2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック 嬉しいです ☆  ありがとうございます!

ブックマーク

リンク集

« 広汎性発達障害について | トップページ | やさしいね~ »

2006年8月 2日 (水)

「ぼくの!!」「ぼくがする!!」

 今年の春から、幼稚園の年中組に入園した双子たち。こぼちゃんの方は、目立ったトラブルも無く仲の良いお友だちも出来た様子で一安心。しかし、とっちゃんの方は、何かと小さなトラブルがあり、とっちゃん自身も、そのトラブルに怒ったり、悲しんだりと忙しい。

 今日は、幼稚園のお気に入りの絵本を、先に他のお友だちが持っていたらしく、「ぼくの本を取らないで!!」と取り上げようとしたらしい。とっちゃんの発達障害のことは話してあるので、先生が止めに入ってくれて、「幼稚園の本は、みんなの本だからね。仲良く交代で見ようね。」と話してくれて、その時は「あとで見るね。」とおさまったらしい。1つのトラブルだけで終わればよかったのだけれど、その後またトラブルが起きてしまった。
 今は夏休みで幼稚園は預かり保育なのでお弁当を持っていっている。暑いので、涼しい職員室で、子供たちのお弁当を保管していている。そのお弁当箱が入った箱を、運んできたお友だちを見た途端、また「ぼくが持ってくる。とらないで!」と、またもや“ぼくが…”になってしまったらしい。続けて思い通りにならなかった彼は、少しパニックになり、「幼稚園のお友だち、いや!」となってしまったようだ。先生が、すぐ別の部屋に連れていって落ち着かせてくれて、その後は、何事もなく終わったようだけど、話を聞くだけで、ため息が出てしまう。
 
 こんな場合、どうサポートしてあげたらよいか、正直わからない。ただ、むやみに自分勝手なことをいってはダメとは言えない。とっちゃんには、自分の好きな物や好きな事には、こだわりがある。そのこだわりは、不安な気持ちを抑えるために出ていることもある。ただ、私に出来ることは、先生と同じように、「幼稚園の本は、みんなの本だからね。見れなかったね。残念だったね。みんなのだから順番で見ないとね。」と言うしかない。お弁当の話は、とっちゃん本人は、「運べなくて、悲しかったの。」と言っていた。今までは、自分の気持ちを「悲しい」と表現することさえ難しかったことを思えば、成長しているのだけれど…。今はトラブルがあった、その都度、話して聞かせて行くしかないのかなぁ。ゆっくり見守ってあげないといけないのかな。トラブルが起きるたび悩んでしまう。どんな言葉をかけてあげたらいいのか…。ともかく彼を責めないように「ゆっくり…、ゆっくり…」そう自分に言い聞かせている。

« 広汎性発達障害について | トップページ | やさしいね~ »

自閉症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広汎性発達障害について | トップページ | やさしいね~ »

ご訪問ありがとうございます!

  • 双子の成長日記と自分の好きなことを綴った日記です。スポーツ観戦が好きで、フィギュアスケートは高橋大輔選手、サッカーは香川真司選手、テニスは錦織圭選手を応援しています。最近、息子達の影響で卓球を始めました。よろしくお願いします♪  ☆ コメントは ただ今 承認制とさせていただいております。反映まで少しお時間をいただいてしまいますが、ご了承くださいませ。 ☆

☆KO君とTO君

  • 小学校入学前まで「KO君」=「こぼちゃん」、「TO君」=「とっちゃん」としてブログに登場します。よろしくお願いします♪
無料ブログはココログ