2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« 発達検査 | トップページ | 迷子? »

2007年3月14日 (水)

道がなくなった

この記事は、昨年の夏、4歳10ヶ月頃のことです。
ずっとUPしそびれていましたが、迷子?に併せて、UPしました。

週末、家族で買い物に行くのが、我が家の定番。お店の中で小走りに走って、私の所まで来ようとしていたとっちゃん。もちろん周りなど見ているわけもなく、母の「周りをよく見て!」という声も聞こていない。
人とぶつかりそうになってしまって、初めて人に気が付いた。
その人がよけてくれたのでぶつからなかったが、不安そうな顔をして「抱っこ~ぉ」のとっちゃん。

「どうしたの?」と聞くと「人にぶつかりそうになって、道がなくなった~~~。」と言う。道がなくなったかぁ。それを聞いて、すこし切なくなった。
とっちゃんは、どんな世界に生きているのだろう。人が出てきて、ぶつかりそうになったからって道はなくならない。そう思うのが一般の人だ。でも、とっちゃんは、そう思ってしまう、もしくはそう感じてしまう…。きっと怖かったのだろう。

少し前には、こんなことがあった。帰り道に保育所(双子たちが一時保育で通っていた保育所)があり、保育所の先生に会いに寄った帰りの出来事。

家に帰る前に曲がり角があり、そこを曲がれば家はすぐそこ。
そこに白線をまたいで車が路上駐車していた。
車を見るなり、とっちゃんは動けなくなってしまった。
以前も(保育所時代)、帰り道、白線をまたいで車が止まっていると、一歩もそこから動けなくなっていた。手をつないで車をよけようとしても、抱っこしても、火がついたように泣き出した。まだとっちゃんの障害が分からない時だったので、私はわけが分からなかった。

診断を受けたとき、先生に「道がずっと続いているか、不安なのかもしれません。」と言われ、それからは、車が出るのを待って先に進んでいた。でもある時、幼稚園に上がった頃から手をつないで「車を追い越していこう!」と言うと「そうだね。追い越していこう。」と車をよけられるようになっていた。

なのに、何故…?戸惑っているうちに車が発進して行って一言

「ここからお家が見える。ここでお家が見えないと、怖い!」ととっちゃんが言った。

そうか、だからここの場所に来ると「見て見て!お家だよ~!」とよく言っていた。
この曲がり角で、家があることを確認して安心していたのか……。いつも見えるはずの家が見えなくて、不安だったんだ。

とっちゃんが話せるようになってから、とっちゃんの謎の行動が、とっちゃんの言葉で聞くことができるようになってきた。おかげで、どうしてこうなの?、という謎が解けて来た。でもそれと同時に、「やっぱり自閉症なんだね。」と思う。本に書いてあるようなことを次々に言い出すとっちゃん。

とっちゃんの住む世界は、どうなっているのだろう。いつもと違うと不安でたまらないとっちゃん。いろいろな経験をして、いつもと違っても大丈夫って思える日がくるのかな?少しでもとっちゃんの不安がなくなるためのサポートの方法を捜している途中です。

障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

↑よかったら、クリックをよろしくお願いします。

« 発達検査 | トップページ | 迷子? »

自閉症」カテゴリの記事

TO君のこと(4歳から幼稚園まで)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 発達検査 | トップページ | 迷子? »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ