2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« 道がなくなった | トップページ | お別れ遠足 »

2007年3月14日 (水)

迷子?

このところ、ブログの更新が出来ないです。
更新がないにもかかわらず、アクセスしていただいていて
嬉しく思っています。ありがとうございます^^

ここ数日、子供達の胃腸炎をもらい、半分ダウンしておりました。
ダウンと言っても2児の母は寝込める訳でもなく…TT

前振りは、これくらいにして本題です。
実は前回の記事には続きがありまして…
これは、発達検査に行った帰りのことです。

発達検査のご褒美に空港に行って飛行機を見に行った帰りに、ジャ○コに行きました。
ここのジャ○コは、県内で一番大きく子供達も親の私達もお気に入りです。
子供達は、頑張ったご褒美にポケモンのフィギアをGET。
ニコニコです。
(とっちゃんは、ムックル。こぼちゃんは、パチリス。)
1個288円也のおもちゃで大満足の二人で良かった…^^

その後、お腹がすいたと言うので、おやつを買ってベンチで食べました。
この日、とっちゃんは2日前から続いてる下痢が治ってませんでした。
食べ終わって、すぐお腹が痛くなってトイレにダッシュッ!
男の子とあってトイレはたけ父さんが進んで連れて行ってくれるので、たけ父さんにまかせて、私は、こぼちゃんと休憩していました。

なかなか出てこないとっちゃんとたけ父さん。
下痢がひどいのかな…と心配していると、こぼちゃんが
「あれ?お父さんが出てきた?」
私も振り向いて見たけど、その時はたけ父さんの姿はなし。
こぼちゃんと「おかしいね~。」と話ながら、しばらくすると
たけ父さんが、少し離れた入口の近くで身振り手振りで「とっちゃんは?」
私も身振り手振りで「え?いないの?」
たけ父さんは顔色を変えて、入り口から外へ探しに行き、私も後を追って行こうとすると…

「はぁわぁわぁ~っ!! はぁわぁわぁ~っ!!」

聞き慣れた大きな泣き声が!!

「やっぱ、迷子になって泣いてる!」
声のする方を見ると、一人でトボトボと、とっちゃんが買い物スペースの方から歩いてきました。
動きの素早いこぼちゃんに、ともかく一人で行ってしまわないように身柄確保を頼み、たけ父さんの出ていった出口を見て、まだたけ父さんが戻ってないことを確認して、たけ父さんを見つけるために出口の方へ行きました。
出口の近くに行くと、こぼちゃんが、たけ父さんを探しに走り(この時、こぼちゃん指示なしです。自分で考えて行きました。)出口近くまで戻っていた、たけ父さんにとっちゃんがいたことを伝えました。

この間、多分、数分の出来事。

ともかく、とっちゃんが見つかってホッとしていると
たけ父さんが「誰かに連れて行かれそうになっただろ?」と、とっちゃんに言っています。
「へ?」訳がわからない私とこぼちゃん。
とっちゃん泣いたまま。
???????????

なんでも、たけ父さんは、とっちゃんのトイレが終わって手を洗った後、自分もトイレを済まそうと、とっちゃんに側で待っているように言ったのに、ぴゅ~と走って出ていってしまったようです。ちょうど、その時、子供の声で「いやだ。いやだ。」と言う声を聴いたとか。急いで外に出て探していると(多分、たけ父さんが出てきたと、こぼちゃんが言ったのはこの辺りのこと)、親切な人(トイレで一緒だった)が、「あぁ、お子さんでしょ。お母さんが連れてましたよ。」と教えてくれたので、私達がいるところに戻ってみると、やっぱりとっちゃんがいないっ!と言うことで、誰かに連れ去られそうになったと思ったらしい。


「誰かに連れて行かれそうになっただろ?」(たけ父さん)

「うん。」(とっちゃん)

「誰?どんな人?女の人?」(たけ父さん)

「ううん。男の人」(とっちゃん)

「え?女の人じゃないの?」(たけ父さん)

「ううん。男の人」(とっちゃん)

「???????」(一同)

「じゃあ、その人とどこで別れたの?」(母)

「ずっと一人だよ。」(とっちゃん)

「いやだ、いやだって言った?」(たけ父さん)

「ううん。言ってない。」(とっちゃん)

「???????」(一同)


その後、落ち着いてからは、いっかんして、一人だったと言うし、私とたけ父さんは訳がわからず、ともかく帰ろうとするのに、

「絵本のあるところに行きたい。」と余裕をかますとっちゃん。
そんなに、怖がっているふうも無く、謎は深まるばかり…。

ともかく、書店の絵本コーナーに行って、そそくさと帰途につきました。
帰りの車の中で、たけ父さんと話すけど、真相は闇の中。

翌日、改めてとっちゃんに事情聴取。

苦労して聞き出したところによると…

トイレに行って手を洗った時は、ボウケンジャーのことを考えていて、たけ父さんの「側で待ってて」という指示は、入って無かったようです。
とっちゃんは「知らない。聴いてない。」そう…
とっちゃんは、こぼちゃんと一緒の時はいいけど、たけ父さんと二人でトイレに行ったとき、たけ父さんがトイレをしている間、とても不安らしく、ともかく、母のところに行こうと思ったらしいです。

…で、一人でトイレから出ると、通路で前を歩いていた男の人が、僕の方を向いたのが、とても怖くなり、話かけられてもいないのに「連れて行かれるっ!」と思って、お母さんの所に走って行ったら
(方向オンチなのか、全然違う所に行ってしまっていました。)
どこにも母の姿はなく、泣きながら歩いていたところを母に発見された…というのが真相のようです。
「連れていかれる」と思ったのは、幼稚園で見た防犯ビデオを思い出したそうです。

そう言えば、恐怖心の強いとっちゃんは、以前、私の方へ走って来るときに、人にぶつかりそうになり「道がなくなった。」と泣いたことがありました。
もしかして、私達が夜道を歩いているとき、妙に足音が気になったり、怖かったりするのと同じように、一人でとても怖かったので「連れて行かれる」と思ってしまったのかもしれません。…あくまで、多分ですが…。

…と言うことは、子供の声の「いやだ、いやだ。」も別の子、子供を連れたお母さんも別人ということ。とっちゃん本人も否定してるし…。

何はともあれ、とっちゃんは無事だったし、迷子にしても、すぐ見つかった訳で…
これからは、もっと気を付けようと、たけ父さんと話しました。

大きくなったから…と言ってまだまだ安心出来ないなぁ、と思わされた出来事でした。


障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ

にほんブログ村 子育てブログ 障害児育児へ

↑よかったら、クリックをよろしくお願いします。

« 道がなくなった | トップページ | お別れ遠足 »

育児」カテゴリの記事

自閉症」カテゴリの記事

TO君のこと(4歳から幼稚園まで)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 道がなくなった | トップページ | お別れ遠足 »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ