2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の6件の記事

2007年10月31日 (水)

運動会前

ちょっと前の話になってしまいましたが、運動会のお話です。
今日は、運動会前のことです。

双子達の幼稚園の運動会は、10月の三連休の日曜日に予定されていました。
しかし、その三連休は、天気が悪く一週間延期して、次の土曜日に延期になりました。
夏休み明けから、ずっと運動会の練習だったので、疲れはピーク。

とうとう水曜日に、こぼちゃん発熱!!

「首の後ろが痛い~」なんて嫌なコト言うし、もう心配しました。
とりあえず病院に行って、薬をもらい幼稚園もお休み。
頭痛もひどくて、熱も高いし、前日の金曜日になっても熱が下がらないので、運動会をどうしようかと相談に病院に行くと…
「点滴をしてみましょう。ウイルス性のものだとそんなに効かないけど、細菌性の熱だとじかに、抗生剤を体に入れられるから、良く効くし、原因の検査も出来るから。」

とのことで、こぼちゃん運動会のために点滴をすることに…
点滴の針を打つ間、別室に行って戻ってくると、こぼちゃんニコニコと点滴してました。
「痛くなかった?」と聞くと「全然!」
相変わらず我慢強いです。
看護師さんからも「ひとつも泣かないなんて、えらいね~。」と褒められて上機嫌なこぼちゃん。点滴を打っている間も大人しくしてました。
肝心の運動会は、「熱が37.5℃以上ならお休みで、熱が下がっても、かけっこ、リレー、登り棒、鉄棒の逆上がりは見学しなさい。」とドクターストップが。

点滴を打って、俄然 元気になって来たこぼちゃん。熱も37℃に下がり、明日、熱がなければ運動会も出られるかな~と一安心。
…が、今度は明日のお天気が怪しいらしい。
くもりのち雨…。

とっちゃんは、自分で作った「てるてるぼうず家族」に「明日は晴れにしてください。」
とお願い。

Kc330160


さて、我が家の運動会は、どうなることやら…


2007年10月17日 (水)

6歳の誕生日おめでとう

こぼちゃん、とっちゃん

誕生日おめでとう。

5歳の1年間は、きみたちにとって激動の1年だったね。

新しいお家が出来て、大好きなお友達や先生との別れ

そして、新しい環境での戸惑い

でも、それも、二人で頑張ってくれたね。

今では、新しい幼稚園にも馴染んで

運動会では、たくさんの種目に参加して頑張ってたね。

かっこよかったよ。

とっちゃんは、私が作った運動会のスケジュールノートをひとりで見て

自分で不安になるのを押さえてたね。

パニックにならずに、ちゃんとみんなと一緒に、たくさんの種目に参加できたね。

お母さん、とっても頼もしかったよ。

こぼちゃんは、運動会前に熱が出て点滴までして、運動会を頑張ったね。

看護師さんが「ひとつも泣きませんでしたよ。」って褒めてくれた。

だって、頑張ってたもんね。運動会に出たかったね。

登れなかった登り棒も、サッカーの練習の時、登って見せてくれたね。

本番では、ずっと熱が出てたのが響いて、上まで早く登れなくてお友達に

手伝ってもらっちゃったけど、お母さん、ちゃんとこぼちゃんが登れたの知ってるよ。

生まれた時は、未熟児で、とぉっても小さかった君たち、大きくなったね。

来年は小学生。

どんな世界が待っているのかな?

君たちにとって素敵なところだといいな

そうなるように、がんばるからね。

元気に大きくなってくれた君たちに感謝

幸せをありがとう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年10月15日 (月)

大食い

最近よく食べるとっちゃんとこぼちゃん。
ファミレスに行けば、お子様セットじゃなくて、普通のメニューを選ぶし(もちろん殆ど完食!)、お好み焼き屋さんに行けば、ほぼ一人1枚。焼き肉に行けば4人前を注文する我が家。この子達が、大きくなって食べ盛りになったら…と考えると今からコワイです。
しかも、私は料理が苦手だし、食費を抑えた献立なんて出来るんだろうか…(汗)

そう言えば、幼稚園に転園した初日。
お迎えに行くと、こぼちゃんの第1声は、「給食が少なかった。」でした。
前の幼稚園は、公立で小学校と同じメニューで、量もたくさんあったらしいです。
おかわりもいっぱいあって、もちろん、おかわりをして、先生に「よく食べますね~。」と感心されたほどだったこぼちゃん。さすがです。

あんなに偏食だったとっちゃんも、今じゃあ、初めて食べる物と青い野菜、ほうれん草とかピーマンとかの野菜、きゃべつが苦手で、あとは、結構食べてくれるようになりました。
小さいころは、プチトマトと白ごはん、果物しか食べなかったとっちゃん。
今の食べっぷりは喜ぶべきことなのかも。

こぼちゃんは、もともと好き嫌いなく何でもおいしいと食べてくれるので、助かりました。
私が多めに料理を作らない主義なので、我が家は、いつも弱肉強食。早い者勝ちです。
大皿に盛って取り皿に取って食べるスタイルの我が家は、子供達に食べられた後、親が食べる感じでした。これじゃあ、食べる物がなくなると、たけ父さんから「子どもと親が食べる量をわけて盛りつけて!」と切実なリクエストがありました。
誰が何を、どれだけ食べたか分かりやすいので、ケンカもおきず(子供達がケンカを…)
平和です。もっと早く分けておけば良かった。

すでに、かなり成長している二人。
これ以上大きくなると抱っこも難しくなるぞ~
いい加減しといてね~^^;


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年10月11日 (木)

助っ人参上?!

9月中旬、5月に引っ越してから、ずっと空き部屋になっていた1階に、おじいちゃんとおばあちゃんが引っ越してきました。遠くに嫁いだ私のところに、遠いところから、やって来た父と母。子供達は、おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に住めると大喜び。毎日、「おはよう、言ってくる~。」「行ってきます。」「ただいま~」「おやすみなさい。」と必ず挨拶にいく双子たち。父と母は、もう、かわいくてしかたがない様子です。
住み慣れた土地を離れた寂しさを癒してくれているみたいです。

私も、今まで昼間は一人で子供達をみていた緊張感から解放されて、ほっと一息です。
何かあったら、「ちょっと見てて!」って言えるっていいなぁ…って思います。
贅沢かもしれません。

おじいちゃんとおばあちゃんが来た初日、お迎えに行った時、車のバッテリーが上がって、交換しなくてはならなくなって、交換に行っている間も家にいてくれるから、安心して子供達を置いていける。
こぼちゃんが、お休みの日の夜中にお腹が痛くて救急病院に行った時も、寝てしまったとっちゃんを起こさずに安心して病院に行ける。(いつ、とっちゃんが起きてきてもいいように待機してくれていました。)
払い忘れていた税金の支払期日の当日、何とか思い出して市役所に支払に行く時も、急がないといけなかったから「ちょっと、みてて!」で、双子と遊んでくれていました。
ものすごく有り難かったです。

こっちに来て、引っ越しの疲れが出て、おじいちゃんが肺炎になってしまい、点滴で毎日通院しなくてはならなくて、私も車で送迎したり。お世話になったり、お世話をしたり…。家族って、側にいてくれたら心強い存在ですよね。
助け合って暮らしていけたらなぁ…と思います。

こちらに来たいと言った両親に、「一緒に住みましょう。」と言ってくれた、たけ父さんに感謝します。ありがとう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


2007年10月 8日 (月)

「電気をつけて」

夏休み中のある日のこと。

夕食前のお片づけの時に、なぜか子供部屋に入れず、メソメソしているとっちゃん。

「どうしたの?」と聞くと「こわい~。」
「こわくないよ。大丈夫だよ。」と言ってもメソメソが止まらないので、
プチッと切れて「もう!そこでそうしてなさい!」と言ってしまいました。
夕食も作らないといけないし、でイライラモードだった私。
その後は、たけ父さんが対応してくれました。

何回も「どうして?」と聞いて、やっと「暗くてこわいから入れない。」と明確な返事。
たけ父さんが電気をつけてあげると、中に入っておもちゃのお片づけ。
お片づけが終わった後も、私の方を睨むように見ているとっちゃん。

ここは一つ歩み寄ろうと

「とっちゃん、怒って悪かったね。暗くて怖かったなら、暗くて怖いから電気つけてくださいって言ってくれるといいんだけど。これからは、電気をつけてくださいって言ってくれるかな?」と言うと

「いいよ。」
そして仲直りの握手。

このことがあってから、とっちゃんは、ちゃんと「電気をつけてください」って言えるようになりました。
伝えることが苦手なとっちゃんを怒ってしまい、反省の母でした。
とっちゃんが伝えたいことを引き出せるように努力したいと思います。


障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^

2007年10月 3日 (水)

小さな机

お引っ越しするまで、とっちゃんとこぼちゃんが遊んでいたのは、畳の部屋。
新しい家の子ども部屋は、フローリングです。
すると床より、ちょっと高めに造った畳みのリビングに、おもちゃを持ち込んで遊ぶとっちゃんとこぼちゃん。

日本人だねぇ~。
畳の部屋がいいんだねぇ~。なんて感心していると、畳の上でお絵描きをするように…。
それは、やっぱり、姿勢も悪くなるし、ちらかるしで、小さな机を2つ購入。
シンプルなデザインで、お手頃価格。(1つ1000円ちょっと。)
とっちゃんとこぼちゃんも気に入った様子。

お休みの日なんて
お絵描きが好きなとっちゃんは、朝起きると、とりあえず机に向かいお絵描き。
こぼちゃんもつられて、お絵描き。
午後からは、子ども部屋に机を持っていって、おもちゃもひっくり返して、なにやらごっこ遊び。とっちゃんは、いつでもお絵描きに入れるように色鉛筆と紙をセットしたまま、お気に入りのぬいぐるみものせて。こぼちゃんは、お気に入りのぬいぐるみをのせて、ほかにもお気に入りのおもちゃをのせて自分スペースに。

子ども部屋には、二人で使えるようにと大きな机を買っておいたのに、なぜか、小さくても自分の机がいい様子。

二人ならんで、机に向かっているのも、ちょっと微笑ましいです。


障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援のクリックをしていただけたら、うれしいです^^


« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ