2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« お父さんのブログ | トップページ | へこんでいます »

2006年9月15日 (金)

診断前(3)

★とっちゃんと お友だち(保育所時代~4歳6ヶ月まで)

 保育所に行き始めてから、兄弟以外の関係…お友だち関係の問題も出てきました。保育所に慣れ始めると、お友だちと押す、噛みつく、引っ掻く、つねるなどのトラブルが続出。同じクラスに双子の兄 こぼちゃんがいたおかげか母親が責められることはなかったのですが、とっちゃん一人ならもっと先生方の風当たりが強かったに違いありません。

 家でも言い聞かせ、保育所でも先生方が言い聞かせてくれて、少しずつ とっちゃんのトラブルは減っていましたが、とっちゃんは保育所では一人で遊んでいることが多かったです。それはお迎えに行くと、よく分かりました。お友だちの中に混じって遊ぶこぼちゃんと、一人砂場で遊ぶとっちゃん…しかも周りのお友だちとの間が微妙に空いています。お友だちが近づいてこない様子が見て取れ、その様子を お迎えの時に毎回見るたび胸が痛みました。

 極めつけは、あまり普段お友だちと仲良くしないとっちゃんが 唯一気に入っていたお友だちと「バカ」と言い合いケンカをしてしまったこと。ケンカしてから「ぼく、ひとりぼっち。」と家で よく泣くようになりました。そして保育所に行かないと、言い出しました。
 それからしばらくは、保育所には抱っこで連れていっていました。片手の腕に荷物を引っかけ、片手はこぼちゃんの手を引き、片手でとっちゃんを抱いていきました。この頃には、とっちゃんはかなり重くなっていて数メートルも行かないうちに、腕を変えながら歩いて行きました。こぼちゃんには、手を引くことを我慢してもらって、私の服を持ってもらいながら、何とか保育所にたどり着いていました。こうして頑張って連れていっても、結局私から離れず、「行かない」と言い張って休んだりすることもありました。見かねた旦那さんが「お父さんと行こう」と連れて行ってくれだして(なんたって とっちゃんはお父さん大好き。お父さんの言うことは良く聞いた)なんとか保育所に行きだしましたが、今度はお父さんとじゃないと行かなくなってしまいました。

 お友だちと、うまく関われないとっちゃんが、保育所で唯一頼りにしていたのが担任の先生でした。担任のS先生が、明るく関わってくれて、とっちゃんはS先生が大好きになりました。お散歩の時もS先生に手をつないでもらっていました。
 
*保育所を卒園した今でも、とっちゃんはS先生が大好きで、幼稚園の後、ほぼ毎日 帰りに保育所に寄っています。勤務の関係で先生に会えなかった時のパニック泣きはすごいです。どれだけS先生の存在が大きかったか分かります。そして幼稚園のあと保育所に寄ってS先生に会うことが、今は とっちゃんのこだわりになってしまいました。
 それでも、幼稚園にも慣れて来たので、保育所に寄るのは週一回に減らすよう約束しました。今、彼も成長してS先生に会いに行くのは週一回を納得してくれ「わかった。S先生は週1回ね。」と言っています。ありがたい。…というか、毎日行くのは気が引けるので、母はとっても この成長が嬉しいです。

« お父さんのブログ | トップページ | へこんでいます »

自閉症」カテゴリの記事

成長記録(4歳まで)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お父さんのブログ | トップページ | へこんでいます »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ