスケジュールって、とっちゃんに必要ないかも?って思ったこともありました。

最初に成功した表情カードが、とっちゃんの困っていることを支援することを始めるきっかけでした。今、スケジュールを好んで使っているとっちゃんですが、最初に成功したのは、年中組の時の運動会でした。不安で仕方なかったとっちゃんが、スケジュールを見ながら安心した記憶が、彼が今スケジュールを使う理由でしょう。

支援は、支援する側が楽になるためではなく、支援される側が困っていることを軽くするためにあるものだと思います。

…で、上の“声が大きいカード”の効果は???
もちろん、すぐには、とっちゃんの声が普通になることは、ありません。
でも、声が大きくて困るとき、このカードを見せると、ハッとした表情になり、「分かった。ごめんなさい。」と声を小さくしてくれます。まあ長続きはしませんが…。
でも、それでも積み重ねることによって、声を適切に出せるようになるかもしれないし、絵カードを、また作り直すことになるかもしれません。それでも、今のとっちゃんに“伝わった”から、それはそれでいいのだと思っています。

自分の不安なこと、自分のわからないことを分かるように教えて欲しいと意思表示が出来るようになったこと、それが私にとってうれしい成長です。
スケジュールを作り続けて良かったと思う出来事でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ


↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2007年11月22日 (木)

揺れる気持ち

10月にあった就学相談では、たけ父さんと話し合って、とっちゃんは情緒学級を希望しました。(就学相談のことは、たけ父さんのブログに詳しくUPされてます。)
何度も話して、とっちゃんの様子を見て決めたつもりでも、揺れ動く気持ち。

本当に、これで良かったのだろうか…

とっちゃんの成長の芽を摘むことにならないだろうか…

とっちゃんが調子よくしていると、もしかして普通学級でも何とかやっていけるかも…?

…と思ってしまいます。

けれど、そんな希望をことごとくうち砕くかのように、大きなパニックはないものの、小パニックを繰り返すとっちゃん。
特に、お友達関係のことが気になります。

とっちゃんとこぼちゃんは10月生まれなので、10月は、幼稚園の誕生会に私も出席したり、仲の良いお友達のお家に遊びに行ったりと、とっちゃんとお友達の関係を見る機会がありました。

幼稚園の誕生会では、母親である私が側にいることで安心する部分があったのか、かなり気持ちのコントロールが出来ず、自由遊びの時間にパニックを2回起こしました。
1回目は、大好きなお友達と上手く遊べず、「○○くんが遊んでくれない!」と教室を出てテラスで泣きパニック。2回目は、こぼちゃんと兄弟げんかをして、走って教室を出て逃走。テラスで保護しました。

とっちゃんとお友達の間を見ていると、こぼちゃんと同じお友達グループにいるのですが、遊びについていってない様子。年中さんの頃は“ごっこ遊び”が中心で、“ごっこ遊び”に慣れてしまえば、役?になりきって遊べて、かえって遊びやすかったようでした。実際、「今日は、○○ごっこしたよ~。ぼく、○○になった~^^」なんて楽しそうに帰って来ました。
ところが、今の幼稚園に転園してからは、「○○ごっこして遊んだ。」なんて言うことはなくなりました。お絵描きや粘土遊びをみんなで、遊んでいるみたいです。
(外遊びの時は、リサーチ不足で遊びの内容は、わかりませんが…)
それも、私が見ているときは、コロコロと遊びが変わっていっていました。
今はコレ、次はコレ…みたいな感じです。
でも、とっちゃんは、遊びは集中して遊ぶタイプです。お絵描きならお絵描きを集中して遊びます。でも、何時の間にかお友達は違う遊びをしている…置いて行かれた…寂しい…
そんなことを言っていました。

2回目のパニックの原因、こぼちゃんとの兄弟げんかもお友達とのやり取りが絡んでいて、こぼちゃんが悪い訳でも、とっちゃんが悪い訳でもなくて複雑なのですが、こぼちゃんが謝ってくれて仲直り出来ました。

こぼちゃんは、家でとっちゃんと相変わらず“ごっこ遊び”をしていても、コロコロ変わる遊びについていって、遊んでいました。
誕生会の時も私が側に行くと、かえって照れくさいようで、その分パニックを起こしているとっちゃんについていましたが、照れくさいという反応も年相応の子供らしい反応で、私はちょっと寂しくて複雑でした。

私がいる間に2回も教室から出て行ったとっちゃんですが、先生に聞いてみると、走って教室から出ていったのは、今日が初めてということでした。多動性が薄いのが、とっちゃんの良いところなので、この日は私もちょっとショックを受けましたが、先生の話を聞いてホッとしました。

誕生会が終わるとお弁当を一緒に食べたら、ほとんどの保護者の方は帰って行かれました。
私は、とっちゃんが離してくれず、教室で一緒に遊びました。
結局、お帰りの会の後の英語遊びが始まるまで一緒にいました。
(英語遊びは、することが決まっていて、みんなと同じことをするので、とっちゃんは安心するみたいです。自由遊びの方が苦手です。)

「一緒に遊ぼう!」っていってくれるお友達もいるのに、なぜが、前の幼稚園から一緒だったお友達が大好きで、他のお友達と遊べないとっちゃん。
お友達にも“こだわり”があります。幼稚園のお迎えの時も、「○○くんに、ばいばいしてない~!!」と泣きパニックになって地団駄を踏んでました。

少し前に、とっちゃんの大好きなお友達の家に遊びに行った時も、(こぼちゃんも、前の幼稚園から仲良しのお友達)お友達とこぼちゃんの遊びについていけずに、小パニックを起こしていました。
そんな姿を見てると、「やっぱり普通学級は、とっちゃんには大変かもしれないなぁ…。」と思います。
これが、とっちゃんだけを見ていられる環境なら、すごく成長したし大丈夫!!って思えるけど、うちには、同じ年の同じ日に生まれたこぼちゃんがいます。
とっちゃんが成長した分以上の成長を難なくしていくこぼちゃん。
ただ、普通にしてるだけて、いろんなことを吸収して成長していきます。
二人を見ていると、正直、へこんだりします。
でも、とっちゃんは、とっちゃんのスピードで成長しているんだもん。見守っててあげなくちゃ!と思い直して…
でも、つい、こうして…、ああして…、と教え込もうとしている自分がいて…。
難しいです。

就学相談で情緒学級を希望したけど、その希望がとおるかどうかは、まだ分かりません。
希望通りになったとしても、課題は沢山あります。
小学校と話し合いをしていかないといけないことは、沢山あるし、とっちゃんのことを伝えるための文書作りも始めないと…と思っています。
へこんでなんかいられません。

揺れる気持ちを吹き飛ばし、頑張りますか!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月19日 (月)

寒~いパニック

日本の中でも南の方に住んでいる我が家ですが、そろそろ朝晩が冷えて来ました。
そうなるとパニックになる人がひとり…。
(本当は、私もなんですが、一応大人なので理性で押さえてます…。かなり動きは遅くなりますが…汗)

そんなに、ものすごく寒くは無かったけど、今までより少し寒かった朝のこと。
幼稚園に送っていこうと玄関を開けたとたん、「寒いよぅ…。寒いよぅ。」と私に引っ付くとっちゃん。すっかりパニックモードにスイッチが入った模様。見送ってくれたおばあちゃんも「いつもと違う。」と感じていたそうです。

とっちゃんとこぼちゃんの幼稚園は、制服で登園して、幼稚園で体操服に着替えます。しかもその制服というのが、上は、上着にポロシャツ、下は…

超・短い半ズボン!!

しばらく前から寒さ対策で、ハイソックスは履かせていたものの、ズボンと靴下との間が寒くてたまらないらしい。

歩いて行く間中「寒いよぅ…。寒いよぅ。」「車で行けば良かった…。」とぶつぶつ。
「でもね、とっちゃん、小学校は歩いて行かないといけないんだよ。」なんて言いつつ幼稚園へ着きました。

幼稚園についたら、当然のようにパニックモード全開!!
私の後ろに隠れて、引っ付き離れません。教室に行こうにも、しゃがみこんで抵抗。
こうなったら、もう自力回復は無理なので、教室まで付いていくことに…。

教室に入っても、しばらくは、パニックで何も出来ず、その間、お友達が不思議そうに集まってきたり、再起不能のとっちゃんに話しかけに来てくれたり…
その中の女の子が私に「ねぇ、おしごとは、してないの?」と聞いてきました。

「お仕事はしてないよ。だから、今ここに居られるんだけどね…。」半分独り言のように返事をしました。
子供達がこのくらい大きくなると「仕事しないの?」と聞かれることがあります。
でも、私は敢えて仕事はしません。
とっちゃんの療育や支援の相談が、ほぼ1週間に1回の割合であります。その度に仕事を休むなんて出来ないし、たけ父さんに代わってもらうことも仕事上無理です。
かといって療育や支援の相談を減らす訳にはいかない。
それに、とっちゃんは、今、伸び盛り。言葉で上手くコミュニケーションが出来なかった時代をやっとぬけて、いろんなことが分かり始めている今が大切です。
良いこと悪いこと、ルールやマナー、教えてあげないといけないことは沢山あります。
幼稚園から家に帰れば、こぼちゃんという絶好の相手と、順番やお友達とのコミュニケーションの取り方など毎日練習できます。(双子の利点です!)
今、この時間を手放すなんて、もったいないです。

それに私自身、一つのことしか出来ないタイプなので、仕事なんか始めたら、とてもじゃないけど、今のように、とっちゃんにスケジュールを作ってあげるとか、療育に連れて行くとか出来なくなるし、まして自分に余裕がなくなり、もっともっと怒ったり、イライラしたりする事が増えるでしょう。こぼちゃんも甘えさせてあげる余裕もなくなると思います。たけ父さんにも負担がいってしまうでしょう。
今の私の役目は、とっちゃん、こぼちゃん、もちろん、たけ父さんが安心して外に行って、『帰ってくる場所』であることだと思ってます。

話がちょっとそれてしまいました。

着替えと荷物の片付け、朝のお仕事を一緒にして、朝のお集まりの会が始まる頃には、とっちゃんも落ち着いて来たので退散しました。
寒いことで毎日パニックになられても困るので、子供用の5分丈のスパッツを買いました。
長ズボンを履いてきてもいいと先生に許可をもらったけど、こぼちゃんと同じものを着るという“こだわり”があるので、「長ズボンは嫌!」だそうです。ほんと難しい人です。
当分は、制服の半ズボンの下にスパッツを重ね着させて登園です。
次の日は、「あったか~い^^」とご機嫌でした。
つ、疲れる…。

あ~ぁ…この冬、寒いパニックは何回あるのかなぁ…


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月15日 (木)

サッカーの試合

幼稚園のサッカークラブに入っている双子達。

先日、そのサッカーの試合がありました。
しかし、残念ながら、とっちゃんは風邪による発熱のため、お休みしなければならず、パニック泣き…。かわいそうだけど、37.6℃もあっちゃぁサッカーをさせるわけには、行きません。

会場への行き方が分からないのと、ビデオ撮影のため、たけ父さんも2試合の内1試合限定で、見に行くことにして、とっちゃんはおばあちゃんに頼みました。
(ありがとうぉ!おばあちゃん。私達が出掛けた後、とっちゃんは、泣き疲れて?風邪のため?寝てしまったそう。)

会場に到着して、開会式を経て第1試合が、こぼちゃんたちのチームの試合です。
こぼちゃんのポジションはデフェンダー。こぼちゃんに「キーパーとみんなの間にいて、ボールがきたら蹴って守るんだよ。」と言うと「うん!わかった!」とこぼちゃん。
ちゃんとその通りにやってました。
ボールもそこそこ来て、何回かクリアーしていい感じです。
試合は、両チーム点が取れず引き分けでした。

ここで、とりあえず、たけ父さんはお役ご免のハズが…
慌てていたので何も用意していなくて、お腹がすいたこぼちゃんのためにおにぎり、シートを忘れて来たのでシートやら買い出しに行ってもらい、こぼちゃんおにぎりを食べて満足^^
たけ父さんは、とっちゃんのもとへ帰っていきました。
(その後、たけ父さんは、とっちゃんを病院に連れて行ってくれました。)

そして2試合目、今度のポジションはフォワード。
こぼちゃんに、「ここは、ゴールに向かって行っていいからね。攻めていっていいんだよ。」とポジションに付けてあげました。
(子供たちは自分でポジションに付けないため、親が付けてあげてから試合開始です。ちなみに、選手はレギュラーとか無くて、みんなで交代しながら全員出るという方式です。)

2試合目 試合開始。
するとこぼちゃん、なぜか、後ろに下がりデフェンダーになってました(笑)

ボールに集まって混戦のなかボールにさわっても歓声はわかないけど、敵のボールを跳ね返すと歓声がわきます。それが気に入ったみたいです^^

まぁ、子供達はポジションなんて知ったこっちゃないので、みんなだんご状態です。
こぼちゃん、ポジション取りも悪くなくて、何回か、ボールをクリアしてました。

フォワードは、やっぱり運動神経が良くて、上手い子が自然とボールをもっていきます。自分で行くっていう強引さもあります。シュートもそのまま打って「ゴール!!」ってな感じです。
こぼちゃんは、そんな強引さもないし、私とたけ父さんの子なので、運動神経は???
ちゃんと、自分が活躍?出来る場所を見つけるあたり、自分が分かってるねぇ…
少し感心しました。

試合は、4対4の引き分け。
残念ながら、勝てなかったけど、こぼちゃんもみんなも頑張ってました。
私も中学、高校とスポーツの部活をしてたので、なんか血が騒いじゃいました(笑)
また、なんかスポーツしたいなぁ…って時間ないけど…。

試合が終わって、とっちゃんの事が心配だったので、みんなより先に帰らせてもらいました。…が、道が???で、一瞬、迷子になっちゃいました~(笑)
私、やっぱり方向音痴でした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月12日 (月)

カレーVSビーフシチュー

ある日の双子たちの会話。

こぼちゃん 「今日の給食、カレーだったー。」

とっちゃん 「え~、違うよ~!ビーフシチューだよ!」

こぼちゃん 「え~、うそだぁ。だってKくんもカレーだっていってたもん!!

それにご飯がのってたし、カレーの味がしたもん!」

とっちゃん 「違うよ~!!だってSくんがビーフシチューだっていったもん!!」

こぼちゃん&とっちゃん 「おかあさん!給食のメニュー表、見てみて!!」


給食のメニュー表を見てみると…、

そこには「ハヤシライス」の文字が(笑)

「ハヤシライス」…確かに味はビーフシチューに近い、ご飯ものってる。
けど、こぼちゃん、カレーの味がしたって、いったい?!(笑)

母 「メニュー表には、ハヤシライスって書いてあったよ~。」

とっちゃん 「あぁ~ハヤシライスね~。」

こぼちゃん 「ぼく、そうだとおもっちょった!」←(笑)

こぼちゃんの負けず嫌いのところがおもしろかったです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月 5日 (月)

きょうだい児の想い

今日の記事は、夏休みが終わって9月頃のこぼちゃんのことです。

夏休みが終わって、すぐ、運動会の親子リズムの練習とかけっこの参観日がありました。
いつもと違って、たくさんの人に、とっちゃんは落ち着かない様子。
それでも、去年とは違って、怖がってパニックになったりすることもなく、参観日をこなしていました。
ところが…お集まりの時、こぼちゃんの後ろに立っていたとっちゃん。
なにやら、こぼちゃんにちょっかいを出しているのが、教室の外で見ててもわかります。
後ろから、つっついたり、抱きついたり、髪をひっぱったり…

いくら何でも、あれじゃぁ、こぼちゃんがかわいそう…。

たけ父さんと、そんな話をしているうちに
こぼちゃん、我慢しきれずに、とうとう泣き出してしまいました。
(参観日は土曜日で、たけ父さんも参加)

この姿を見ていて、小学校1年生くらいは、とっちゃんのためには同じクラスがいいかも…と思っていた私達は、考えを改めました。
こぼちゃんのためにはクラスを別々にした方がいいと、たけ父さんと意見が一致しました。

幼稚園からの帰り道、とぼとぼ歩くこぼちゃんに「元気ないね。」と言うと、「あのね。とっちゃんがね、ぼくを泣かせた~。」とこぼちゃんが話しました。
「とっちゃんは、参観日でいつもと違うから落ち着かなかったの。だから、こうちゃんをつっついたりすることで落ち着かせてたの、ごめんね。」と言うと、かすかに頷いていました。

その次の日。3連休のなか日
職場に忘れ物をした、たけ父さんが忘れ物を取りに行くのに、とっちゃんは「お父さんと行く!」と付いていき、こぼちゃんはお父さんが誘ったのに、こちらに来て間もなかったおじいちゃんとおばあちゃんと遊ぶと言って付いて行きませんでした。
おじいちゃんとおばあちゃんと遊んでいた時、それは楽しそうに、はしゃいで遊んでいました。お父さんとのドライブから帰って来たとっちゃんにも「おじいちゃんとおばあちゃんと遊んで楽しかった~。」と話していたこぼちゃん。
とっちゃんは、とっちゃんで、お父さんっ子なので「お父さんとラブラブ・ドライブだった~」と言っていました。

その夜、夕食を食べようとすると…こぼちゃんがお腹を押さえて「お腹が痛い…。」とお腹を痛がりました。歩くのもお腹を押さえて体を曲げて歩いていて、とっても痛そうでした。夕食は、それでも食べたいと言うので、お粥を作ってあげて、食べたら、やっぱりお腹が痛くてお腹を押さえて体を曲げて歩いて寝室へ。
そのまま、寝てしまいました。

いつもと違う、あまりの痛がりように心配になって、県の小児救急医療電話相談に電話をしてみると…
「子供がお腹を痛がるので多いのは、ストレスとか心配のないものと、虫垂炎と腸重積とか、ほっておくと危険なものもあるので、よく様子を見て下さい。」
「今、寝てしまったのなら、ちょっと様子が心配なので、1回起こしてみて、お腹が痛くないか確認してみて下さい。」とアドバイスしてもらい
寝ているこぼちゃんを起こしてお腹が痛くないか確認してみました。
すると、「お腹痛い!」と返事するので、救急病院に行くことにしました。
病院に向かう車の中でも寝ているこぼちゃん。
病院に着いて車から降りる時、目を覚ましました。
診察の受付をして、椅子に座って待っていると、目が次第に覚めてきて
自分が何でここにいるか、分からない様子。
お腹が痛くないか聞いてみると、あっさり、「痛くない。」
それでも、念のため先生に見てもらいました。
お腹を触ってもらって診てもらいましたが、異常はなく、ほっと一息。
会計を待つ間、どうしてここに来たのか理解できないでいるこぼちゃんに

「あのね、こぼちゃんがものすごくお腹が痛いっていうから、心配で夜、病院まで連れてきたんだよ。お父さんもお母さんもこぼちゃんのこと、ものすごく心配だし、ものすごく大事なんだよ。」って前から伝えたかったことを話しました。

こぼちゃんは、「うん。」とだけ言いました。
目は、うるうると涙を溜めていました。

帰り道、「今日、とっちゃんはお父さんとラブラブ・ドライブだったけど、こぼちゃんは、お父さんもお母さんも一緒の夜のドライブだよ、ラブラブだね~。」と言うと、私の手を握って「うん!ラブラブ・ドライブだ~!」と嬉しそうでした。
もしかして、自分で選んで、お家でおじいちゃんとおばあちゃんと遊んで楽しかったけど、親と一緒のラブラブ・ドライブをしてきたとっちゃんが、あまりにも「ラブラブ^^」って言うので寂しかったのかもしれません。


こぼちゃん、私が伝えたかったこと、伝わったかな?
こぼちゃんが我慢していること、わかっているつもりだよ。
お父さん、お母さんが、とっちゃんのことを事あるごとに心配しているのも、寂しい気持ちになっているかもしれない。
でも、でも、こぼちゃんのこと、とっても大事だよ。

こぼちゃんは、小さな胸に、どんな想いを抱えているのだろう…。
私達、親が想像する以上に、きょうだい児って、大変かもしれない。
特に、こぼちゃんは双子の兄弟。
同じクラスに、とっちゃんがいて、パニックになっているとっちゃんも間近に見てるし、トラブルに巻き込まれてもいる。さりげなく、とっちゃんの様子を見ていて私に教えてくれたり、とっちゃんを助けてくれたり、24時間、いつも一緒。
別々なのは、寝ている間だけ…。
こぼちゃんのストレスは、計り知れない。

こぼちゃんのストレスのケアをしっかりしてあげなけないといけない。
とっちゃんを守ってあげるように、こぼちゃんも守ってあげないと。
きょうだい児の想い…見失わないように、ちゃんとこぼちゃんを見ていこうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年11月 1日 (木)

運動会とスケジュール絵本

運動会の朝、とりあえず起きてすぐ、こぼちゃんの体をさわってみると…

熱は…なし!

ちゃんと熱を測るのは、こぼちゃんが起きてからにして、お弁当作り。
たけ父さんも、協力して、おにぎり作り。
(たけ父さん、いつもありがとう!)

空は…、今にも雨が降りそうな暗~い曇り空。
大丈夫かな?
今回は、延期はなし。なんとかもってくれ~~~と空に頼んで…。

こぼちゃんと とっちゃんを起こして、こぼちゃんの体温を測る。

36.8℃…こぼちゃん、一時復活っ!! 運動会に参加決定。
(なぜ、一時復活なのかは、また後で。)

こぼちゃんには、病院の先生に言われたとおり「かけっこと登り棒とリレーと鉄棒はお休みするんだよ。」とメモまで渡して話す。この時は「うん!わかった~!」なんて調子のいい返事をしていたこぼちゃんです。

さて、とっちゃんには、用意していた「運動会のスケジュール」を渡し、「不安になったら、これを見て頑張ってね。」とズボンのポケットに。

昨年の運動会のスケジュールはコチラ

今年の運動会のスケジュールはコチラ↓

Kc330165
スケジュールも進化してマス。今のとっちゃんは、この絵本型のスケジュールがお気に入り。




Kc330166_2 とっちゃんの出る競技には、ページの枠を蛍光ペンの黄色で塗ってあります。







Kc330167 運動会の総練習の時にスケッチして来た絵が役立ちました。






Kc330168 イメージの絵が描けないものは、文字で書いています。
開会式、閉会式など…








園児は準備があるので、早めに幼稚園に連れていかないといけない…ということなので
8時に幼稚園に送って行きました。
ここで、親は一旦 家に帰り、お弁当作りの続き…
(まだ、出来てないのかよ~~汗)

昨年は、まったく余裕がなくて、お弁当は、おにぎりを作ったのみで後はオードブルにしました。
けれど今年は、ちょっと余裕が出来たのか?作ることにしました。たけ父さんも手伝ってくれたし、私の母もおかずを2品提供してくれたし、生協のお助け商品も入れて、なんとか形になりました^^

それにしても、昨年は、運動会が始まるまで、ずっと手を握っていたとっちゃんが、この日は、独り立ち。
お友達と一緒に幼稚園で準備してます。すごいな~。成長したなぁ…
(昨年の運動会の様子は、コチラコチラコチラ

私達は、運動会が始まるころ…じゃなくて、運動会の始まりの鼓隊が始まったのと同時に、慌てて家を出て幼稚園に向かいました。(幼稚園まで歩いて5分です。)
鼓隊に何とか、たけ父さんが間に合い、幼稚園の玄関の方に回り道していた私は、鼓隊が通り過ぎて、後ろ姿が見れただけ…の時、到着。

でも、とっちゃん、親がいなくても、ちゃ~~んと鼓隊でピアニカを吹いてましたぁ!
良かった、良かった。
それから開会式、体操と進んで「かけっこ」

こぼちゃん、「かけっこ」は見学のはずが…
先生に「ぼく、走りたい!」と直談判して、ちゃっかり走りました。
親に言っても、ダメだとわかっているところが、スゴイです。
先生は、見学させてくださいって言ってある競技の前に、すべて確認に来てくださいました。(先生、ごめんなさい…汗。結局リレー以外全部出場!リレーは熱を測ったら37℃を超えていたので見学。)

「かけっこ」とっちゃんも、ちゃんと走ってました。
昨年は、走るまで私が側に付いていたのに、今年はちゃんとみんなと一緒に入退場していました。順番は……順番にこだわりが無くて良かったです。

次の年長さんの競技は、「登り棒」
少し前に、こぼちゃんが頑張って、登れるようになったと誇らしげに見せてくれた「登り棒」
当日は、3日間ずっと寝ていたのがたたって、こぼちゃんも途中まで登ったところで、お友達の手助けが来てしまい、お友達の助けを借りて登り切りました。ちょっと悔しそう…。
とっちゃんは、登り棒に張り付いたまま登れず、みんなに助けてもらって登りました。

その次は、じょんがら祭りの音楽とともに、踊りと組み体操のリズム。
なぁ~んと重いとっちゃんが上になっている所もありで、ハラハラ、ドキドキ。

などなど…

朝は、曇り空で今にも雨が降りそうだった天気も、途中晴れ間がのぞいたりしていい天気になりました。
午前中の競技が終了して、お昼休みのお弁当!
頑張って作ったお弁当は、なんか、やっぱり良かったです~^^
園庭で、家族4人で仲良く食べました。

そして、午後からは、年長さんの発表。
かんぽっくりで入場して、鉄棒で逆上がりをするというもの。
これも、ドクターストップが、かかっていたのに、こぼちゃん頑張ってやっちゃいました。
二人とも逆上がりは出来ないので、補助板で先生のお手伝いで、なんとかクリア。
お友達の中では、一人でくるんっと出来る子が何人もいて、感心しました。

そして、跳び箱の発表。
こぼちゃん、ちゃんとぴょんと飛び越せました。
出来て当たり前!の顔が誇らし気です。
とっちゃんは、よいしょっとばかりまたいで、ぴょん。笑いを誘ってました。

後は保護者と一緒にする団技をして、綱引き。
最後は、各チームから選手を出してのチーム対抗リレーと進み…
閉会式で無事終了です。

この間、とっちゃんは、全くパニックを起こすことなく、時々 園児席を覗くと、私が作ったスケジュールの絵本を開いて、自分で見通しをたててました。
すご~~い!!
昨年、夢に見た普通に運動会参加が、スケジュールの助けがあるとは言え、出来ました。
嬉しかったです~~。
後は、並ぶ順番をこぼちゃんの後ろにしてもらっていたので、何か不安になるとこぼちゃんにひっついてました。こぼちゃん、小さな保護者をしてくれていました。いつもありがとうね。

今年の運動会は、年長さんは全競技(20競技)のうち、なんと10競技に出場プラス鼓隊演奏というハードさ!
これをすべてこなしたご褒美は、金メダルでした。
ひとりひとり首にかけてもらって、とっても嬉しそうなとっちゃんとこぼちゃん。
帰っておじいちゃんとおばぁちゃんに自慢していました。

運動会には、6月までいた幼稚園の担任の先生も見に来てくださり、成長を喜んでいただきました。T先生と記念撮影をしてニッコリの二人。
嬉しかったね。

運動会が終わり、帰ってお風呂に入って休憩をしていると…なにやら、たけ父さんがゴソゴソ。お弁当の残りを食べてる~~~っ!
お弁当を食べてる たけ父さんを見つけた双子達。

「ずっる~~い!ぼくたちも食べる!!」とたけ父さんと3人で、お弁当を食べ始めました。とっちゃんとこぼちゃんが「お母さんも食べる?」…って、ねぇ。

「今、お弁当なんて食べてるの、きっとあなたたちだけだと思うよ。母さん疲れた…。」
と辞退して3人が食べているのを見てました。
ほんと、あなた達よく食べる……。

無事終了したはずの運動会。
復活したはずのこぼちゃんは、翌日の日曜日から、また頭痛と発熱…。
ねっ!だから、見学しとけば、良かったじゃないって大人は思うけど、頑張った想い出は何にも代え難いものかもしれません。
またもや2日間、寝込みました。
でもまあ今は元気になってるので、よしとしますか…

いろいろありましたが、楽しい運動会でした^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ 障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ ↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ